2019-07-30から1日間の記事一覧

MSA資金の確認は、省庁で行えないー国際法で行っている案件である。

MSA資金の話をすれば、「この資金が本当にあるのか?」という疑問の声があがってきます。すこし、一般的常識から考えれば桁違いの資金のはなしであるから、そのような意見を言われるのが理解はできます。 中には、「私は、○○省の偉い方につながっているから…

非上場でも対象になる鉄道ーMSA資金

鉄道会社は、基幹産業であるので、非上場でもMSA資金の調達が可能というふうになっている。 その条件は、 ____________________ 幹線鉄道網 人口10万人以上の都市を相互に連絡し、旅客営業キロが30km以上で、支線を含む全区間における旅…

万博の整備事業にも活用できる

大阪万博が2025年に開催されます。その財源確保の手段についてアイデアがあります。簡単に言えば、開催予定地である夢洲は、負の遺産といわれ、1兆円を超える負債が残ると言われています。 正確な情報入手したわけではないので、正確な負債額はわかりま…

資金不足で現実化できていないインフラ整備は、MSA協定による資金調達方法以外ないでしょう。

MSA協定における支援制度を活用してかつては、東名高速道路や阪神高速道路、東海道新幹線の建設を行いました。当時は資金調達は、世界銀行から資金を融資を受けるという形で資金調達をしました。当然、金利も世界銀行に対して支払っていますが、返済方法が、…

MSA資金調達をして工場への設備投資は、リース会社を作ることがおすすめ?

MSA資金は、東証一部の代取であれば、条件を満たしていれば、大きな資金を無償にて個人調達することができます。代取個人が巨大な資金を調達したからといって、活用方法がわからないといという話を伺います。 たとえば、巨大な製造工場を経営している企業は…

金融機関の不正融資問題に対する提案 MSA資金が助けになるか?

MSA資金とは、産業を支援するために創設された資金です。本来は、業績悪化して同しようもない企業を救済するために考え出された資金提供の方法でした。 とある自動車メーカーが業績悪化して取引銀行からも「これ以上資金を融資するのが難しい」「今の業績で…

MSA資金は、どんな条件で資金提供されるか?製造業比率は、4%以上という決まりとは?

MSA資金は、どのような企業の代取個人に資金提供される案件であるかを説明します。 基本的には、 ①東証一部であること。 ②資本金100億円以上(最近は、50億円から相談可能)。 ③製造、基幹産業が優先される 製造業でなくても、資本金が100億円を超えてくると…