【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


筆者:メテ財団 グローバルアンバサダー
MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】

 
 

2019-11-01から1ヶ月間の記事一覧

亡国に向かう日本。そりゃ、何もしなければそうなるでしょう。

PPP運用に関わる仕事は、世界中の国際金融コンサルタントの間で行われている。マンデイトなどという言い方をするが、PPP運用益は、どこの国を通過して、現金化されるかということで、実は市場では、競争している。日本は、償還制度という重要産業企業の代表…

PPP運用益の活用することでできる日本の産業支援制度、、、この制度を理解させるために日々レクチャーを行っている・・・

PPP運用によるMSA資金について、説明を重ねています。と言っても、PPP運用について、理解できなければ、話が前に進まないのですが、どういう表現が良いのでしょうか? まとめて言えば、PPP運用益から資金提供する際に、資金提供者と受託者の間で商用償還契約…

都市伝説は、嫌いではないのですが、、、

どうもMSA資金というと「M資金」という検索結果になるので、印象が悪いようである。そこで、M資金といわれる資金は、存在はしないのですが、なぜ、そんな資金のネタが作られたかを考えてみたいと思います。 戦後の機密資金などというと魅惑的な話ですが、本…

PPP制度の導入を促進するのが当ブログの目的

このブログの目的は、日本を金持ちにするために書いている。確かに、国家全体で言えば資産が多い国だといわれているが、実際に使える現金がなければ、動かせない財産が多くても意味がない。国民全体が貧困である人口比率が高ければ、国家としての幸福感はな…

PPP運用に積極的に参加すべし!亡国日本と言われるな!

令和の時代が、どうなっていくか?昭和の時代は、PPP運用から捻出されるMSA資金が大いに活用されたことで、経済発展に貢献しました。平成の時代は、時代は平和であったが、平成の初期には、湾岸戦争などがあり、国策としてPPP運用から捻出されるMSA資金が活…

お金は制度によって作られている制度を理解することで日本は十分豊かになる

MSA資金の謎について、このブログでは随分長い間解説をしてきました。このブログを通じて、「基幹産業育成資金」は、1954年に決定された日米相互防衛援助協定(MSA協定)によって決定されたこと。その資金は、MSA協定の第五条に記されている資金で、一般…

銀行家によって作られている資本主義経済の仕組み 日本の償還制度(MSA資金)はなぜ個人か?

MSA資金=PPP運用益からの資金提供に関していえば、なぜ、この資金が個人にのみ資金が提供されるのか?それには、理由があります。 PPP運用に詳しい人ならば、知っているかもしれませんが、PPP運用益を送金する際に資金を受け取るReceiverは、法人口座でも個…

打ち出の小槌を使うことで、日本を再生させることができる。

常に、世界には陰謀説というものが存在する。国際金融とそしてその闇組織、また、日本の金塊物語など、そんな話は、陰謀説に興味がある人には、非常に楽しい読み物になっています。しかし、これを真実として鵜呑みする人が多くいると、世の中の混乱を招く。 …

本当の姿を知ることで、現実が見えてくる

さて、PPPの運用益から企業の代表者に巨額資金が提供される話のプロセスについてなんどか説明しました。 「基幹産業育成資金は、詐称だ、財務省は関係ない!」とホームページにも明記されています。この件について財務省に問い合わせが多いのでしょう。確か…

外貨運用PPPを活用して日本経済を復活させる

簿外資金という会計外で管理された資金というものが、通貨を作る上で存在している資金があります。これは、データー上で管理された資金で、実際に現金となって一般市場に流通していない通貨のことです。通貨は、データーがあり、そのデーターを約18の行程…

信用創造における通貨発行権を活用すべきだ

日本における経済の基本を作り上げることができる制度、(通貨発行権が今ピンチになっている)ということを書いています。すなわち、通貨発行権を使い、日本を豊かにしたいと思っても、実際には、通貨発行権の制度をつかって資金を受け取ることができるのが…

信用創造における通貨発行権を活用すべきだ

日本における経済の基本を作り上げることができる制度、(通貨発行権が今ピンチになっている)ということを書いています。すなわち、通貨発行権を使い、日本を豊かにしたいと思っても、実際には、通貨発行権の制度をつかって資金を受け取ることができるのが…

通貨発行権について語る。

通貨発行権というのは、どうなっているかということを書いています。現在における通貨発行権は、信用創造により資金を作るということになっています。外貨をもつことで、自国通貨を発行できるということが世界の経済のルールです。借金を伴わないで、自国通…

通貨発行権を活用することが日本経済に必要 金持ち日本を実現する

通貨発行権について、興味をもってことが、この資金についてつながっていたことは、先程のブログでも書きました。日本の学校教育では、通貨発行権という権限について具体的にどうしたらいいのかを説明する教育本が皆無といってもいいのではないでしょうか? …

MSA資金の存在を広めることが日本経済を変える

筆者は、長年通貨発行権がどのような仕組み、行われているかを興味をもって研究していました。ホント笑い話ですが、世間では、なんかひどいこと言われる大企業の代表者に出される資金が日本における通貨発行権をもちいた資金提供になることがわかって、この…

これから氷河期の地方金融を救うには、

最近は、特に地方の金融機関の収益性の悪化が話題に登っています。異業種企業が地銀に資金を入れて、経営参画する動きがあります。たしかに、地方の産業が縮小、企業規模が大きくなれば、地方から都市部に移転する企業も多く、また、少子高齢化よる働き手不…

日本の産業支援制度を知ることが重要

このブログの購読者の多くは、日本の産業支援について興味をもっている方だと思います。産業支援をする財源はどこにあるのか?かつてメディアでも話題になったマッカーサー資金と言わる?M資金という説が日本では一般的に知られています。しかし、真実は、マ…

通貨発行権の権限は、民間活動によって行われる。

都市伝説とされている産業支援制度のなぞについて、1年以上の時間をかけえて謎の解明をしてきました。このブログの読者は、基幹産業支援制度についてずいぶん理解できたことでしょう。 次なるステップは、その制度を最大限に活用することになります。未だ、…

日本の経済復活には、PPP運用の循環型ビジネスモデルが重要

筆者は、MSA資金の仕事を行っているので、いろいろ金融関連の仕事をしている方とお会いする機会も多い。その中で、80代の元有名証券会社の役員の方と話をする機会があった。昔は、教科書にもお金は、信用創造によって作られている。 ということを明記され…

金融機関の氷河期を乗り越えるには、MSA資金(PPP運用益)以外ない!

MSA資金について言えば、今の時期必要性を言われるのが・銀行、信用金庫などの金融機関になります。 理由としては、金融庁の指導のもとで、収益性の悪い地銀や信用金庫を統合させる動きがあります。 地方都市などは、各県に1行のみにして、金融機関を統合す…

MSA資金(PPP運用益)の年内申込は、早い目に!!

11月になりました。MSA資金の応募も、年末ギリギリまでは行いませんので、スケジュールを考えれば、11月中に対象になる企業代表者は、申請するのがいいかと思います。 12月20日以降は、ほぼ業務はストップします。 そのために、11月中に申し込みを…

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。