【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

2019-12-01から1ヶ月間の記事一覧

産業支援制度を深く知って、国家のために貢献しよう。

筆者は、海外生活も長く、実は外貨運用であるPPP制度の送金システムの制度に出会ったのは、海外でした。正確に言えば、香港になるのですが、金融自由都市、香港では、欧州の銀行も多く、特殊金融の世界、日本ではあまり知ることができない金融取引が行われて…

産業と国家財政を支援する事業こそが、最高のビジネスモデルである。それを知ったあなたはラッキーだ

日本の国家収入源には、いくつかの方法がある。税収というのは、一番有名な収入であるが、税収以外の収入がある。それは、特別会計の財政投融資における運用益、また、国有財産の売却などの売却収益(雑収入)が有名である。 欧州の銀行で運用されているPPP…

知らないやつが損をするすごいビジネスモデルについて語る。

産業支援制度がビジネスになるという話を書いています。 この制度に対して、多くの人が興味を示すのは、大きな資金がコミッションとして支払われるという話を聞くからです。 見る角度を変えましょう。この本当の目的は一体なんであるか?これは、国の雑収入…

資本主義経済を作る仕事は、自信を持って行うべし

この産業支援制度を支援することは、大きな収益を得ることができるビジネスになるという話を前回も書きましたが、ビジネスを行う目的は、産業支援という目的で、企業代表者個人に大きな補助金を出すことを目的にしています。 一般的な国の補助金の場合は、財…

逆転発想、 非常識が常識の世界

一発逆転、大金を手に入れたいと考える人には、一番魅力的な仕事が、MSA協定資金に関するビジネスです。一般的には、「償還ブローカー」などと言われています。ブローカーといえば、英語では、代理人ですが、日本では、この手の話は、悪質な人物というイメー…

第三の財源をサポートするビジネスについて語る。

MSA協定から成る産業支援制度は、ビジネスになる話を過去に書いたことがあります。この制度を活用できる企業代表者を紹介して、資金提供することができれば、成功報酬として、主催者側からコミッションがいただける制度があります。 しかも、普通の商売規模…

国家の命運を決める制度だということを認識すべし

日本の産業支援制度のからくりについて、説明しています。基幹産業育成資金は、欧州の銀行で行っているPPP運用が財源であることを説明しました。 また、この資金を日本に欧州から送金して、日本の大企業、銀行、信用金庫に対して資金提供する産業支援制度を…

日本全体のマクロ経済の発展は、通貨発行権のシステムを最大限に利用すべし

PPP運用益から提供される産業支援制度を活用して、企業買収の資金にすることは、まったく問題のないことである。かつて、この制度を活用して、企業買収を行いながら大企業に成長させた経営者はいたことは、事実である。 お金の使い方に対して、慎重になりす…

悩むなこの制度を活用すべし、日本の借金を伴わない通貨流通量を増やす制度を最大限に活用するべし!

MSA協定における産業支援制度の目的は、「日本の基幹産業を支援して強靭化できるための財源提供」ということになる。 運用財源については、過去にも何度もブログでも書いているが、欧州の銀行が行っているPPP運用の仕組みを活用した資金提供である。 PPPに関…

カネがないならMSA協定による産業支援を活用するべし。

ニュースを見ると、地銀、信用金庫の収益悪化、決算報告が3分2以上が減収減益、赤字に転落しているという。 また、金融庁の報告などでは、今後23の県で、地銀が消滅するなど、金融機関の厳しい状況がレポートされている。 何もしなければ、統合されるか…

Flag Counter