【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


筆者:メテ財団 グローバルアンバサダー
MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】

 
 

2020-01-01から1年間の記事一覧

コロナより怖い日本の貧困問題、それを解決するには、この方法以外ない!

日本の貧困の加速が止まらない現実をご存知でしょうか? 確かに、コロナの流行という理由はありますが、日本人の平均所得が減り続け、貧困層が拡大しています。今ある政府支援だけで国民が豊かに暮らせる社会が作れるのでしょうか? このブログを書き続けて…

あと2日間ですが、

youtu.be 日本全国にいる育成資金の事業進めているフリーランスな方、本年度の仕事も粗仕事納でございます。 皇室資金である橘資金に関しましては、銀行の営業日ギリギリまで対応をするということです。29日が最終ですから、あと2日間ということになります。…

資金の活用方法は、事業計画書の事業範囲を広く書くことで広範囲に自由に使える資金になります。

youtu.be 日本の国家の財政破綻について、時々話題になります。今は、日本の株価を引き上げているのが日本の中央銀行 日本銀行のETF(投資信託)が含み損になったときに、国家破綻になる可能性がる・・・などという記事がありました。ある意味、記事を注目さ…

本資金のことを関係者に理解して頂き活用件数を増やすことです。

youtu.be 東証一部企業、銀行、信用金庫の代表者に返還不要の資金を提供する案件ですが、この資金のことを世間では色々言われていますが、実際の話しは、日本が第二次世界大戦で敗戦したことで、皇室資産が接収され、その接収資産をイングランド銀行にて信託…

時代の転換期には、この資金を活用するべきです。

youtu.be 自動車業界にとって、大転換期を迎えようとしています。政府方針で、2030年にはガソリン車をすべて廃止するという方針を打ち出しています。エンジンがなくなる社会といえば、自動車業界にとっては、一大産業をなくすことになります。 また、関…

年始の予定について発表します。

youtu.be 年始の予定について発表します。 ---------------------------------------------------- 【企業育成資金】旧財閥資金は、1月12日よりスタートします。銀行決済は、火曜日、水曜日、木曜日に限定されています。 東証一部 資本金130億円以上 …

来年に向けて、資金の使い方について今後論議をしていきます。

youtu.be 今年の育成資金の申請は終了しています。皇室資金である橘資金は、銀行が開いていある間であるならいつでも対応するという考えがあると資金提供者が話していますので、年末ぎりぎりまで相談は可能です。 年末も押し迫り、実際には案件が動くしても…

道州制の財源は、この資金を活用して作り上げることを提案します。

MSA総合研究所が目指すもの、それは、皇室資金といわれる「橘資金」を活用して、道州制を実現することです。道州制の必要性が世間では言われていますが、それを実現するための新たな財源の確保が難しい状況になっています。 日本で唯一、予算が余っている資…

年度末まで申請可能な資金もございます!

育成資金は、12月18日が最終日ということですが、銀行対応日が火曜日、水曜日、木曜日ということですので、本日が最終日ということになります。 「企業育成資金」について 東証一部、資本金130億円以上の企業代表者様、信用金庫(預金高5000憶円…

国家のために資金を活用するようにお願い致します!

イングランド銀行に信託された日本の皇室資産及び旧財閥の資産、この信託された資金を動かすには、東証一部、銀行、信金の経営者の名義が必要になる・・・特に、東証一部 資本金500億円以上、製造基幹産業の企業の代表者、銀行の代表者に出される資金は、…

積極的に本資金を活用するべきです。コロナで苦しい状況の経済救済を促進させましょう。

企業育成資金という資金について、研究していけば、結論としては、イングランド銀行に信託された日本の皇室資産ということになる。 ◎旧財閥の資産は、皇室に寄付するという形で皇室資産と管理する。 この皇室資産は、日本が先の大戦で敗戦したことで接収財産…

信託された巨額資産を至急動かすべき時が来た。

企業育成資金を提供している資金提供者は、世界の中央銀行の出資者であるという表現をしました。厳密言えば、資金オーナーの資産を信託しているといえば、正しいのです。 金融用語で、「ファンド トラスト」という言葉があります。 「ファンド トラスト」=…

育生資金について詳細を説明すれば、こうなります。

企業育生資金は、世界の中央銀行に出資しているオーナーによって行われている案件ということを前回のブログで説明しました。 これは、金本位制度時代に、個人による世界の中央銀行へ出資した資金オーナーによって行われている案件であるということ考えればい…

育成資金について理解を深めるには、この内容を理解することが重要です。

企業育成資金の制度については、日本政府とは違うのですが、日本のために資金を提供する民間が存在するという話を書いています。この制度は、中央銀行に関係した制度です。簡単に説明すれば、中央銀行の中央銀行といえば、連邦準備制度による預託された財源…

この案件を深堀りして話してみると

前のブログでかきましたが、銀行における通貨発行銀行は、連邦準備制度に預託されるゴールドがあることで、各国の中央銀行が通貨を発行できる裏付けがあることになります。 連邦準備制度に対して出資(預け入れ)をしている出資者がいるわけで、その出資者の…

世界最高峰の金融案件として実施される育成資金

日本の簿外予算について、世間では色々噂されていますが、その実態について不明であると言われています。非公開資金であるということ、中央銀行が関係している資金であるということ、また、国際的金融組織、連邦準備制度に関係している資金であるということ…

日本を守る人たち

日本の簿外資金の謎を追求していけば、最後は、武士魂に到着します。日本の巨額な資産をもっていたのは、まさに、鎌倉幕府以降続く武家の資産ということになります。明治新政府ができるまで、武家社会は、680年近くも続いたわけですから、そこに日本の富…

武士の魂

日本の巨額に存在するという簿外資金の謎を追求していけば、ついに明治新政府とそれ以前の旧幕府との関係ということが関係してくることが理解できてきました。 江戸時代から続く名家が関係する資金・・・すなわち、旧幕府の金庫番家系が管理する資金が、日本…

日本を支える旧体制と新体制、

大企業経営者に返還不要の巨額資金が提供される案件について、一体、何故そんな制度ができたのか?誰が、そんな巨額資金を用意することができたのか?とこの案件に対して、疑問に感じることが多いと思います。 日本の歴史を考えたときに、明治新政府になって…

このことをは、知っておいたほうがいいかも。

「企業育成資金」について、今年も大詰めになってきました。申請業務も12月18日まで関係省庁での手続きの受付を行うということです。 さて、この資金について、申請先についてよくわからないということで、話題になりますが、この資金オーナーは、国の関係者…

新政府を支え続けている旧幕府の資金

第二次世界大戦後、日本の戦後復興期に製造業、基幹産業企業に資金提供された皇室の資金、すなわち、橘資金の歴史について調べていくと、その期限は、江戸幕府から明治の新政府に移行するなかで、生じた隠れた歴史が見え隠れします。 幕府軍が最後まで明治新…

日本を影で支える金融制度

今から約150年前、明治維新が始まり、廃藩置県が行われました。それぞれの城主が藩を持ち、それぞれの藩主が独自の予算を持って、統治していました。明治時代になり、中央集権化により、首都東京にすべての機能が集約されるようになりました。武士の世界…

なぜ、終了時期が違うのか、その理由について

今年もあと僅かです。 企業育成資金と皇室資金といわれる橘資金について説明します。厳密言えば、すこし違いがあります。 企業育成資金については、旧財閥の私財を運用している資金になります。運用方法に関しては、企業育成資金も皇室資金である橘資金も同…

単刀直入に本資金の説明を致しますと・・・

日本の基幹産業に対して、戦後復興期から資金提供された話が色々噂されていますが、その資金の正体は、結論から言いまして、皇室から提供された資金ということになります。 以前のブログでも説明しましたが、大正天皇の皇后である貞明皇后の私財に対してイン…

本年度の募集もごくわずか

企業育成資金には、2種類 旧財閥資金と皇室資金です。旧財閥資金については、東証一部 資本金130億円以上の製造、基幹産業、その他の業種の日本人代表権者個人に対して資金提供しています。また、銀行、信用金庫(預金高5000億円以上)に対しての資…

「企業育成資金」無料相談、いつでも受け付けております。

こんにちは、MSA総合研究所です。 12月になり旧財閥資金は、もうすぐ締め切りになります。 資金管理事務局より今週末に申請締め切りをする計画ということです。 ◆東証一部 資本金130億円以上 製造、基幹産業、その他 ◆銀行、信用金庫(預金高5000億…

12月1日、本日から師走です。

12月1日になりました。本日は師走です。 企業育成資金もいよいよ本年度最後の申請時期を迎えています。資金提供者からの連絡では、 東証一部資本金130億円以上 製造業、基幹産業・銀行、信用金庫(預金高5000億円以上)への資金提供される旧財閥系…

本日は、11月最終日です。本年度も後少しで終了です。

11月も最終日になりました。あと一週間で本案件については、新規受付が終了時期になります。基本的には、12月第一週迄に行ってほしいという資金提供者側からの希望があります。 東証一部で資本金が500億円を超える企業に関しては、場合によっては、もう少…

企業育成資金の申請は、今年も残すところ2週間です!

◎重要連絡事項◎ 今年は、12月5日頃までに企業育成資金の書類申請をしなければ、実行が出来なくなる可能性が高いということです。最終的には、12月10日までに資金実行を終わせたいという考えがあるということです。 理由としては、銀行の送金処理上の問題から…

企業育成資金 年内予定について

「企業育成資金」 年内の予定について 旧財閥資金について 12月10日が最終募集日です。 東証一部資本金130億円以上(製造、基幹産業 その他) 無償提供金額:資本金×100倍以上 銀行・信用金庫(預金高5000億円以上) 無償提供金額:預金高×2…

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。