実話!企業育成資金:東証プライム資本金300億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!歴史的側面から、現在における国際金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!国内外の私募プログラムの紹介を行います。(PPP案件)TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【日本私募プログラム研究会】

日本私募プログラム研究会では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

2020-10-07から1日間の記事一覧

道州制導入に強い関心があると思われる地域

道州制ブロック経済圏計画の発想を書いています。企業育成資金を使ってどうすれば、新たな日本の経済発展をするための構想を作り上げることができるかを書いています。 やはり、日本全国で同時に行うのは、不可能です。割合道州制に前向きな地域と、対象企業…

道州制導入への予算の生み出し方。道州制ブロック経済圏を支援する企業代表者がいれば実現可能

道州制ブロック経済構想について、色々アイデアを考えています。国家の安全保障費として運用されている財源の使用用途は、下記のとおりになっています。 全体を100%として ①日本の安全保障費 40% ⇒中央政府の財源②米国の安全保障費 40%③企業育成資…

企業育成資金を活用した道州制度導入への提案

日本を復活させるには、やはり、中央集権における経済圏をつくるよりも、道州制を導入して、日本列島を10箇所のブロック経済を作り独自の収入源を持つことが重要だと考えます。 すなわち、中央集権制度は、財源を一箇所に集めてそこから分散させる制度をと…

地方経済の復活、道州制ブロック経済構想と道州制資金管理委員会の設立の提案 財源は企業育成資金を活用

中央集権から地方分権へということで、道州制の導入が期待されています。それを実現するには、中央からの財源に頼らない独自の資金調達ルートを確保しなければなりません。それを行うには、地域の有力企業の代表者が集まり、そこで、企業育成資金を受け取れ…

地方創生を考える

企業育成資金の活用方法についての提案ということで、書いています。やはり、現在日本は中央集権制度により社会を構成しています。しかし、地方衰退が著しく、なんとかそれを食い止めるにはどうするべきかという問題があります。やはり、地方にも巨額な財源…

道州制実現のために当研究所は、応援します。

道州制の導入について考えてみたときに、財源はどうするのか?という問題があります。例えば、九州の例をとって考えてみたいと思います。 まずは、道州制の定義は 「道州制(どうしゅうせい)とは、行政区画として道と州を置く地方行政制度である。 府県制、…

地方経済の発展モデル(道州制を実現するには)この企業育成資金の財源を活用するのが最も有効的

経済の発展には、人間がやってみたいという要求を満たすための財源をあたえることであると筆者は考えます。 そこで、提案ですが、信用金庫の代表理事さんに言いたいことは、地方の商店街や地域密着した個人商店、町工場などを応援するために、新規事業を計画…

インフラ整備事業は、企業育成資金を活用することで、借金ゼロで整備事業ができる。

新幹線を誘致したい地方自治体は、あります。しかし、いくつも都道府県をまたいで建設するために、メリットが出る場所とそうでない場所があります。 最終的には、目的地になる最終駅の地域は経済活性をするが、中間駅、また、経由地になる場所は、ただ通過す…