実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上(理想300億円以上)、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説! ★特集:企業育成資金、PPPを理解した筆者が日本企業の力でスリランカ経済支援するブログ【自由で開かれたインド太平洋構想】

「天皇制資本主義社会」と「2つのPPP」を軸に日本経済の再建を目指すために、本ブログを執筆しています。一つ目のPPPは、企業育成資金という財源を投入し、2つ目の財源である官民パートナーシップとしてのPPPを活用することで、公共投資の促進を行います。日本の地方創生、産業育成、民間財源における道州制の実現、国際貢献、令和の所得倍増計画を実現させます。連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

2020-11-05から1日間の記事一覧

仕組みを明確に理解し、作業をシンプルに行う。

企業育成資金について、信用金庫の案件で、本来は信用金庫に対して資金を提供する考え方がなかったのですが、旧財閥の資金からは、信用金庫、銀行への資金提供をする話になったということです。 本来行っていた皇室の資金のときは、基幹産業企業へのみ資金提…

世界の中央銀行を支えるのは、日本の資産。

大企業の経営者向けに無償提供される資金については、MSA(相互安全保障条約)における管理資産を運用した資金から捻出される資金に関しては、返還不要の資金として提供されます。それを運用する組織は、イングランドにあり、日本は、皇室と旧財閥の財源を管…

銀行、信用金庫の案件 預金高5000億円以下は注意が必要です。

企業育成資金について、重要報告 「銀行」「信用金庫」の案件について、預金高5000億円以下の金融機関に関する無償提供される「企業育成資金」は、実施されない可能性があります。 預金高5000億円以下の銀行、信用金庫の場合は、企業育成資金(返還…

資金提供の実行件数を増やすことをが仕事になります。

企業育成資金(基幹産業育成資金)という大企業の企業経営者に提供される資金は、皇室の資金と旧財閥の資金と2種類あると説明しました。皇室の資金は、戦後復興期に「償還金」などと言われ、30年間の償還契約により資金提供されていました。現在は、償還制度…