実話!企業育成資金:東証一部、銀行・信用金庫・病院の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

2021-05-17から1日間の記事一覧

企業育成資金における三権分立制度について

企業育成資金の三権分立という話を書きたいと思います。 企業育成資金の三権分立 三権分立とは、一般的に民主主義国家における「立法」「司法」「行政」の権限をそれぞれ分離して独立して行うことを指します。一つのところに権限が集中して独裁的なことをが…

権利を分散管理することで、一部の権力者が資金を自由に使えなくしてる制度である企業育成資金

企業育成資金を考えていく上で、確かに資金本部と資金管理名義人は、日本にありますが、最終的な企業育成資金の管理及び主催者は、米国政府になります。 本来は、この制度は、米国政府から日本政府に対して提案があり、始まった制度であり、日本政府としては…

本来は、企業育成資金の財源ですが、政府利用したいという思いが強くなっている。

企業育成資金について、究極の答えは、アメリカ合衆国の副大統領の管轄下で行われている同盟国 日本の産業育成のための給付金制度ということになります。米国副大統領が直轄で日本の企業代表者へ給付金を出す制度といえば、馴染みがないですが、戦後復興期か…