実話!企業育成資金:東証一部、銀行の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

2021-05-29から1日間の記事一覧

東証一部企業のみが対象企業で非上場、東証一部以外の上場企業は対象外です・・・プロの育成資金コンサルタントの養成講座

企業育成資金と似たような話が巷で噂になっているようですが、企業育成資金のベースとなる考え方は、「米国が日本の工業を支援するために贈与した資金」という概念があります。 すなわち、工業支援をすることが基本になっているために製造業企業を対象として…

(重要)企業育成資金の小口案件と大口案件についての解説・・・プロの育成資金コンサルタントの養成講座

企業育成資金に関して言えば、小口案件と大口案件が存在します。 小口案件の育成資金の案件とは、東証一部 資本金50億円から資本金100億円までの製造業企業を対象にした資金提供の案件になります。厳密に言えば、資本金が50億円前後企業ということに…

資金本部と一連作業の流れを理解したプロの育成資金コンサルタントが共通認識を持って作業を進めなければ、案件は成功できない。ープロの育成資金コンサルタントの養成講座

企業育成資金の案件を進めていけば、資金者と資金者の側近で組織される資金本部といわれる事務局に申請者の書類を提出できれば、申請業事務は完了できたことになる。 この企業育成資金の案件は、公然とした窓口をもっていないために、資金者に書類を申請する…

プロ育成資金コンサルタントを目指すには、サポートチームに属すことで、作業を仕上げることができる。 

プロ育成資金コンサルタントの養成講座を毎日書いています。育成資金コンサルタントは、資格もいりませんし、ただ、育成資金の知識とまた、それをサポートするチームが必要になります。すなわち、資金本部とのコネクトするところのことを言います。 資金者と…

第三者に影響されないように保管される。未だ公にされたことのない資金の意味・・・プロの育成資金コンサルタントの養成講座

企業育成資金に関して言えば、安全保障に関する資金になりますので、非常に機密性の高い案件になっています。 大前提にあるのが、「第三者から影響されないように保管をして、資金の移動に関しては、第三者が阻害することができない」というルールがあります…