実話!企業育成資金:東証一部、銀行の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

2021-05-30から1日間の記事一覧

すべて無料でおこなわれるのが、この企業育成資金の募集方法です。ープロの育成資金コンサルタントの養成講座

東証一部の資本金100億円以上(製造業とその他業種)、銀行、信用金庫の預金高5000億円以上の企業代表権者に提供される企業育成資金について、この資金は、日米政府の合作事業にて資金提供される案件という説明を何度もおなっています。申請者の審査、承認に…

MSA総合研究所と我々の目的ープロの育成資金コンサルタントの養成講座

企業育成資金の案件におけるMSA総合研究所の役目としては、一つは、企業育成資金についての案件説明を行うこと、もう一つは、資金者に書類を渡す前に、書類申請で間違いなく記載しているかのチェック及び申請後に行われる手続きの流れの説明をすることです。…

一から始めるプロの育成資金コンサルタントのなり方。MSA総合研究所の役割について説明

今回は、1から始めるプロの育成資金コンサルタントの成り方。MSA総合研究所の役割について説明します。 1,まずは、本ブログを熟読して、企業育成資金ついて理解を深めす。これは、自習です。 2,MSA総合研究所の電話番号に電話するかもしくはメールで連…

どのリーダー、どのチームに属しているかでその仲介者の運命が決まる。

企業育成資金の案件行うに当たり、所属するチームが重要になることを説明します。企業育成資金の窓口をおこなっているのが、民間人の交渉権をもった資金者という役職の方になります。実際には、審査、承認に関しては、日米両政府の審査機関が作業を行います…

どこで誰が何を行っているのかわからないが、結果だけ見える案件ープロの育成資金コンサルタントの養成講座

MSA総合研究所に問い合わせに来る方で、アナログ的人物に対しては、理解できない当方のビジネスモデルのようです。電話がかかってきて、開口一番「そちらはどこで行っていますか?事務所はどこですか?」という質問をする人には、基本的には無視します。 イ…

国家を支援したいという高い志をもった民間人のための教育機関として ー プロの育成資金コンサルタントの養成講座

プロの育成資金コンサルタントの養成講座を書いています。さて、最近の子供将来のなりたい職業のナンバーワンがユウチュウバーということです。夢のある仕事と思われているのですね。 筆者は、近い将来、子供なりたい職業NO1は、プロの育成資金コンサルタン…

案件を仕上げるには、指示役の指示をきちんと聞いて行動することが重要である。ープロの育成資金コンサルタントの養成講座!

企業育成資金の申請業務を完璧に終わらせようとすると、申請者、仲介者であるプロの育成資金コンサルタントが資金本部、資金者と同調して作業を行わなければなりません。すなわち、制度がわかないということで、失敗は許されません。事前に申請作業について…