実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上(理想300億円以上)、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説! ★特集:企業育成資金、PPPを理解した筆者が日本企業の力でスリランカ経済支援するブログ【自由で開かれたインド太平洋構想】

「天皇制資本主義社会」と「2つのPPP」を軸に日本経済の再建を目指すために、本ブログを執筆しています。一つ目のPPPは、企業育成資金という財源を投入し、2つ目の財源である官民パートナーシップとしてのPPPを活用することで、公共投資の促進を行います。日本の地方創生、産業育成、民間財源における道州制の実現、国際貢献、令和の所得倍増計画を実現させます。連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

2021-06-01から1日間の記事一覧

米国における相互安全保障法に関する日本の産業支援制度、企業育成資金の活用を促進させるべきだ。ー プロの育成資金コンサルタントの養成講座

コロナの変異株が次々発生している中で、緊急事態宣言が継続しています。それに影響して、企業業績が非常に悪化していると言えます。政府も救済策を高じていますが、表向きの予算だけでの企業救済では、限界があります。 日米政府が相互安全保障条約において…

世界救済をするために還流する巨額マネーについて ー プロの育成資金コンサルタントの養成講座

米国の友好国に向けての支援策、すなわち、国家の債務を償還するために米国が友好国に対して行っている支援策については、それは、中央銀行間で送金、いわゆる WIRE CASH Transfer という転送送金をする案件があります。プライマリーバンクより送金された資…

国家の債務救済は、特殊国際金融の世界を精通した民間人のコンサルタントのみ解決できる手段をもつ。ープロの育成資金コンサルタントの養成講座

国家にとっての安定ということを考えたときに、国の借金問題、すなわち、国家における債務という問題があります。どこ国も財政が厳しく債務がない国はほぼありません。 日本における国家の債務は、最近では、国債を中央銀行である日本銀行に買い取らせるとい…

相互安全保障における国際金融制度についての解説 プロの育成資金コンサルタントの養成講座

MSAとは、米国の国内法である相互安全保証法のことをさしていいます。日本では、日米相互防衛援助協定のことを別名MSA協定といいますが、防衛援助ですから、MDA協定が本当は正しいのです。Sは、セキュリティーです。Dは、ディフェンス=防衛になります。(Mu…