実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

2021-06-07から1日間の記事一覧

最低地位だと思われる仕事が、最高地位の仕事になる日 ー プロの育成資金コンサルタントの養成講座

「元祖、お金配りビジネス」に熱心に時間を投じているかを、筆者の話を書きたいと思います。筆者は、ブログの読者ならご存知だと思いますが、4年前からMSA総合研究所というシンクタンクを立ち上げ、ブログで情報発信をはじめました。 筆者は、15年ほど海…

元祖、お金配りビジネスを展開中、代表者利益の配当は、個人資産の形成をサポートするビジネスモデルです。ープロの育成資金コンサルタントの養成講座

「代表者利益の配当」を促進させるために、日々、MSA総合研究所は、情報発信をしています。企業育成資金という名称ですが、ほんとうは、代表権をもった方が個人的な資産の強化のために、与えられる「代表者利益の配当」になります。これは、まずは自分自身の…

資金本部側もリスクがある。契約、持ち帰り作業ができないリスクープロの育成資金コンサルタントの養成講座

企業育成資金について説明をすれば、これは、「代表者利益の配当」であると説明しています。理想は理想、現実は、この資金に関しては、代表者が個人的に受け取る資金になりますので、代表者の家族が将来的に管理していく資産になります。 よって、個人資産の…

復興財源といっても、政府系金融機関によるものと、中央銀行ネットワークによっておこなわれているものの2種類がある。ープロの育成資金コンサルタントの養成講座

戦後復興財源の歴史 大まかに分けて2種類の援助政策により日本の復興財源を捻出していた。日本の国内政策による援助制度と米国からの援助制度の2種類があったということである。 一つは、政府系復興財源と言われる資金、これは、政府系金融機関が復興債と…

条件を満たした方で、他でだめだと言われても、諦めないで相談ください。ー無料相談実施中!

日米同盟によって行われる企業育成資金の案件について言えば、東証一部、銀行、信用金庫の代表権者が受け取る「代表者利益の配当」と説明しています。すなわち、すでに、日本全国にいる対象企業の企業の代表権者のために配当する資金を準備しています。準備…