実話!企業育成資金:東証一部、銀行・信用金庫・病院の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

2021-06-10から1日間の記事一覧

育成資金を活用して、合同会社による不動産管理会社を設立して、企業救済および投資コストの削減を行うモデル!ープロの育成資金コンサルタントの養成講座

育成資金を活用して不動産管理会社を合同会社で設立 最近は、企業の業績が悪く、自社ビルを売却するという話が増えています。確かに、不動産売却をして、収益改善するということは一つのアイデアですが、東証一部で資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預…

申請すれば、もれなく5000億円! (期間限定キャンペーン) ー  プロの育成資金コンサルタントの養成講座

結論から言えば、東証一部の資本金100億円以上、銀行、信用金庫のヨキ高5000億円以上の企業代表者が手を上げれば、無料で申請して返還不要(無償)でいただける資金という結論です。 ただ、この資金に貸しては、米国の法的管理下にある資産を運用して…

資本主義社会での成功者は、アメリカンドリーム賞を!

実は、国家にとっても重要な収入源になる育成資金である。 企業育成資金と書くと法人への資金を思われますので、 経営者育成資金と言った方がいいかもしれません。 国家にとっても貢献があるので、同時に国家の安全保障費としての資金の捻出ですが、「国家育…