実話!企業育成資金:東証一部、銀行・信用金庫・病院の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

2021-06-11から1日間の記事一覧

世界一金持ちの金融大国を作るべく我々の活動があります。

世界の金融ということを考えていけば極論は PPP 運用に全てが関係してきます。すなわちお金というのは中央銀行でしか作れません。お金には借金を伴うお金と借金を伴わないお金というものがあります。借金を伴うお金のことをクレジットと言います。 食器を伴…

新しい伝説を作っているープロの育成資金コンサルタントの養成講座

なぜか、この業界に古くから関わっている人の中には、「ヤタガラス」という話を言う人がいます。それを検証してみると、ヤタガラスとは、日本最古の秘密結社ということですが、筆者も昔、そのような関係者だという人と接触したことがありますが、実態はよく…

現在における「ヤタガラス伝説?」 金のありかを誘導する民! ー プロの育成資金コンサルタントの養成講座

育成資金のことを考えるときに、星条旗の向こうに何が見えるかを考えます。 ある意味、育成資金の財源は、米国との友好の証だと言えるのです。1951年サンフランシスコ講和条約から今年で70年、日本ではあまり話題になりませんが、実は、日本は国土復帰…

国籍、人種を超える友情の作り方 ー プロの育成資金コンサルタントの養成講座

米国が管理国として行っている育成資金です。さて、この資金は、もともと財源は日本にありましたが、今は管理人が米国になっています。その理由については、このブログで過去に説明しているため書きません。ただ、この資金があることで、米国は、日本との安…

時代は令和になり、この資金が解放される時が来た! ー プロの育成資金コンサルタントの養成講座

日本がピンチになったときには、必ず大きく動く育成資金!、湾岸戦争時、リーマンショック、そして、今は、コロナショック! 実は、極秘裏に行われていますが、内容がよくわかれば、そんな驚くような話ではないのです。運用益が巨大なので、あまりに信じられ…

育成資金を活用して企業救済する場合には合同会社が便利だと思います。

この育成資金を考えた時に、よく財団法人を作ればいいという説明をしますが、財団法人の場合ですと、複数人が参加しなければできないということになります。それを考えれば,合同会社で資金を活用するのが便利でいいと思います。絶対に財団法人になければい…