実話!企業育成資金:東証一部、銀行の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

2021-06-15から1日間の記事一覧

歴史的経緯で関係した家系が関係しているが、現在は一本化されている育成資金の仕組み。

1951年、サンフランシスコ講和条約に調印後、日本の旧体制の金融資産を放棄したことで始まった「企業育成資金」の案件。昔は、30年間の償還契約を結んで資金提供をしたことで、償還金といれたりしていました。 また、基幹産業に対して資金提供するとい…

日本の神話と掛け合わせて存在する企業育成資金のストーリー、そのことについて考えてみる。

企業育成資金について色々研究していること、この資金の話とヤタガラスという話がよく出てきます。日本最古の秘密結社などとは言われていますがその実態は明らかではないです。今日のお話はその都市伝説について考えていきたいと思います。ヤタガラスという…

この育成資金の配当金の話は、資産相続の相続人に資産配当するのと同じ話であるープロの育成資金コンサルタントの養成講座

一国二制度により日本は、サンフランシスコ講和条約の調印後、歩み始めた。サンフランシスコ講和条約を結ぶに当たり、戦前からの日本の国内外の金融財産を放棄することが条件であったと、前回のブログで説明しています。 皇室及び財閥資産など⇒敵性資産の凍…

一国二制度について理解をすれば、育成資金の説明がうまくできる。ープロの育成資金コンサルタントの養成講座

1951年、今から70年前になります。新しい社会システムにより、国土復帰した日本が誕生しました。日本は、戦前からある国内外の金融資産を放棄することになりましたが、日米同盟を締結し、安全保障分野に関しては、米国主導で、日米共同体を作り日本の…