実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

2021-06-17から1日間の記事一覧

国際金融における日本の凄さ

世界の金融の基本は、信用創造によって現金が作られる時代になっても、基本的には、金ドル本位制度の延長線上であることが言えます。 すなわち、世界の金融を中心で支えている存在は、1944年ブレドンウッズ体制によりドルのみが唯一、金と交換できる通貨…

特集金融の世界について

育成資金の謎について説明をしすれば、財源は、敗戦したことで日本の旧体制の金融資産が接収され、放棄することを条件でサンフランシスコ講和条約に調印された。その放棄された資産は、イングランド銀行に信託(トラスト)され、運用された資金を日本に送金…

申請方法は、至ってシンプルな話です。

筆者は、個人的に歴史の話や、金融の話が好きですから、かなりマニアックなところまで育成資金について説明しています。正直、そんな難しいことを知らなくても、ただ、このような資金の財源があり、育成資金を申請すれば、巨額な資金を配当としていただける…

育成資金を動かし、自己の夢を実現する。まちおこし!

最近は、育成資金を当研究所経由で頑張っている方からの声で、この資金を動かした暁には、地元のまちおこしをしたいという声をよく聞きます。 地方都市、特に人口減少している地域や、高齢化して産業のない町は、よほどのなにかがなければ、財源がなくまちお…

日本経済全体を支えているのは、育成資金の財源といえる。ープロの育成資金コンサルタントの養成講座

日本銀行に保管されている育成資金の財源が、日本を経済全体を支えているといえます。政府の借金問題について、1200兆円以上の借金をしており、多額の国債を日本銀行に買取をしてもらっている状況が続いています。 その状況を見て、日米共同体による育成…