実話!企業育成資金:東証一部、銀行・信用金庫・病院の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

2021-10-05から1日間の記事一覧

企業育成資金の案件を体験できるチャンス!

企業育成資金の話を何十年も前から聞いているというベテランの方も多数いますが、やはり、この資金の実態を追いかけて頑張っている方は多数います。やはり、今年は実績をバッチリ残したいということで、頑張っておられる方が多数おられます。 今、12月中ま…

企業育成機構の新しい支部ができました。本活動に賛同いただきありがとうございます。

企業育成機構のメンバー(支部)が1つ増えました。 ◎企業育成機構 山手支部 *******企業育成機構の活動支部の紹介 企業育成機構 さくら支部企業育成機構 陽水会企業育成機構 エンゼル支部 企業育成機構 あまてらす支部企業育成機構 三六支部 (みろ…

今の企業育成資金の制度は、全く新しい制度になっており、過去のものは別物と認識してください。新制度です。

企業育成資金の普及に務める企業育成機構 これは、人格なき社団として設立されました。人と人とのつながりで協力して事業を行う組織を社団といいます。まさに、これは、人格なき社団としてベストな活動です。 確かに、企業育成資金という資金を動かすという…

企業育成機構の活動方針

企業育成資金の取り扱い団体は、企業育成機構であるということを世間に理解してもらうために、筆者が努力することは、インターネット上で企業育成機構という名称が検索エンジンで上位に上げる努力です。ですから、今後、本ブログでは、テキストタグの中に企…

任意団体 企業育成機構の活動方針について

今年より、新生 企業育成資金として一元管理されるようになったために、昔の基幹産業育成資金の時代とは、また別物になったという認識でいいと思います。償還制度と言われた時代、昭和の時代の企業育成資金と、今現在行われているものは、組織もかわり新しく…

企業育成資金の現在における状況

企業育成資金についての本来の目的は日本の産業の発展のために企業経営者(民間)に提供される資金であります。今日、日本の大企業の経営者は、創業者家系がほとんどなく多くが、雇われ社長という立場になりますので、万一、会社が傾くことがあっても、個人…