実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

2021-10-06から1日間の記事一覧

志あれば誰でも参加可能な企業育成機構について、本機構の取り組みについての説明

企業育成機構の支部運営者は、支部名称で活動してください。 企業育成機構の個人活動者は、正会員という名称で活動してください。 これは、本ブログの読者愛好会でつくる企業育成資金のファンクラブになります。 現在、企業育成資金の募集案件は、■(通年募…

企業育成機構の個人会員向けの名称は、 正会員 というタイトルがいいと思います。

企業育成資金の本ブログの読者の活動母体をどうするかを検討した結果、企業育成機構の立ち上げを決定しました。多くの方が、数名のチームで活動していますので、小さい活動母体で企業育成機構の支部を設立して活動してもいいというルールを考えました。 ここ…

本資金(1次資金)と2次資金とは、企業育成資金を深く理解する。

企業育成資金について、説明しています。企業育成資金には、本資金(1次資金)言われる資金と2次資金と言われる資金があります。 さて、本資金(1次資金)というのは、どういう資金でしょうか? 1.東証一部 資本金100億円以上の企業代表権者、2,銀…

龍穴を探して、そこで営むことで一族は栄えるという概念を知る。

資本主義社会をつくりあげるのは、連邦準備制度と繋がる穴が重要ということを説明しました。すなわち、お金を作る工場から穴(送金する)を通じて日本どこかの銀行口座から資金が流れる仕組みです。これが、育成資金の仕組みと考えれば理解できると思います…

令和の所得倍増計画を現実化するのは、本ブログの読者の仕事である。

令和の所得倍増計画は、新総理が話しているが、周りの大臣は、「令和の時代にそんなことをは不可能だ」と言っています。確かに、政治だけの解決方法であれば、所得を増やすということは、企業収益を増やすことが重要である、もしくは、資金のバラマキ的に、…