実話!企業育成資金:東証プライム資本金300億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!歴史的側面から、現在における国際金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!国内外の私募プログラムの紹介を行います。(PPP案件)TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【日本私募プログラム研究会】

日本私募プログラム研究会では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

2021-10-07から1日間の記事一覧

本資金の案件と、臨時案件の違いについて説明

臨時的に行っている民間病院 400床以上の案件については、本部から現在の傾向を見れば、申込み多数になる可能性になってきました。ということで、このままでいけば、10月末で締め切る可能性があるということです。 企業育成資金で通常案件というのは、…

病院の案件は10月いっぱいで締め切りか

民間の病院に対する育成資金の案件の話ですが、 現在期間限定で400床以上のベッド数の民間病院に対して育成資金を出すという案件があります。 応募数の問題もあり10月いっぱいで締め切る可能性が出てきたという情報が入っています。 突然終わる可能性があり…

企業育成機構がインターネット上で存在するソーシャルネットワークである理由

企業育成機構については、これは、ソーシャルネットワークとして成り立つ事が重要だと思います。インターネット上の当ブログを通じて関心をもった人が関係していておこなう組織になります。 また、個々の相談については、各自の秘密保持で行われることになり…

企業育成機構の正会員、支部メンバーが、ゲートウェイの立場になる。

本ブログの読者と企業育成資金をつなぐために生まれた組織「企業育成機構」について考えています。企業育成機構は、本ブログの読者であれば、だれでも正会員になれる制度です。また、積極的にチームで活動したいという方は、支部を自ら設立して、企業育成機…