実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

2021-10-09から1日間の記事一覧

インターネットによる情報開示についての見解

企業育成資金についての詳細情報がインターネットに載っているという話。 企業育成資金は非公開では行われていますが実際にはこれを行っている組織は存在するわけですから非公開だから存在しないという考え方は間違ってます。 このような PPP と言われている…

病院案件最新情報

企業育成資金における病院の案件の最新情報が流れてきました。 募集は2021年10月末までの予定で実施するということです。 1 最低基準に対してはベッド数が350床以上 2 決算書における総資産が50億円以上 3 反社会体制の企業との取引がないこと 民間の病院で…

情報を一本化することで今後は混乱が減っていくでしょう

現在は企業育成資金は一本化されて募集されていますのであちらこちらからそ企業育成資金の募集案内が今後上がることは少なくなると思いますが、かつては何箇所かで募集していたということもありそれ以外でも自称資金者役と言われている人が多数おりましたの…

企業育成資金の導入を邪魔する勢力それは壊し屋

企業育成資金の話を書いています。 この企業育成資金というものは日本経済を大きく助ける仕組みです。 しかしこの事に対して邪魔する勢力はあるのは事実です。 すなわちこのブログで説明する壊し屋です。 壊し屋にはいくつかのパターンがあるようです。 ーー…

特殊金融の世界を知ることで理解が深まる

企業育成資金という制度は、これは、PPP運用ができる対象企業ということになります。PPP運用とは、資本や資産などと同等の価値を与信枠として海外いるFRBの資格を有したPPPトレーダーが運用するというモデルです。 現金資産の場合、銀行ネットワークで情報が…

企業育成機構の説明

企業育成資金について、本ブログを通じて活動している方で作る「企業育成機構」について説明します。チーム数名で活動している方は、「企業育成機構 ◯◯支部 もしくは 〇〇会 」を設立して活動することができる。支部 会の名称は、地名を使わないことが条件 …

非公開であるが世界規模で行われれている特殊金融

企業育成資金という名称で行われている企業経営者に提供される資金提供のスキームは、すべてPPP運用と関係があるということが言えます。 PPP運用というのは、米国FRBのPPP運用資格を有したトレーダーのみがクローズした環境下で運用できるという特殊運用にな…

PPP運用という特殊運用の存在を知らない限り、企業育成資金のスキームが理解できない。

企業育成資金という巨額な資金提供ができる一番の理由は、これは、PPP運用と言われる運用が存在するからです。 PPPというのは、いろんな資産を一つの与信基準として、その資産と同等の金額を運用できるという仕組みになります。一般的な例は、預金高◯◯◯億円…