実話!企業育成資金:東証一部、銀行の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

2021-11-09から1日間の記事一覧

代表者事項証明書が取得できる方が対象者です。

代表者事項証明書が取得できる方が対象者です。 東証一部の資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表権者が申請できる企業育成資金ですが、これは、代表権があれば、だれでも1社あたり、1名だけが申請できる制度になります…

企業育成機構の掲げる「NEO(ネオ)計画」について

企業育成機構の掲げる「NEO(ネオ)計画」について NEO計画は、ニュー エコノミック オーダーということになります。新しい経済概念を植え付けるということで、話をしています。資金調達に関しては、借りるより、運用による資金調達をする。すなわち、借金よ…

企業育成資金の導入を支援するビジネスを展開しているのは、企業育成機構の役割なります。

□企業育成資金の導入を支援するビジネスを展開しているのは、企業育成機構の役割なります。 企業育成機構 ストレートな意見を言うと、企業育成資金の導入件数を増やす仕事は、資本主義経済の発展に寄与するということは、当然ですが、この作業を行っている方…

大きな信念があれば、大きな金儲けができる。

□大きな信念があれば、大きな金儲けができる。 新しい資本主義を作る立役者である企業育成機構のメンバーは、日本を救済する救世主であると同時に、その結果を出せば、当然ボランティアではりませんので、資本主義社会の勝者、すなわち、資本家になれるとい…

ゴールドラッシュビジネスモデルである企業育成機構のビジネスモデル 億万長者を目指せ!

□ゴールドラッシュビジネスモデルである企業育成機構のビジネスモデル 企業育成資金について、なぜ、企業育成機構の仕事を行いますか?それは、国家のため、社会のため、日本経済の発展のため、 はい、すべて正しいです。 しかし、いちばん重要なことは、企…