実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

2021-11-28から1日間の記事一覧

PPPより捻出される企業育成資金を動かすことで、民間主導の道州制度の実現は可能である。欧米の教会制度を見れば、参考になる部分がある。

□PPPより捻出される企業育成資金を動かすことで、民間主導の道州制度の実現は可能である。欧米の教会制度を見れば、参考になる部分がある。 世間にはMMT理論の信奉者が増えています。筆者は、PPP信奉者ということになります。企業育成資金の本ブログの読者の…

MMT理論を論じる前に、PPP運用と企業育成資金の仕組みを理解するべきだろう。これが本来の貨幣論である。解決策は、すでに70年前から仕組みはある。

□MMT理論を論じる前に、PPP運用と企業育成資金の仕組みを理解するべきだろう。これが本来の貨幣論である。解決策は、すでに70年前から仕組みはある。 企業育成資金の本当の歴史を調べていけば、結論として、1951年に日本がICC:国際商工会議所に加入し…

1951年から運用がスタートしている財源について

□1951年から運用がスタートしている財源について 企業育成資金の運用方法については、欧州のPPPプラットフォーム企業が提供するPPP運用を用いて、資金を増やしているということを説明しています。 PPPについては、日本は、1951年にICC(国際商工会議…