【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


筆者:メテ財団 グローバルアンバサダー
MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】

 
 

2021-12-01から1ヶ月間の記事一覧

GOLDについての豆知識

□GOLDについての豆知識 日本の金塊と企業育成資金についての話がいろいろ噂されていますが、PPPについての制度は、銀行にある銀行残高、SBLC、GOLDのSKRを用いて、PPP運用ができるということです。 銀行管理された資産の場合、その残高証明や証券を用いて運…

企業育成資金は、「信用金庫・病院」は終了

□企業育成資金は、「信用金庫・病院」は終了 質問もありましたので回答しておきます。 2022年度の企業育成資金の募集に関しては 1,東証一部の資本金100億円以上2,銀行 上記の1,2の企業に所属する代表権者個人を対象に私募します。 信用金庫と…

「誰も教えないお金の大学校」セミナー用のテキスト作りました。

□ 「誰も教えないお金の大学校」セミナー用のテキスト作りました。 2022年1月16日からスタートする「誰も教えないお金の大学校」のセミナー用のテキストを作りました。2時間ほどの勉強会ですから、一気にまとめて集中学習ができるように「要点」をま…

日本の地位の低下は、著しい問題についての問題解決に向けて。

□日本の地位の低下は、著しい問題についての問題解決に向けて。 日本の地位の低下は、著しい問題について、如何に対応していくか?ということは、この問題を解決する上で、知らなければならない事柄が、企業育成資金とPPPの仕組みであります。 この仕組が理…

2022年1月16日 セミナーは1時間延長します。交流会を行います。

□2022年1月16日 セミナーは1時間延長します。交流会を行います。 2022年1月16日の「誰も教えないお金の大学校」セミナーについて、本来予定では、午後4時までセミナー会場を借りていましたが、遠方からもお越しになるということで、午後5時…

2022年 誰も教えないお金の大学校セミナー についての計画を考える。

□2022年 誰も教えないお金の大学校セミナー についての計画を考える。 2022年1月16日からスタートする誰も教えないお金の大学校セミナーですが、コロナの大流行しない限り、東京、名古屋、大阪で開催する予定で計画しています。 20人から30人…

低迷する日本経済を如何に復活させるかを考える。「誰も教えないお金の大学校」セミナーについて

□ 低迷する日本経済を如何に復活させるかを考える。「誰も教えないお金の大学校」セミナーについて 低迷する日本経済を如何に救済するかということは、これは、市場に通貨流通量を増やすことが大切になります。 貿易黒字を増やすということによって、国を豊…

国民一人当たりの GDP の世界順位は現在24位低迷する日本をどう救済するか。

2022年1月16日誰も教えないお金の大学校セミナーを開催します。 ニュースを見ていると日本の国際的地位の低下が著しいという話題がありました。 一人当たりの GDP が現在は世界24位に日本がなっているということです。 日本のバブル時代は世界第2位というこ…

2022年は、東京からスタートして全国主要都市でセミナーを開催を計画しています。

「誰も話さないお金の大学校」についてのセミナー準備をすすめています。企業育成資金とPPPというテーマでの勉強会になります。企業育成資金の歴史を学べば、資本主義の歴史を知ることになります。また、都市伝説と言われる特殊なお金の世界、PPPについての…

来年開催するセミナー会場の下見にいってきました。

来年の1月16日に行う「誰も教えないお金の大学校」のセミナー会場の下見に行ってきました。JR神田駅から近く、地下鉄銀座線の神田駅からも近く、利便性が高い場所にあります。インターネットで見つけて予約したセミナー会場でしたので、ちょっと下見してみな…

研修センターとして「誰も教えないお金の大学校」を開校

「誰も教えないお金の大学校」 MSA総合研究所では、事業計画のなかで、企業育成資金についての仕組みを学ぶための研修センターをつくるという計画がありましたので、その事業計画は、「誰も教えないお金の大学校」を立ち上げて行うことにします。 今、NHKの…

「誰も教えないお金の大学校」の必要性を説く

「誰も教えないお金の大学校」の必要性を説く 「誰も教えないお金の大学校」ということで、お金の教育というものをしない限り、日本の発展はありえないという結論に達しましたので、世界のお金はどのようにして作られているかの勉強会を開催したいと思います…

■誰も教えないお金の大学校セミナー の案内 2022年1月16日 JR神田駅チカセミナー会場

■誰も教えないお金の大学校セミナー の案内 2022年1月16日 JR神田駅チカセミナー会場 ブログでも予告しましたが、「誰も教えないお金の大学校セミナー」を開催します。 参加費用は無料です。 セミナー講師は、本ブログの筆者が行います。 企業育成機…

誰も教えないお金の大学校

□誰も教えないお金の大学校 企業育成資金も来年は、「東証一部の資本金100億円以上、銀行」の代表権者の方を対象に資金提供するということになっています。今年度まで募集していた信用金庫は、2022年度からは廃止ということです。 企業育成資金の財源…

来年の指針について 「特殊な世界」の勉強会

□来年の指針について 「特殊な世界」の勉強会 MSA総合研究所の活動としては、来年度からは、今まではブログでの情報発信を中心に行っていましたが、今後は、ブログだけでなく、リアルにセミナーを開催して、「特殊な世界」について勉強会を開いていこうと考…

2022年の企業育成資金について、今後の方針も考えてみる。

2022年度の企業育成資金は、 ◎東証一部の資本金100億円以上◎銀行 の代表権者のみに資金提供される案件になります。 現在のところ、制度がまた新しく変わる可能性もあり、現状で継続する案件は、この様になっています。 二次資金といわれる本資金が出…

企業育成資金2022年スケジュール

2021年もあとわずかです。 企業育成資金の本年度の募集は終了しておりますので2022年1月11日火曜日よりスタートになります。 来年度の募集の案件に関して言えば 1東証一部資本金100億円以上 2銀行 の代表経験者に限って企業育成資金の申請ができます。 信用…

企業育成資金は、本年度処理ができるのは明日までです

企業育成資金の年内募集は、資金本部は12月28日まで行なっているということですが、 本年度中の処理ができるのは12月15日書類必着ということになっています。 来年度は1月の第2週からスタートということです。 明日以降はブログの更新回数も減るとは思います…

企業育成資金の本当の話は、G7における貿易決済のおける収益の一部をキャッシュバックされたものである。

□企業育成資金の本当の話は、G7における貿易決済のおける収益の一部をキャッシュバックされたものである。 PPPについて、理解しなければ、企業育成資金の仕組みが理解できない言えます。すなわち企業育成資金の財源は、PPPによって生み出された資金であるか…

PPPついて、深堀りしていくと先進国の経済発展を支援するモデルである

□PPPついて、深堀りしていくと先進国の経済発展を支援するモデルである。 PPPについて、詳しく知れば、この制度が如何に普通のビジネスであるかが理解できる。世間で都市伝説のような話をしているのを見ると、涙が出てくるほど、滑稽な笑い話ということにな…

欧米は、12月23日からクリスマス休暇です。最後のラストスパート

□欧米は、12月23日からクリスマス休暇です。最後のラストスパート 筆者は、仕事がら海外とのやり取りも多く行っていますので、12月23日からクリスマス休暇になりますので、それまでに年内の仕事を終えなければということで、実際には、来週中で欧米…

企業育成資金の年内対応の最終日

□企業育成資金の年内対応の最終日 12月10日になりました。今年もごく僅かになります。 12月15日(水曜日)に申請書類を確実に提出していただけなければ、年内の企業育成資金の処理ができないということです。 残すところ、5日間ですのでよろしくお…

難関試験に合格しなければならない。

□難関試験に合格しなければならない。 企業育成資金についての話を書いています。年末になりましたので、今年もあと僅かです。来週中に申請しなければ、年内は不可能になります。さて、最近は、デマ情報が増えているように感じます。 昔から◯◯資金・・・など…

銀行における金融システムの真実を知らない限りこの制度については全く理解できない。

企業育成資金について話をしています。 企業育成資金の資金源について色々な噂はありますが 本当に冗談みたいな話です。 ネットを検索するとフリーメーソンやイルミナティそしてテンプル騎士団その他いろいろわけの分からない資金について話を書いていたりし…

循環型資本主義経済の仕組みを知ることが企業育成資金、PPP,バンク、プラットフォーム、貿易決済、資金者についてのほんとうの意味がわかる。

□循環型資本主義経済の仕組みを知ることが企業育成資金、PPP,バンク、プラットフォーム、貿易決済、資金者についてのほんとうの意味がわかる。 貿易における取引で、特に原材料や農作物は、現物に対する価値はありますが、それは、市場で売れて初めて現金化…

バンクとプラットフォームの意味がわかれば、PPPについて理解できる。

バンクとプラットフォームの意味がわかれば、PPPについて理解できる。 さて、先程のブログでバンクというのは、土手や堤防という意味ですが、港にある土手(堤防)に多くのユダヤ人の金貸し商人が立っていました。貿易船が港に到着すると、貿易船から物資を…

バンク 銀行の歴史となぜバンクが発展したかということを知れば PPP におけるプラットフォームという意味が1秒で理解できます。

プラットホーム一般の外来語としては、鉄道駅などで車両を横付けして人の乗り降りや荷の積み下ろしを行う土台状の設備を指すことが多い。この意味では通常「プラットホーム」あるいは略して「ホーム」と表記されるが、ITの分野では英語の原音に近い「プラッ…

私募プログラムによる資金調達案件である企業育成資金

企業育成資金についての法的根拠というのはこれは PPP に関するルールになります。 PPP から資金を調達しているということは資金の流れが PPP による法令に関係します。 日本の国内法だけ見れば PPP に関する法令は一切ありません。 これは完全に外国法によ…

法的根拠はどこにあるのか?という疑問に対しての回答

□法的根拠はどこにあるのか?という疑問に対しての回答 企業育成資金についての法的根拠は、PPPに関する法的規定と国連に登録されている米国から日本への工業の発展を支援する協定に関係しています。国連決議によって決まった国際協定は、基本的には、99年…

企業育成資金は、外国法によって行われている制度であり、この資金を政府が活用するように付け加えたのが、財政法44条資金という意味である。

□企業育成資金は、外国法によって行われている制度であり、この資金を政府が活用するように付け加えたのが、財政法44条資金という意味である。 PPPについての制度の制度について理解をしない限り、絶対に、企業育成資金の募集方法がなぜそのようにしておこ…

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。