【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

2021-07-01から1ヶ月間の記事一覧

本当はあった「人類資金」という映像化ができたら面白いだろう。

育成資金の本当の制度について知らない監督が、「人類資金」という映画をつくったことがありました。詳しくは見ていませんが、正直、この資金の制度についてわからないまま、ただ単に見つからなく、残念な結果出終わったということでした。それでは、実はエ…

連絡事務所は、道案内するための中継地点、ヤタガラスで言う中継地にあった神社にあたる?

さて、MSA総合研究所の事業計画も、事務局の候補地はまとまってきました。 ◎本部は、東京(港区 六本木麻布地区) 連絡事務所◎仙台 仙台駅近く◎名古屋 中央区丸の内付近◎大阪 中央区本町(御堂筋線本町)◎福岡 博多駅(筑紫口)付近 市場調査も大体完了しま…

人事を尽くして天命を待つ。それで必ずなにか結果が見えてきます。ただ、行動するのみ

MSA総合研究所の連絡事務所の設置場所について検討していますが、九州に関しては、福岡市の博多駅筑紫口の周辺のオフィスビルで検討しています。ここが九州で一番交通の便のいい場所だと思っています。中国、四国地方に関しては、将来的にどこかに拠点を起き…

確実に資金本部に申請できるようにするには・・・

事業計画を考えています。大阪の連絡事務所の場所をどこにするかを検討していますが、中央区本町、御堂筋線の本町駅周辺がいいかと思っています。MSA総合研究所の5カ年計画ということで、今後5年間で行うことについて考えています。育成資金を配当して、日…

育成資金の募集方式について考える。少人数精鋭のダイレクトマーケティングが重要

いつから育成資金に対しては、紹介ビジネスの形式を作り始めたのか?疑問ですが、たしかに、資金者や資金本部は、自ら進んで営業することがありませんので、対象企業の企業代表者に対してアプローチするにあたり、仲介者を経由して伝達業務を行う形式にした…

今後の事業方針は、これから育成資金を活用できそうな起業家の育成するコンサル事業を推進すること。

一昨年から続くコロナの流行の長期化により、育成資金の動きが鈍化しています。全く動きがないわけではないのですが、問題は、コロナで緊急事態宣言になり、緊急事態宣言家の危機管理として人との接見が難しくなっています。育成資金の案内作業は、人と人と…

日本の経済危機も待ったなしの状況に来ていますので緊急事態宣言が開ければ全国巡業します。

MSA 総合研究所では今後日本の主要都市に連絡事務所をオープンさせて行きます。 やはり育成資金というものが一体どういうものなのかということがあまりにも多くの人が理解できていません。 特にこの制度をよく研究すればこんないい制度はないのにと思うかと…

日本の借金問題の解決と日本の復興は簡単にできる方法について説明します。

日本の経済復興は簡単であるという話は前回のブログで書きました。 一番キーポイントになるのは基幹産業である電力会社です。 日本には電力会社が十社ありますがそのうちの9社は東証一部で資本金が100億円を超える育成資金を受けることができる企業になりま…

経済復興させる方法は簡単ですが、その理由は奥が深い

戦後復興期の歴史を研究していけば、歴史的な復興を成し遂げ、アジアの奇跡と呼ばれた日本の復興の歴史を考えれば、日米共同体による安全保障分野における育成資金の財源なくして、実現できたのかといえば、絶対に不可能であっただろう。 所得倍増計画という…

日本列島改造論のバージョン2は、育成資金を活用した企業体による道州制実現と地方から始める所得倍増計画!

育成資金は、巨額な財源はありますが、それをいかに活用して日本経済を復活させるかということを考えれば、地方ごとに企業体によるブロック経済圏を作り、そこから育成資金の財源から資金を引き出し、地方経済圏をまとめる道州制制度を作り上げることで、地…

日本全国数カ所に連絡事務所を開設して新規取引先の開拓をする。

MSA総合研究所 2021年度 組織図 現在、緊急事態宣言ですが、緊急事態宣言が明けて秋口から本格的に動く事業計画を作っています。東京本部と東京研修センター、そして、連絡事務所としては、仙台、名古屋、大阪、福岡(博多)と事務所を開設して、育成資金を…

地方から始める「失われた30年の終局」と所得倍増計画と企業体による道州制制度

MSA総合研究所の5カ年計画としては、まずは、本部は、東京、連絡事務所は、仙台、名古屋、大阪、福岡に出す。場合によっては、札幌、金沢、広島にも出すということで、全国で活動できる拠点づくりをしたく準備を進めています。目的は全国にある対象企業代表…

長期化するコロナに負けるな。新しい仕組みの構築が急務になる。

またもや、東京は緊急事態宣言が発令されました。お盆過ぎまでできる限り、外出しないように呼びかけです。その中でも東京オリンピックは行うようですが、この状況ではオリンピック景気も期待できないでしょう。 国際的イベントがあれば、景気が上向くという…

日本の基幹産業の衰退が止まらない。育成資金について、理解しなければならない。

日本の基幹産業をぶっ潰す、育成資金の反対勢力、今、日本の基幹産業がやばいことになっていると言われている。確かに、重工業、鉄鋼などの基幹産業は、非常に厳しい状況になっている。 世界的に見れば、政府援助により、基幹産業が支えられている場合に多い…

育成資金を邪魔する勢力とは?

育成資金の案件をやっていると闇は深いと感じる部分がおおくあります。といっても、実際に反対勢力ということで、動いている数は、そんなに多くないと見ています。実際には、中心的に動いているのは、数十人から多くて100名まででしょう。 プロの育成資金…

育成資金の反対勢力とは

企業育成資金について本ブログでは色々説明しています。 この育成資金について非常に難しい問題点があります。 この制度自身は日本の産業を育成するために非常に重要な制度ではありますが,この資金の存在を隠したがる勢力が存在します。 すなわちこの資金の…

富国日本をつくるための手段を知ること

戦後日本をいかに育ててきたか、それについては、日本政府を支援している日本の資金オーナーがいることは、ほとんどの人は知ることのない事実です。資金オーナーは、日本の旧体制の資産(皇室や旧財閥)の金融資産をサンフランシスコ講和条約から日本国土復…

地方創生の財源は、育成資金の財源を活用することで、実現する。

前回のブログで、筆者としては、5年計画でこの案件に取り組んでいるという話を書きました。2026年までに成し遂げたいこと、それについては、育成資金を活用して日本経済を活性化させるための仕組みを作り上げること、すなわち日本全国の各地方の企業体…

筆者としては、この育成資金の普及活動は、5年計画で行っています。2026年まで気合を入れて行います。

日本の近隣諸国は、大国化が進んでいます。すなわち、ロシア、中国と大国があり、また、北朝鮮との問題もあり、安全保障において日本は、非常に重要な要になっています。やはり、日本が力がなくなれば、パワーバランスが壊れる可能性があります。 安全保障に…

日本の経済を救済するには、育成資金を大きく動かすことが急務である。

MSA 総合研究所です。本日のブログの内容は、育成資金について積極的に活用しなければいけない理由について説明をします。 これは、国の財政が非常に緊迫している状況です。よって、第3の財源といわれるこの育成資金を動かさない限り資金の補填はできません…

育成資金に関する金融史を知ることは、近代日本の大きな歩を理解することになる。

育成資金についての話を、書き始めて4年の歳月が過ぎ、このブログをはじめからすべて印刷して保管していただいているという方からの話では、もうすでに、19冊目になったということです。 筆者もここまでよく育成資金についての話を書いたなぁと思います。育…

原因と結果ということを見極めれば、すべての物事がクリアーに見えてくる。

「失われた30年」の問題は、反日勢力によるM資金詐欺事件を起こすことが原因して、日本の資金オーナーの提供する育成資金が動かなくなったからです。 結論は、反日勢力(M資金詐欺組織)による活動による日本経済の落ち込みが原因です。 ほんと、意外なと…

「失われた30年」と言われる日本の経済停滞の原因を解決する方法は、至って簡単です。それについて解説!

筆者の課題は、「失われた30年と言われる時代の終局を迎える」ということをテーマに活動しています。失われた30年は何故行ったのかということを研究した結果、結論は、「育成資金が、反日勢力によって邪魔をされて、資金が動かなくなった」という理由だ…

育成資金の財源を活用して地方財政を支援する企業体をつくり、道州制の財源にする提案をします。

サンフランシスコ講和条約で放棄した日本の旧体制の資産が、イングランド銀行に信託されて巨額に運用されて、日本の民間財源として工業の発展を支援するための財源が巨額に存在します。これは、すでに日本の国家予算の数千倍という規模まで運用益を増やして…

筆者の心のなかにある日米共同体

育成資金について探求をしていけば、日本の工業を支援するための資金ではありますが、日米共同体による安全保障に関する対策費用ということになる。 筆者は、海外生活が長いということを書きましたが、大半はアジアでいましたので、米国には、旅行程度で行く…

時代の移り代わりすることで、変化する育成資金

平成から令和へ、時代の移り変わり、それと同時に育成資金の組織も新しい世代に変わっていっています。すなわち、育成資金の組織も世代交代があるということになります。 世代交代した新生の育成資金の組織が動き出しています。すなわち、新しい世代による日…

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。