【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


筆者:メテ財団 グローバルアンバサダー
MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】

 
 

2021-09-01から1ヶ月間の記事一覧

育成資金最新情報! これは、チェックしてください!

企業育成資金について、最新情報を入手した結果を言えば、 1,東証一部 資本金100億円以上の製造業、インフラ、小売業、その他業種相談可能2,銀行 __________ ★キャンペーン的案件(2021年年内) 3,信用金庫 預金高3000億円以上 …

新総裁誕生と所得倍増計画について考え、論じてみる

昨日は、総裁選により新しい総裁が選出されました。新しい総裁の尊敬する人は、池田勇人元総理ということです。池田勇人氏といえば、戦後復興期の大蔵大臣として国家の財政基盤を立ち上げた人物として知られています。その後、所得倍増計画をぶち上げて、日…

日本を豊かにするには、育成資金を活用して、1人あたり年間200万円のベーシックインカム制度を行うべきだと提案する。

民間の平均給料が2年連続減少というニュースが流れていました。確かにコロナ危機により各企業資金の出し渋りをしていることは、否めません。ただ、ここ最近は、大企業は株価の高騰で金融市場だけを見れば、バブル状態だったことがいえますが、その恩恵が、…

世界は陰と陽の世界で成り立っている。

企業育成資金について、活動していると、反対勢力、壊し屋という存在がいることに気づきます。本来なら資金を出すことを目的にしているのですが、そのことに対して反対している勢力があります。 すなわち、虚偽な情報を発信して、混乱するように仕向けるよう…

もうすぐ緊急事態宣言もう解禁ですからこれからが本番です。

長く続いた緊急事態宣言ですが、ついに今月末で解除するという方針が決まったというニュースが流れていました。 緊急事態宣言ということもあり、企業のリスク管理から考えた時に人との接見をできる限りしないという方向性を持っていたため、なかなか思うよう…

明治以降の近代国家建設の歴史を知れば、育成資金が生まれた経緯についてよく理解できる。

企業育成資金の話を書いています。企業育成資金というものは、まさに日本を支えるための財源ということで、非常に重要な案件となっています。民間によって申請業務をこなっていますが、実際のことを言えば、皇室との深いつながりを持った資金になります。も…

プライマリーバランスの黒字化というのは民間人の仕事である。

企業育成資金は通貨発行権に関係する資金になります。 さて一つ面白いような意見があります。 それは某政党が打ち出した政策の中でプライマリーバランスの黒字化は考えずに資金をどんどん放出するという考え方を示している話がありました。 ここは実は非常に…

関係のある人と関係のない人の意見

企業育成資金についての話を書いています。 これは日本独自の企業経営者に対する支援制度ということになります。 対象は東証一部そして銀行信用金庫という大企業の経営者のみに支給される現金配当になりますがこれは皇室と関係して日本の経営者に対して資金…

しなくてもいい苦労を背負うことはこれは非合理的なことでしょうか。

企業育成資金という案件は基本的には非公開案件で公開されている案件ではありません。 しかし水面下で行われていることは事実でありその案件について大企業の経営者に話をすることは非常に難しい案件として言われています。 それは公開されている案件ならば…

天命がすべてを決める。

2018年の9月からの書き始めた本ブログですが、更新回数ももう少しで1000回に近づきました。さて、ここまで書いてきて、気づいたことがありました。育成資金の案件に参加できる人は、これは、天命がある人のみに与えられた権利であるとおもっていま…

お金はどのようにして万物の神となれるのか?プロビデンスの目

人の世界で生きていく上で大切なこととはなにか?それは、計算高く生きるということも大切かもしれませんが、運命に逆らわずに生きるという感覚というのが大切かと思っています。 運命というのは、心で感じる羅針盤にしたがって生きるということです。感じる…

見えているものだけが全てではない見えない存在とともに物事を成就させる

企業育成資金について話を書いています。 筆者はこの育成資金についてずいぶん研究をしました。 歴史的経緯からこのことに関わっている人に多くの方からヒアリングをしました。 色々な意見はありましたが総称してまとめていくとこのブログのような話になりま…

静かにお金持ちになることが幸せである。

企業育成資金についての話を書いています。育成資金には、基本的には、2種類あると言われています。国内ルートといわれる東証一部で資本金が100億円以上からできる案件と、米国ルートなどといわれる東証一部資本金300億円以上の製造業でできる育成資…

日本人の古来から持つ精神論が、資本主義社会で発展するための障壁になっている。

新しい政権が生まれようとしています。連日ニュースでは各候補者について報道されています。コロナ禍の日本の舵取りをどうしていくのか、注目しているところです。 さて、政治ではできない経済対策というのは、これは、通貨流通量を増やすという作業です。政…

日本の製造業は資金不足で悩むことがない制度がある。しかし、それを活用していないのだけで世界に負けている。

日本の半導体産業を復興させるには、投資5兆円の覚悟という記事を目にした。今世界は半導体不足で、サプライチェーンに問題が出て自動車などの製品で納品遅れが続いている。そのような状況を打破するのには、外国から半導体輸入に頼るモデルでなく、日本の…

育成資金は、現金を配当しますので、これほど自由度が高い資金は存在しない。

最近の話題といえば、某銀行に対してのTOBを行っていることを話題になっています。さて、TOBとはどのような定義でしょうか? 「英語表記「Takeover Bid」の略で「株式公開買い付け」のこと。企業の買収手段のひとつで、買収対象企業の株式買い付け期間や取得…

ピンチが究極のチャンスを生む可能性が秘めている日本の育成資金の制度

中国の不動産デベロッパーの一部債権のデフォルトが世界中で大きく報道されています。中央銀行総裁もそのことについて注視するというニュースも出てきており、ついに、中央銀行も金融緩和政策を緊縮する可能性がでてきているのか?ここ最近まで続いた株価の…

育成資金の活用方法について考える。個人にはいった資金を法人として使えるようにするには・・・

企業育成資金についての話をしています。 さて、この資金は、条件を満たした企業代表者個人に対して大きな資金を無償提供される案件になります。東証一部企業や銀行、信用金庫の経営者がこの資金を個人で受けて、それを会社に資金投入するのは難しいというこ…

育成資金の申請期限も今年もあと残すところ2ヶ月ちょっとです。早い目の対応が重要です。

育成資金の話を書いています。さて、企業育成資金は、毎年の傾向をみていると12月の第一週まで募集をしていますので、残すところ2ヶ月ちょっとになりました。 年内に育成資金を申請したいと考えている企業経営者の方は、早い目に申請することをおすすめし…

銀行における歴史的経緯を知れば、育成資金の制度が理解できます。

渋沢栄一のドラマは、やっと真実の明治以降の銀行の歴史について世の中に伝える機会を作っていると思います。 すなわち、経済の成り立ちは、銀行の成り立ちであると言えるのです。今は、政府主導で経済対策をと話していますが、政府が経済を作るという方向に…

同一民族論が世界平和になり、これが安全保障として重要である。

育成資金とは、直接関係な話かもしれませんが、日本のルーツについて書きたい思います。これは、筆者の勝手な想像も入っている話ですから、一つの話のネタとして聞いてください。 さて、この育成資金は、昭和天皇が米国と相談したことがきっかけで、日本の戦…

国造りをする資金は育成資金の財源を活用する以外ない

育成資金の説明をしています。 さて今日の渋沢栄一のテレビドラマは非常に良い話を言っていました。 明治新政府というものは商人によって動かされたという話です。 すなわち明治新政府になってからはそのタニマチをしたのが三井財閥ということになります。 …

企業育成資金の真実わかり、この資金を活用しない手はない。

育成資金について、解説しています。現在、行われている企業育成資金については、先日のブログでも解説しましたが、旧三井財閥の資産を昭和天皇に託し、昭和天皇がアメリカと相談したことで誕生した企業育成資金ということになります。昭和天皇に相談された…

周囲の意見に振り回されず育成資金を活用する方法について

育成資金というものを説明しています。 現在大本になる育成資金の財源というものは一箇所すなわち旧財閥の財源を運用したものを日本銀行に保管している資金のみ存在しています。 何箇所もあるように皆さんは思われていますが実際はひとつの大元になる資金本…

育成資金を深く語れば

育成資金についての話を言えば歴史的な話はいろいろとあります。 国際決済銀行の話から日本の秘密財源と言われている資金の話まで。 いったいこれは何の話だろうかと多くの方は思っているかと思いますが、本ブログをしっかり読んでいる方はだんだんこれがあ…

育成資金の制度を理解すれば必ず活用件数が増えていくでしょう。

企業育成資金のブログももう4年以上書いておりブログの記事の数ももうすぐ1000回の更新を記録します。 アクセス数も20万アクセスを超え本ブログを通じて多くの方々と連絡を取り合うようになりました。 育成資金の制度や金融制度について多くの方がこのブログ…

政権交代とともに担当官も変わる

企業育成資金の案件というものは極秘で行われていますが申請に関しては極秘ですが随分省庁も関係して行なっています。 なぜかこの資金は動かす金額が巨額であるということが理由で極秘になっていますが問題なく使える資金ではあります。 申請に関しても中央…

育成資金の20%と80%の原理について説明

企業育成資金について話をすれば多くの経営者はまずは驚くことはこの資金は企業に提供されるのではなく経営者個人に渡される資金ということです。 巨額な資金が経営者個人に渡されるということは経営者が、この資金をどういう風にして活用するかということが…

資本主義経済を発展させるための金融システムはすべてが銀行が行なっている仕組みです。

企業育成資金についての話をこのブログでは書いています。 企業育成資金というのはこれは基本的には銀行における運用システムによってできている話です。 ですからある意味プライベートバンクにおけるサービスというふうに考えてもいいのではないでしょうか…

個人で受けた資金を会社に投入するのは自社の劣後債の購入がやりやすいと思います。

コロナショックにおける経済危機の長期化において日本の大企業が資金調達に走っています。 その中でも最近よく話に挙がるのが劣後債というものです。 これは万が一会社が破綻したとしてもこの保証が一番後回しにされるという社債になります。 すなわち万が一…

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。