実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

2022-02-18から1日間の記事一覧

日本経済の底上げげをするための組織として「企業育成機構」の役目

日本経済の底上げげをするための組織として「企業育成機構」の役目 このブログを通じて、集まってきた仲間とのコミュニティーをどうするかということが、今後の課題になります。やはり、組織の強化をしていくことと、また収益モデルを提供することで、このモ…

□PPPに関するいろいろな取引方法について

□PPPに関するいろいろな取引方法について 約束手形という仕組み、約束手形というのは、例えば、3ヶ月先の期日に資金を支払うという約束を行う手形になります。 PPPにおける取引で、古典的なやり方になりますが、Swift MT799のブロックファンドメッセージ…

□日本では馴染みのない制度、PPP(プライベートプレイスメントプログラム)

□日本では馴染みのない制度、PPP(プライベートプレイスメントプログラム) 日本の経済評論家の中には、欧米で行われているPPPについて、自称一流を豪語している金融の専門家、プライベートバンクの専門家という人物の記事を見たが、 「「PPPってどうですか…

日英包括的経済連携協定から見る日本向けのPPP案件についてのスタンスについて解説

日英包括的経済連携協定から見る日本向けのPPP案件についてのスタンスについて解説 現在、MSA総研が英国PPPプラットフォームと行っている日本向けPPPプラットフォーム企画について、法的な問題がないかを確認する上で、「日英包括的経済連携協定」について調…

企業育成機構のメンバーに提案したいこと

□企業育成機構のメンバーに提案したいこと 企業育成機構のメンバーは、本ブログの読者は、自由参加ですが、しかし、実際に、企業育成機構のメンバーとして活動していく上で、活動費の捻出と、将来的な大きな夢の実現という2つの目標があります。 やはり、普…

□企業育成機構のメンバーの活動費を得るためにつくった案件

□企業育成機構のメンバーの活動費を得るためにつくった案件 企業育成機構のメンバー向け(本ブログ読者)に行っている案件です。PPPの100万ドル、100万ユーロ以上の資金者向けの案件になります。企業育成機構のメンバーに、収益を上げることが割合簡単…

非公開のビジネス結社という理由

□非公開のビジネス結社という理由 現在、MSA総研が英国PPPプラットフォームの日本部門としておこなっている日本向けPPPの案件ですが、これは、日本在住の日本人を対象に基本的には行います。いろいろ外国人はどうですか?と相談されてますが、日本向けのPPP…

プロジェクトファイナンスの世界

□プロジェクトファイナンスの世界 国際金融の世界では、政府保証をつけることで、巨額なプロジェクト資金を貸し出す金融機関が存在する。 プロジェクトファイナンスの世界には、日本ではあまり知られていない、仕組みが多数存在しており、PPPもその一つであ…