実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

2022-03-23から1日間の記事一覧

まん延防止措置の終了(コロナ)これから積極的にアプローチします。

□まん延防止措置の終了(コロナ)これから積極的にアプローチします。 さて、3月22日のニュースで、久しぶりに政府方針でコロナの蔓延防止措置から解禁になりました。やっと、活動ができるようになりました。なかなかコロナの流行している中では、人が会…

ピンチの時ほどをしっかり活用しよう

企業育成資金をしっかり活用しようというキャンペーンです。 最近は長引くコロナの感染症の問題とそしてロシアのウクライナへの侵略がニュースを賑わし日本国内における問題に対して目をを向けなくなっている現状があります。 実際にはあまり数値では公表さ…

企業育成資金で困るケース

(企業育成資金で困るケース) 企業育成資金について、周囲では難しい話をされるケースがおおいのですが、回答から言って、遠回しにいうのではく、こちらにお問い合わせをいただければ、一発で問題解決ができます。 回りくどい話はありません。それだけです。…

企業育成資金の特例の場合 鉄道会社と電力会社の場合

(企業育成資金の特例の場合 鉄道会社と電力会社の場合) 企業育成資金で、特例というものがあります。 これは、東証一部の資本金100億円以上、銀行、以外の企業代表者でも申請できるケースがあります。 これは、鉄道会社と電力会社ということになります。 …

企業育成資金の仕組みを利用しない手はない

(企業育成資金の仕組みを利用しない手はない) 企業育成資金についていえば、これは政府保証で民間プロジェクト資金を調達した資金を東証一部の資本金100億円以上、銀行の代表権者個人(日本国籍)に提供する仕組みになります。 提供金額の基準は、東証一部…