実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

2022-03-29から1日間の記事一覧

企業育成資金を活用して内需型国家を作り、自給自足できる社会システムの構築をする必要があります。これが日本にとって重要なことになります。

□企業育成資金を活用して内需型国家を作り、自給自足できる社会システムの構築をする必要があります。これが日本にとって重要なことになります。 円安における日本の経済界に与える影響が大きくなりつつあります。ここ1週間ほどで円の価値が10%以上も下…

大きな夢を実現したい人にはこの話は非常に素晴らしい話です。

企業育成資金の話というものは対象企業の代表者にたどり着くには一人で達成することは非常に難しいです。 よって多くの方はこの育成資金の仲介業務に数人のグループで行っている場合が多いです。 そのことは全く問題はありません。ただ重要なことはいくら対…

企業育成資金において信用金庫は預金高3000億円以上の代表理事が申請できる制度です。

日本経済の衰退が非常に厳しい状況になっています。 日本銀行の話では円安は容認できるという話を言っていますが海外から資材調達をしている企業にとっては10%以上ここ一週間で物の値段が割高になったということは非常に大きな影響があると言えます。 為替の…

人道的支援をする財源の確保は、企業育成資金を動かすことである。

□人道的支援をする財源の確保は、企業育成資金を動かすことである。 なぜ、G7の国の中で日本だけが、企業育成資金の仕組みをもっているのでしょうか?それは、もともとは、日本の戦後復興財源として、政府保証で調達した資金を欧州の運用(PPP)によって償還…