【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 
 

2022-01-01から1ヶ月間の記事一覧

国民一人当たり1億円の再投資、1京2000兆円の再投資を日本にすべきと論じる。

□国民一人当たり1億円の再投資、1京2000兆円の再投資を日本にすべきと論じる。 あなたにとって、ベーシックインカムを歓迎しますか?多くの人は、ベーシックインカムを待望していると言えます。しかし、政府からみれば、働く人がなくなるのではないか…

究極を言えば、国家は運用で生きていける・・・

□究極を言えば、国家は運用で生きていける・・・ 税金というのもは、国民が政府の財源を提供するということで、資金を提供する仕組みであります。確かに、収入源が税収以外に、国家が財源を手に入れる方法がないのであれば、税収により国民から資金を徴収す…

現金のブロックファンドとクレジット・ラインについて理解する。

□現金のブロックファンドとクレジット・ラインについて理解する。 国際金融の世界が理解できれば、資金の生み出し方ということがわかってきます。これは、金融ルールが存在するので、資金が生み出せるということになります。金融も数字の法則というだけの話…

2022年以降の世界について理想郷について考えてみる。

◯2022年以降の世界について理想郷について考えてみる。 ●地球規模で貧困のない社会の実現を目指す。 地球規模で貧困のない社会を目指すという時代が到来します。これからの時代は、ベーシックインカム、福祉、医療などの社会サービスに置いて、人が生き…

国際金融に精通した人材育成が重要である。

●国際金融に精通した人材育成が重要である。 MSA総合研究所としては、企業育成資金の謎ということで、この真実は一体どこにあるのか?というとで、2018年からブログを書いています。企業育成資金、そんな財源が本当に日本の救済モデルは、どこにあるのか…

欧州のおける銀行システムを理解すれば、この制度の理解が深まる。

□欧州のおける銀行システムを理解すれば、この制度の理解が深まる。 日本の巨額資金の謎ということで、これまでいろいろ追求してきましたが、巨額な資金源があるのか?といえば、答えは、あるといえば、ある。ないといえばない。と言える話になります。 すな…

日本の株価が暴落?今後の日本経済をどうすべきか?

□日本の株価が暴落?今後の日本経済をどうすべきか? ここ最近の話題は、株価の暴落が話題になっています。原因の一つは、株収益は分離課税でしたが、それを総合課税にするという話が政府からあり、そのことが原因しているかとおもわれますが、日本市場から…

世界的な改革がこれからはじめるであろうと予測できる。新しい資本主義社会について

□世界的な改革がこれからはじめるであろうと予測できる。新しい資本主義社会について 信用創造というものは、一体なんであるか?それは、キャッシュバック、アセットバックという裏付けがあれば、それに対して、クレジット・ラインを発行して、そのクレジッ…

信用創造の世界

□信用創造の世界 お金の世界は、キャッシュバック(現金担保)もしくは、アセットバック(現物)があれば、その反対側には、「クレジット・ライン」(与信枠)が生まれます。 現金として保証する数字があれば、それと同等のクレジット・ラインを作ることがで…

PPPの原理原則、これがわかれば、どうしてPPPが高い収益が保証されているか理解できる。

PPPの原理(クレジット・ラインのリース) □PPPの原理原則、これがわかれば、どうしてPPPが高い収益が保証されているか理解できる。 PPPの原理原則というのは「譲渡可能なクレジット」という制度です。現金担保(キャッシュバック)があれば、その現金担保の…

譲渡可能なクレジットの仕組みを最大限利用する。

□譲渡可能なクレジットの仕組みを最大限利用する。 企業育成資金は、どのようにして生まれているのか?ということを国際金融の観点から説明するとすれば、日本の企業育成資金の財源は、巨額にあるという話は巷でありますが、それは、本当に現金として存在し…

国際金融の知識の欠如が、日本経済の衰退をまねいている。

□国際金融の知識の欠如が、日本経済の衰退をまねいている。 結論から言えば、日本の国際金融に関しては、後進国と言われるのは、欧米で行われている制度について、ほとんど情報がないことが原因していると思います。 企業育成資金の制度について説明文には、…

お金の奥深い話

□お金の奥深い話 現在の銀行システムは、1944年ブレトンウッズ体制以降は、基本的には大きく変わっていません。連邦準備制度、世界銀行 IMFという仕組みの中で世界の銀行システムが出来上ています。 銀行システムの頂点であると言われる組織に「300人…

企業育成資金の最新情報を入手!

企業育成資金の最新情報を入手! 最新情報によると・・・・ 1,東証一部の資本金100億円以上(サービス業、飲食ホテル、証券会社、保険会社は対象外)鉄道、大手電力は、非上場可能 鉄道は、資本金100億円以上2,銀行 の代表権者個人 3,信用金庫の…

誰も教えないお金の大学校の校風(自由に相互学習推奨)

□誰も教えないお金の大学校の校風(自由に相互学習推奨) さて、企業育成資金についてのブログとして、今から2018年にMSA総合研究所を立ち上げ、その後、企業育成資金を研究するチームを全国に支部を作ってきました。 2022年からは、国際金融につい…

誰も教えないお金の大学校ネタ(国際金融資本)

□誰も教えないお金の大学校ネタ(国際金融資本) 経済の発展を考える上で、国際金融資本という存在について理解をしなければならない。基本的には、1944年、ブレトンウッズ体制以降は、米国に連邦準備制度が移り、世界銀行、IMF、FRB、そしえ国連を作り…

地方のインフラ投資事業は、採算に合わない理由で諦める必要はない、国際金融資本からの資金調達モデルを利用すれば、持続可能な地方経済の発展も可能である。

□地方のインフラ投資事業は、採算に合わない理由で諦める必要はない、国際金融資本からの資金調達モデルを利用すれば、持続可能な地方経済の発展も可能である。 PPPの歴史について考えたときに、世界大恐慌後に米国の景気回復の事業投資として行った公共投資…

PPPにおけるビジネスモデルを考える。

□PPPにおけるビジネスモデルを考える。 PPPの話をすれば、PPPというのは、法人であっても、個人であっても参加できる仕組みです。銀行口座名義が法人、個人は問いません。ただ、法人の場合は、代表者1名を口座管理人として任命する必要があります。 法人の…

合同会社のビジネスモデル

□合同会社のビジネスモデル 時々、質問があるのが、仲間内で資金を集めて事業投資したいうという話ります 友達数人集めて事業投資をしたいということはよくある話です。 そんな場合は、どうすればいいのでしょうか? 公募すると金商法に関係してきますので、…

一般的には知られていない国際金融の世界

□一般的には知られていない国際金融の世界 というものは、送金とPPPということになる。 PPPというと幅広い意味になるが、国際金融におけるPPPという世界については、本ブログでは、何度も説明してきた。PPPによって生み出された資金を国際送金をするというこ…

日本の未来の発展を考えれば、離島にオフショア金融センターがあれば、いいのでは?

□日本の未来の発展を考えれば、離島にオフショア金融センターがあれば、いいのでは? 日本の離島に、オフショア金融センターを作る意味というのは、これは、これは、国際金融資本から流れてくる資金の送金ルートになるべき場所が必要であると考えるからです…

豊かな国を作るには、このことは知るべきだと思う。

□豊かな国を作るには、このことは知るべきだと思う。 その国が豊かになれるかどうか?というのは、究極を言えば、「国際金融資本」と言われる資金がその国を通過して送金されるルートになれるのか?ということが、いちばん重要な話です。 経済は、たしかに活…

筆者の夢を語る

この話は筆者の個人的な夢の話です。 筆者は日本に英式のオフショア金融都市を作りたいという夢があります。 しかもそれは日本にはたくさんの離島がありますのでその島を使ってケイマン諸島やカリブ海にあるタックスヘイブンの国々と同じような制度を持った…

グローバルスタンダードにおけるビジネスにおけるゲームのルールを知らなければ勝ち目はない。

最近は企業育成資金の話というよりも国際金融における資金調達という話をメインに書いています。 企業育成資金についての話は四年間ほどほとんど毎日書きましたので過去のブログを見ていただければ一通り理解できると思います。 これから日本がグローバリズ…

国際金融が関係して資金調達という話をすれば・・・

□国際金融が関係して資金調達という話をすれば・・・ ◎国際金融からの資金調達という話になれば、(全世界で募集)ICC加盟国が対象 1,PPPからの資金調達 2,送金によるプロジェクト資金を調達(WIRE CASH Transfer) の2種類になる ◎日本独自の制度(日…

□日本にあったら嬉しいもの金融特区は、こうなれば、絶対に金は集まる。

□日本にあったら嬉しいもの金融特区は、こうなれば、絶対に金は集まる。 結論、世界の金融特区に日本の都市がなるには、 1,所得税15%(特区エリア内での商いに対する課税)2,キャピタルゲインに対する課税 0%3,相続税 0%4,外国からの収益に対…

本当の経済の仕組みについて考える。

□本当の経済の仕組みについて考える。 国際金融の世界を追求していくと、最後は、送金という世界の事実を知ることになる。送金といえば、貿易や取引をした際に、取引先の銀行口座尼資金を送金したり、海外にいる家族や友人などに送金したりすることをイメー…

全体的に見て、資本が多い日本の価値

□全体的に見て、資本が多い日本の価値 日本の金融資産というニュースを見ていました。法人、個人の金融資産は、それぞれ約2000兆円あり、合計で4000兆円超の資金があるということです。そんなかで現金として預金として貯金されている資金は、140…

貿易の仕組みを理解するべきでしょう。

□貿易の仕組みを理解するべきでしょう。 筆者も長年、都市伝説の国際金融の謎について追求して結論がわかったのいですが、 これは、「譲渡可能なクレジット」というICCの規定と、それと、農作物や天然資源の先物取引のおける割引で契約を購入する仕組みとい…

海外投資事業は、PPPを活用したモデルで継続的発展が可能なモデルを作る。

□海外投資事業は、PPPを活用したモデルで継続的発展が可能なモデルを作る。 日本を豊かにするにはどうすればいいのか?それは、労働集約型のビジネスモデルから資金を生み出しながら生産性を高めるビジネスモデルにすることが今後のビジネスでとても重要だと…

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。