【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

2022-03-01から1ヶ月間の記事一覧

内需型日本経済の発展を目指すために企業育成資金の財源を活用する。

□内需型日本経済の発展を目指すために企業育成資金の財源を活用する。 かつて日本列島改造論という本が出版された。日本の地方と都市交通のインフラを整備することで、都市と地方の交流が盛んになり、都市部の富が地方にも分配されて日本が発展するという考…

企業育成資金とPPPについてのセミナー「誰も教えないお金の大学校」神田セミナーについて(2022年4月10日午後2時~)

□企業育成資金とPPPについてのセミナー「誰も教えないお金の大学校」神田セミナーについて(2022年4月10日午後2時~) 前回、今年1月にセミナー行ったときと同じように、感染対策用にフェイスシールドを購入しました。全員分を用意しています。マスク着用で…

今年は、普段難しい資本金100億円以上の東証一部企業を対象に資金提供を行っています。

□今年は、普段難しい資本金100億円以上の東証一部企業を対象に資金提供を行っています。 企業育成資金は、基本的には製造業を中心に、東証一部の資本金100億円以上の企業代表権者に対して最高裁の決定により免税、免責、免訴、返還不要の資金として民間プロ…

企業育成資金を活用して内需型国家を作り、自給自足できる社会システムの構築をする必要があります。これが日本にとって重要なことになります。

□企業育成資金を活用して内需型国家を作り、自給自足できる社会システムの構築をする必要があります。これが日本にとって重要なことになります。 円安における日本の経済界に与える影響が大きくなりつつあります。ここ1週間ほどで円の価値が10%以上も下…

大きな夢を実現したい人にはこの話は非常に素晴らしい話です。

企業育成資金の話というものは対象企業の代表者にたどり着くには一人で達成することは非常に難しいです。 よって多くの方はこの育成資金の仲介業務に数人のグループで行っている場合が多いです。 そのことは全く問題はありません。ただ重要なことはいくら対…

企業育成資金において信用金庫は預金高3000億円以上の代表理事が申請できる制度です。

日本経済の衰退が非常に厳しい状況になっています。 日本銀行の話では円安は容認できるという話を言っていますが海外から資材調達をしている企業にとっては10%以上ここ一週間で物の値段が割高になったということは非常に大きな影響があると言えます。 為替の…

人道的支援をする財源の確保は、企業育成資金を動かすことである。

□人道的支援をする財源の確保は、企業育成資金を動かすことである。 なぜ、G7の国の中で日本だけが、企業育成資金の仕組みをもっているのでしょうか?それは、もともとは、日本の戦後復興財源として、政府保証で調達した資金を欧州の運用(PPP)によって償還…

急激な円安、日本の国力の低下の象徴に(サプライチェーンの国内回帰をする財源は、企業育成資金を活用できます)

□急激な円安、日本の国力の低下の象徴に(サプライチェーンの国内回帰をする財源は、企業育成資金を活用できます) 国際的リスクが高いときに、リスク回避のために、日本円が買われるというのは、過去の歴史ではないだろうか? 現在は、リスクが増せば日本円…

日本の危機を救済するのは、このブログの読者の皆様の行動力です。それを我々がサポートします。企業育成資金 毎月5件以上成約しましょう!

□日本の危機を救済するのは、このブログの読者の皆様の行動力です。それを我々がサポートします。企業育成資金 毎月5件以上成約しましょう! 企業育成資金の最短最速で申請します。 企業育成資金について、多数の仲介者がいますので度の話が正しいのか非常…

企業育成資金の申請は非常に簡単です。我々に連絡すればすべて解決します。

企業育成資金の申請は非常に簡単です。我々に連絡すればすべて解決します 企業育成資金の話を書いております。 日本の企業育成資金は特筆すべき点というものは政府保証によって基幹産業に対して資金が提供されるという制度を行っているのは世界でも日本だけ…

月間最低5案件の企業育成資金を成約する。(国家の安全保障の危機に対応する財源確保のために)

□月間最低5案件の企業育成資金を成約する。(国家の安全保障の危機に対応する財源確保のために) 今年は、さすがに、戦後最大の国家の安全保障考えたときに危機的状況になっています。もう悠長なことを言ってられない状況です。 日本の経済的安全保障を支援…

私募プログラムの募集で、提出先に疑問がある場合の対応「CEASE & DESIST:排除措置命令」について

□私募プログラムの募集で、提出先に疑問がある場合の対応「CEASE & DESIST:排除措置命令」について PPPなどの私募プログラムにおいて、ブローカーを経由して、申請することが通常ですが、ブローカー(仲介者)によっては、本当の(トレーダーデスク)(資金…

企業育成資金の申請を成功させるためのポイント

□企業育成資金の申請を成功させるためのポイント 企業育成資金の申請について重要なことは、多数の人に情報が出回らないことが重要です。多数の人に、情報が出回れば、資金本部は、申請の受付を中止します。 これは、非常に重要なことです。PPPに関しても、…

4月10日神田 企業育成資金とPPPについてのセミナーについて(G7や人道的支援を日本が如何に行なうか?)

4月10日神田 企業育成資金とPPPについてのセミナーについて(G7や人道的支援を日本が如何に行なうか?) 今年、第二回目のセミナーを開催します。前回参加された方、2回目でも初回でも歓迎します。 話の内容は、毎回少し変えて話をしますので、いつきても…

人道的支援・・・の財源とは・・・・

□人道的支援・・・の財源とは・・・・ さて、人道的支援に「何千億円」米国が、、、日本が・・・と話しています。人道的支援の財源というのは、たしかに困っている人を助ける資金ということになりますが、どのようにして捻出しているのでしょうか? 答えは、…

日本の安全保障を考えたとき、「企業育成資金」を動かし、安全保障費の捻出に貢献することは国民として重要なことである。

□日本の安全保障を考えたとき、「企業育成資金」を動かし、安全保障費の捻出に貢献することは国民として重要なことである。 日本の経済的安全保障を考える上で、非常に重要な局面を迎えるようになってきた。 企業育成資金の重要性が高まるといえます。 本来…

企業育成資金についてのあれこれ、

企業育成資金とPPPについてのセミナーを随時開催していきます。 企業育成資金は、東証一部の資本金100億円以上、銀行の代表権者に提供する本資金。信用金庫の預金高3000億円以上の代表理事に提供する余剰資金本部が提供する企業育成資金の2種類があ…

4月10日日曜日午後2時から誰も教えないお金の大学校セミナーを実施します。読者の皆様ぜひご参加ください。

蔓延防止措置も終了し、そろそろ活動を本格化しようということで、4月10日に午後2時から神田セミナー会場にて 誰も教えないお金の大学校セミナー を開催することになりました。 セミナー会場は1月に開催した JR 神田駅から徒歩2分の会場で行います。 20名ほ…

「誰も教えないお金の大学校」 4月開催を決定しました。4月10日神田セミナー会場です。

□「誰も教えないお金の大学校」 4月開催を決定しました。神田セミナー会場です。 今年の1月に開催した「誰も教えないお金の大学校」の第二弾を開催することにしました。決定です。会場を予約しました。 ********************* ★誰も…

申請書類は、本当は重要でないのです。いちばん大切なことは、資金者と申請者が直接連絡が取れることです。それができなければ申請受理できていないのと同じです。

□申請書類は、本当は重要でないのです。いちばん大切なことは、資金者と申請者が直接連絡が取れることです。それができなければ申請受理できていないのと同じです。 企業育成資金の申請方法について、結論から言えば、申請書類を提出することは、重要でなく…

経済的安全保障を考えたときに、国家の生命線につながる産業は、国産化100%を確保するべきではないか?

□経済的安全保障を考えたときに、国家の生命線につながる産業は、国産化100%を確保するべきではないか? ロシア情勢や北朝鮮の情勢、また、サプライチェーンの大部分を頼ってる中国の情勢などを見ていれば、経済重視で勧めてきた国際関係について、問題…

企業育成敷金は、昭和の時代は、370件を超える成約件数があったということですので、令和の時代は、500件を超すことが目標です。 簡単です。筆者が対応します!

□企業育成敷金は、昭和の時代は、370件を超える成約件数があったということですので、令和の時代は、500件を超すことが目標です。簡単です。筆者が対応します! ここ最近は、新規のPPPの募集案件などがあり、その対応で書類申請業務で欧米と夜中に連絡…

企業育成資金の申請業務における筆者の立場

□企業育成資金の申請業務における筆者の立場 さて、積極的に企業育成資金を申請するために、情報を伝えていきます。筆者の立場としては、面談を行う際に、申請者の本人確認をして、その後、企業育成資金を説明した後に、資金者に連絡を入れてつなぐ役目を行…

企業育成資金の申請業務は、書類より本人と資金者とつなぐことが重要です。

□企業育成資金の申請業務は、書類より本人と資金者とつなぐことが重要です。 究極の結論から言えば、企業育成資金の申請をする際に重要なことは、資金本部の資金者と直接連絡が取れた時点でその申請者が確実に申請受理したことになります。 書類を申請したか…

最短最速、秒速で申請業務は解決する方法は当ブログの読者のみが知る方法です。

□最短最速、秒速で申請業務は解決する方法は当ブログの読者のみが知る方法です。 企業育成資金について言えば、実は多くの仲介を経由する問題や、偽物の資金者も多数いますので、そのようなトラップがあることで、本当の情報はどこにあるのか?と思うかもし…

最短最速で資金者に申請者の声を届ける方法は本ブログにある

□最短最速で資金者に申請者の声を届ける方法は本ブログにある 申請業務で面倒なことはしたくないというのは、本心であります。企業育成資金は、申請者が資金者と連絡を取れた時点でゴールとなります。 この案件は、仲介者を経由して資金者につなぐのが申請す…

本ブログの読者は、企業育成資金についてのすべてのことを知っている。あなたは、このブログに到着したことは、すべての企業育成資金の問題を解決する答えを知ったのと同じことです。

□本ブログの読者は、企業育成資金についてのすべてのことを知っている。あなたは、このブログに到着したことは、すべての企業育成資金の問題を解決する答えを知ったのと同じことです。 蔓延防止措置も終了しましたので、これから企業育成資金の案内に活動す…

日本は待ったなしの状況です。これから必死に企業育成資金の案内をいたします

企業育成資金をどんどん活用させようということで本ブログを書いております。 東証一部の資本金100億円以上そして銀行の代表権の方に対して政府保証で資金調達した資金を民間プロジェクト資金として提供する案件です。 最高裁で決定をし関係省庁において許可…

企業育成資金のブログも1376回目の更新記事になりました。

□企業育成資金のブログも1376回目の更新記事になりました。 このはなてブログで記載している企業育成資金のブログも、1376回の記事更新を行っています。筆者もなかなか頑張って書き続けているかなぁ自分で納得しています。このブログを更新すること…

最短距離で企業育成資金に申請するなら当ブロブから情報を入手してください。

□最短距離で企業育成資金に申請するなら当ブロブから情報を入手してください。 本ブログは、PPPや企業育成資金についての制度や、法律、歴史について長く説明してきました。実際のことを言えば、資金本部へつなぐ窓口として最短距離の支援事業を行っています…

Flag Counter