【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

2022-08-01から1ヶ月間の記事一覧

日本国内に存在するPPP【私募プログラムについて】

□日本国内に存在するPPP【私募プログラムについて】 企業育成資金というのは、償還制度と割引債トレードが原資となり資金を提供しているという話を以前説明しています。 償還制度とは、一括支払いをするために、銀行もしくは、Fundsにある資金から資金提供す…

血統が国家を作り上げる。魂の先にあるものはなにか?

□血統が国家を作り上げる。魂の先にあるものはなにか? 国家を統治するには、民族別コントロールと資金コントロールをすることで、国家の平和維持を行なうという考え方が存在する。 すなわち、資本主義化を進めて、戦勝国が占領国の治安維持活動にために、軍…

私募プログラムおける人選とは・・「この制度は、権利でなく特権である」

□私募プログラムおける人選とは・・「この制度は、権利でなく特権である」 資本主義社会を発展させるために重要な社会システムであるPPP(私募プログラム)における取引であるが、これは、究極を言えば、公募によって募集されていないことも有り、主催者の考…

日本における私募プログラムについてのはなし

□日本における私募プログラムについてのはなし 筆者は、PPP 私募プログラムについて関心を持って長年研究しております。日本国内、海外ともにいろいろ経験をしてわかったことは、この世界のことは、 経験以外、絶対にわからない世界と言えます。 特に外国で…

申請書類は、今後必要なくなります。「企業育成資金」

□申請書類は、今後必要なくなります。「企業育成資金」 先日、友人から紹介された「M資金」の本にもありましたが、必ずというほど、ネタになる話題としては、「企業育成資金」の確約書のコピーを掲載して、「こんなものが詐欺師が使っている」ということを書…

日本における私募プログラムは、純日本人血統であることが参加条件である理由は、日本人による国家の発展を主催者は望んでいる。

□日本における私募プログラムは、純日本人血統であることが参加条件である理由は、日本人による国家の発展を主催者は望んでいる。 日本に於ける私募プログラム倶楽部への入口は、5世代以上前まで遡っても日本人である純日本人のみが入れるということになる。…

これは、純日本人であることが調査され、血統、家系の歴史を調べて日本民族であることが、私募クラブのメンバーとして、受け入れられる資格である。

□これは、純日本人であることが調査され、血統、家系の歴史を調べて日本民族であることが、私募クラブのメンバーとして、受け入れられる資格である。 先日、知人から新刊で出た本の紹介を受けた。「M資金」関係の本である。しかも、悪質ブローカーを中心に紹…

日本私募プログラム研究所では、認定コンサルタントの育成を行います。

□日本私募プログラム研究所では、認定コンサルタントの育成を行います。 日本私募プログラム研究所では、私募プログラムについて営業するスペシャリストの育成のために勉強会を開催しています。これは、米国証券法、米国愛国者法、米国国土安全保証法に関係…

日本私募プログラム研究会を発足します。

□日本私募プログラム研究会を発足します。 組織図 日本私募プログラム研究会では、日本国内における私募プログラム、債券、ゴールド、株式のB to C取引について研究及び支援事業を行います。 セミナーを随時開催して、日本に於ける私募プログラム(PPP)の認…

企業育成資金のエビデンスが欲しいという人に、エビデンスが提示出来た時点でインサーダーとして法的違反です。つまり、制度說明は問題ありませんが、証拠の提示は、インサイダー取引として罰せられます

□企業育成資金のエビデンスが欲しいという人に、エビデンスが提示出来た時点でインサーダーとして法的違反です。つまり、制度說明は問題ありませんが、証拠の提示は、インサイダー取引として罰せられます。 本ブログでは、企業育成資金の金融的仕組見につい…

企業育成資金の仕組みである割引債 MTNのトレードの仕組み

□企業育成資金の仕組みである割引債 MTNのトレードの仕組み 企業育成資金では割引債を使って収益を得るモデルを行っていると話をしました。つまり、割引債の売買を行なう際に、国債は、法規制で政府⇒民間⇒(中央銀行:準備銀行) という順で取引がすることが…

9月5日(月曜日)大阪・本町心斎橋セミナー開催!****参加者募集中!

□9月5日(月曜日)大阪・本町心斎橋セミナー開催!**** 前回、大阪でセミナーを開催しましたが、引き続き9月にも開催することになりました。筆者が東京におりますので、大阪でのセミナーを開く機会が少ないのですが、是非、この機会にご参加ください。 …

□東京 浜松町・大門セミナーの案内 

□東京 浜松町・大門セミナーの案内 参加資格はブログ読者であれば誰でも無料参加できます。 企業育成資金とPPPについての解説セミナーを随時開催します。 予定は、 8月スケジュール 2022年8月27日土曜日 午後2時から午後4時 9月スケジュール 2022年9月2日(…

日本の本当の姿を理解して、経済立て直しを考えることが大切である。

□日本の本当の姿を理解して、経済立て直しを考えることが大切である。 日本は、UN(連合国)の管理国家であるということを理解して、日本の立場を考えると非常にわかりやすいと本ブログでは説明しています。 日本政府は、UN(連合国連邦)から三権分立の社会…

国家救済の仕組みは割引債を活用した資金調達が政府救済、民間活動資金を生み出すといえる。昭和の高度成長期の資金調達は、この手法が多用され、国家のインフラ開発が行われたと言える。

□国家救済の仕組みは割引債を活用した資金調達が政府救済、民間活動資金を生み出すといえる。昭和の高度成長期の資金調達は、この手法が多用され、国家のインフラ開発が行われたと言える。 昭和の時代から如何に日本経済を作ってきたか?それは、やはり、日…

日本人であるなら日本におかれた立場を理解する事が重要です。

□日本人であるなら日本におかれた立場を理解する事が重要です。 日本は、戦後から現在に至るまでどのような国家だったでしょうか?それを考える上で、日米安保ということを考える必要があります。1951年 昭和26年に結ばれた日米安保ですが、(日本国が米国に…

小さい力の集まりですが、我々の活動が国家救済につながる。

□小さい力の集まりですが、我々の活動が国家救済につながる。 本日は、東京 浜松町・大門セミナー会場にてセミナーを開催しました。企業育成資金の仕組み、PPPに関するしくみを勉強すれば、結論、日本という国のあり方が正しく見えてくるといえます。 国防に…

日本の地方再生プロジェクトを支援するシンクタンクとしてMSA総合研究所は活動していきます。

□日本の地方再生プロジェクトを支援するシンクタンクとしてMSA総合研究所は活動していきます。 企業育成資金の仕組みは、割引債のトレードによる収益という説明をここ最近詳しくしております。割引債は、絶対に負けない仕組みです。 割引率50%や20%に…

地方創生を行なう財源の確保は、日本版PPPの仕組みを活用することで、実現可能になり、この制度を継続的に活用すればいくらでも財源を確保できる。

□地方創生を行なう財源の確保は、日本版PPPの仕組みを活用することで、実現可能になり、この制度を継続的に活用すればいくらでも財源を確保できる。 PPPというのは、G7の経済を支援するモデルであるといえます。つまり、日本は、G7のメンバーでありますので…

企業育成資金は、民間プラットフォームが行っている案件であることを理解するべきである

□企業育成資金は、民間プラットフォームが行っている案件であることを理解するべきである。 結論から言えば、企業育成資金の財源は、国債を中央銀行へ転売する際に、個人名義でブリッジ売買したときの差益を企業代表者に渡しているということになります。確…

2022年9月は、東京セミナーは、毎週金曜日に実施します。 午後2時から午後4時 

□2022年9月は、東京セミナーは、毎週金曜日に実施します。 午後2時から午後4時 2022年9月の東京・浜松町大門セミナー会場のスケジュール決定しました。 [9月は、毎週金曜日 午後2時から午後4時に「企業育成資金とPPPセミナー」を開催します。 企業育成…

G7のメンバー国の優遇政策を最大限に利用する必要がある。

□G7のメンバー国の優遇政策を最大限に利用する必要がある。 企業育成資金というものは、割引債におけるトレードを行って収益を得るということを考えれば答えがわかります。 割引債というのは、債券を割り引いて販売するという金融商品です。2009年以降は…

日本という国がどうなっているのか?

□日本という国がどうなっているのか? 日本という国について、真剣にどのような仕組みで成り立っているのか?ということを考えたことが有るのだろうか?筆者は、「失われた30年」の時代を終局させるための手段について研究することにして、もう15年ほど通貨…

中央銀行であれ、銀行券を発行する場合には、第三者のクレジットラインを利用している。

□中央銀行であれ、銀行券を発行する場合には、第三者のクレジットラインを利用している。 「銀行は、自己資本を持って銀行券を発行してならない」という基本的原則が重要である。中央銀行であれば、通貨発行権があるので、いくらでも通過を発行できるという…

企業育成資金の仕組み説明は、今後セミナー中心に移行していきます。ブログは、地方創生、日本の再建計画についての話を書いていきたいと思います。 予算は、この仕組が一番あります。国家予算外資金を動かすことです。(平和維持活動資金)

□企業育成資金の仕組み説明は、今後セミナー中心に移行していきます。ブログは、地方創生、日本の再建計画についての話を書いていきたいと思います。 予算は、この仕組が一番あります。国家予算外資金を動かすことです。(平和維持活動資金) 企業育成資金に…

大阪セミナーの報告と次回予告

□大阪セミナーの報告と次回予告 昨日は、大阪 本町セミナー会場で「企業育成資金とPPP」についてのセミナーを開催しました。ネットで見つけて予約して事前に下見なしの会場でしたので、どうかなと思っていましたが、ちょうどいい大きさの会場で良かったです…

企業育成資金の申請書類の事前書類の提出をなくす告知事項!

□企業育成資金の申請書類の事前書類の提出をなくす告知事項! 企業育成資金の規準が9月1日より変更します。 ◎8月13日現在 東証プライム資本金100億円以上の企業代表権者個人 ◎9月1日以降は 東証プライム資本金300億円以上の企業代表権者個人 と変更…

企業育成資金及びPPPに関する教育プログラムについて、今後の展開について。

□企業育成資金及びPPPに関する教育プログラムについて、今後の展開について。 明日は、大阪 本町セミナーを開催します。筆者は、今は関西に入っています。今はコロナが流行しており、移動が気になるところです。 さて、関西セミナーは、次回セミナーも計画し…

国、地方再建には、昭和の大政治家が使った手法を民間名義人がおこなうことで、日本の救世主になることができる。

□国、地方再建には、昭和の大政治家が使った手法を民間名義人がおこなうことで、日本の救世主になることができる。 地方再建を行なうために、必要な財源は、国家予算外資金(企業育成資金)の財源を使って行なうことでこれから、各地方にいる有力者の有志に…

地方経済を再生するための銀行への提案内容について、企業育成機構のメンバーに連絡します。

□地方経済を再生するための銀行への提案内容について、企業育成機構のメンバーに連絡します。 企業育成資金の活動で、当ブログの読者で作る任意団体「企業育成機構」の活動方針について 目的は、国家予算外資金を活用して、日本の地方再生を行なう ことを活…

Flag Counter