実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

企業育成資金の仕組みを正しく理解すると日本版PPPのことである。

□企業育成資金の仕組みを正しく理解すると日本版PPPのことである。 企業育成資金について、長年説明をしてきましたが、今まで説明してきた内容のことを理解すれば、企業育成資金の仕組みとなぜ、このような制度があるのか?理解が出来ると思います。 ただ、…

世界経済の本当の仕組みが理解できなければ、企業育成資金の仕組みが理解できない。

世界経済の本当の仕組みが理解できなければ、企業育成資金の仕組みが理解できない。 企業育成資金を追求していけば、トレーダーデスクという事になります。プライマリーバンクのトレーダーデスクは、中央銀行の関与、財務省の関与することが禁止されています…

PPPの仕組みを理解すれば、企業育成資金が世界的金融システムによって成り立っているのか理解できる

□PPPの仕組みを理解すれば、企業育成資金が世界的金融システムによって成り立っているのか理解できる。 企業育成資金の話を追求していくと、その先には、PPP運用になり、PPP運用とは、なにか?というとプライマリーバンク(準備銀行)間で取引される「MTN Me…

企業育成資金は、信用創造の資金を生み出す仕組みを支援するモデルでもある。

□企業育成資金は、信用創造の資金を生み出す仕組みを支援するモデルでもある。 企業育成資金の仕組みを理解するには、PPPの仕組みを理解する必要性があります。 PPPというのは、準備銀行(プライマリーバンク)がMTN(Medium Term Note) 中期債を発行する際に…

PPPなぜ生まれたか?その仕組を理解することで世界の通貨の仕組みが理解できるようになる。それが理解できれば、企業育成資金の仕組みが完全に理解できる。

PPPなぜ生まれたか?その仕組を理解することで世界の通貨の仕組みが理解できるようになる。それが理解できれば、企業育成資金の仕組みが完全に理解できる。 通貨発行の仕組みである法律「銀行は、自らの銀行担保により銀行券を発行してはならない」というル…

【重要】この内容が理解できれば、企業育成資金の存在する仕組みと理由がわかる。

□この内容が理解できれば、企業育成資金の存在の理由がわかる。 企業育成資金は、PPPが存在するために、この制度が成り立つといえます。PPPというのは、FRBのライセンス持ったトレーダーが、行うトレードということは、本ブログでは説明しています。それでは…

企業育成資金の仕組みを実現させるPPPの仕組みは、MTNのトレードが関係している。

□企業育成資金の仕組みを実現させるPPPの仕組みは、MTNのトレードが関係している。 企業育成資金について現実化させている取引というのは、一体どういうことでしょうか?その答えは、日本では馴染みのない制度「MTNのトレード」という世界です。 MTN(Medium…

日本国の財政不安の解消は、この第三の財源の活用を増やす以外、方法はない。(企業育成資金の活用件数の増加)

□日本国の財政不安の解消は、この第三の財源の活用を増やす以外、方法はない。(企業育成資金の活用件数の増加) ついに、130円代後半の相場になりつつあるドル円相場ですが、その原因は、日本円の弱さというよりも、政府方針が転換できないジレンマがあ…

債権大国である日本の与信枠を利用した資金調達と、民間の1億ドル以上の与信枠というPPPの仕組みを利用した償還システムによって成り立つ企業育成資金の制度について知る。

□債権大国である日本の与信枠を利用した資金調達と、民間の1億ドル以上の与信枠というPPPの仕組みを利用した償還システムによって成り立つ企業育成資金の制度について知る。 企業育成資金の謎、巨額資金の提供するためのからくりというのは、実は日本国が世…

日本国は、世界に資金を貸し出している債権大国であるといえます。ある意味、世界最大の金貸し国家であるといえます。その与信枠を使って、現金調達する仕組みが、償還制度とPPPによる運用システムです。

□日本国は、世界に資金を貸し出している債権大国であるといえます。ある意味、世界最大の金貸し国家であるといえます。その与信枠を使って、現金調達する仕組みが、償還制度とPPPによる運用システムです。 日本は世界ナンバーワンの債権国 巨額資金の幻想は…

巨大資金の幻想は、投資銀行からの資金調達ということ

巨大資金の幻想は、投資銀行からの資金調達ということ 企業育成資金の解説について言えば、巨大資金、京の単位の資金が有るという説明を言う人物をみたことがあるが、厳密を言えば、間違いである。 企業育成資金の巨大資金の話は、これは、あくまでも日本国…

ドル建てで考えれば、円建て資産は、どんどん小さくなる現実。国際金融における運用制度について理解しなければ、日本の危機的状況を救済できない。

□ドル建てで考えれば、円建て資産は、どんどん小さくなる現実。国際金融における運用制度について理解しなければ、日本の危機的状況を救済できない。 現実問題として、悪い円安は進行しています。その原因は、結論から言って、日本政府の国債の問題になりま…

防衛費の増額をすれば、それ以外の財源確保は、第三の財源から補填する仕組みを考えることが重要です。

□防衛費の増額をすれば、それ以外の財源確保は、第三の財源から補填する仕組みを考えることが重要です。 日本の防衛費 GDP費1%を2%へと言う方針が一気に進めている政府、ロシアのウクライナの侵略、北朝鮮のミサイル実験と日本の海を隔てた隣国の動きを…

第三の財源(民間財源)を活用して、日本の底上げを考える。

□第三の財源(民間財源)を活用して、日本の底上げを考える。 結論として日本は、PPPからの資金の受け入れをするのか?どうか?ということになる。すなわち、企業育成資金は、日本国の保証で資金を銀行から調達して、PPPによって償還する仕組みを行っていま…

日本全国に広がる整備新幹線事業について考える。

□日本全国に広がる整備新幹線事業について考える。 整備新幹線事業について、これは、財源が国や地方自治体が負担をすることで、実現する新幹線の整備事業のことです。しかし、現状は、各地方自治体は、整備新幹線事業に負担金について捻出することに懸念す…

第三の財源を使った地方再生計画について

□第三の財源を使った地方再生計画について 地方自治体などを見ていると都市整備計画や産業誘致計画など、多岐にわたって計画ありますが、実際には、青地図を書きましたが、財源確保が困難という理由で、計画が実行できていないというケースを多く見ます。 第…

民間財源を活用した日本の復活のストーリーを実現する。日本の地方再生、地方創生の仕組みをコンサルティングをする業務を強化する。

□民間財源を活用した日本の復活のストーリーを実現する。日本の地方再生、地方創生の仕組みをコンサルティングをする業務を強化する。 第三の財源と言われる民間財源を活用して、日本の地方創生、日本経済の復活をすることを目指しています。本ブログでは、…

企業育成資金の制度を簡単に説明すると

□企業育成資金の制度を簡単に説明すると 企業育成資金は、天皇家が国民のために準備している民間財源ということを理解してください。金融の仕組みについては、過去のブログに詳しく説明しています。ブログの読者の方から難しい筆者の話がむずかしく、特に金…

6月になりました。企業育成資金の話については、特に地方再生、民間財源を活用した道州制度の設立の提案などに力を入れていきます。

□6月になりました。企業育成資金の話については、特に地方再生、民間財源を活用した道州制度の設立の提案などに力を入れていきます。 企業育成資金というものは、日本を代表する経営者に対して、資金提供する案件になっています。これは、償還制度と天皇家…

日本の資本主義におけるピラミッド構造の理解と通貨流通システムについて理解をすることで、日本は復活できる。

□日本の資本主義におけるピラミッド構造の理解と通貨流通システムについて理解をすることで、日本は復活できる。 資本主義の構造ということを理解することが大切です。資本主義の構造は、完全にピラミッド構造になっています。資本主義というのは、銀行券の…

企業育成資金の活用件数を増やすことが当研究所の目的です。

□企業育成資金の活用件数を増やすことが当研究所の目的です。 企業育成資金という制度について、本ブログでは、詳しく説明してきていますが、日本の資本主義社会におけるピラミッド構造の頂点に位置する制度であるということを説明しています。連邦準備制度…

ピラミッド構造の資本主義における日本の復活のストーリーの奇跡を考える。

ピラミッド構造の資本主義における日本の復活のストーリーの奇跡を考える。 ここ数回にわたり、企業育成資金は、日本経済における資本主義の頂点に位置する金融フローであると説明しました。連邦準備制度と天皇家の金融システムを通じて資金を日本の資本主義…

企業育成資金の世界を理解するには、日本の資本主義構造を理解しなければならない。

□企業育成資金の世界を理解するには、日本の資本主義構造を理解しなければならない。 資本主義のピラミッド構造 企業育成資金というのは、日本の資本主義の仕組みを理解しなければ、その回答を見つけられないということを前回のブログでも説明しました。 資…

日本の資本主義構造を理解する上で非常に重要なこと。この構造が理解できれば、日本の復活は必ずできる。

□日本の資本主義構造を理解する上で非常に重要なこと。この構造が理解できれば、日本の復活は必ずできる。 資本主義社会というのは、ピラミッド構造になっているということは、多くの方が理解しているでしょう。一ドル札に刻まれた「ピラミッドとプロビデン…

日本における資本主義の頂点を知ることで、日本の経済再生は、可能である。

□日本における資本主義の頂点を知ることで、日本の経済再生は、可能である。 資本主義社会というのは、一体どのような構造になっているかを理解することが日本の復活のストーリーを描くことができます。 すなわち、日本の資本主義経済におけるピラミッド構造…

第三の財源(民間財源)の仕組みを理解して、日本の再建を果たすことが重要である。

□第三の財源(民間財源)の仕組みを理解して、日本の再建を果たすことが重要である。 本ブログの目的は、日本の第三の財源を活用して日本の復活を遂げる方法について考えることです。長年、ブログで紹介しているように、日本には、一般会計と特別会計以外の…

国家再建には、日本の土地改革を行う

国家再建には、日本の土地改革を行う これは、一つの提案ですが、土地開発を行うには、昭和の時代は、土地開発公社が全国に設立して、公社が資金を出して都市整備計画に従い土地の区画整備などをおこなっていた歴史がありました。 それとどうような制度を、…

地方再生は、日本国の第三の財源の仕組みを最大限に利用する。

□地方再生は、日本国の第三の財源の仕組みを最大限に利用する。 筆者は、なぜ第三の財源といわれる天皇家の金融システムによる運用財源について注目しているかの理由は、表の財源である政府財政が非常に厳しい状況にある中で、国家を建設するための財源を以…

日本の第三の財源を最大限に活用することは、地方再生、国家の再生にとって重要なことです。

□日本の第三の財源を最大限に活用することは、地方再生、国家の再生にとって重要なことです。 毎日、いろいろな角度から企業育成資金についての話題を書いています。これは、国家を建設するための資金の仕組みです。天皇家に与えられた資金の運用システムを…

信用創造の世界は、理解できなくても資金を生み出す仕組みがあるということが信じられれば、企業育成資金を有効的に活用できる。

□信用創造の世界は、理解できなくても資金を生み出す仕組みがあるということが信じられれば、企業育成資金を有効的に活用できる。 日本で都市伝説化している話の多くは、PPPの概念と、クレジット・ラインという世界の話になります。 与信枠の世界というのは…