デパート、量販店のピンチ

デパートの赤字決算 https://news.yahoo.co.jp/articles/341a30775c0800b6c79355515511601908686929 コロナショックの不況の結果、業績悪化は非常に厳しい状況というニュースが流れていました。 量販店、デパートなどは、小売業に属しますので、その場合は、…

航空業界のピンチをチャンスに変える方法

航空業界のピンチ https://news.yahoo.co.jp/articles/4193bece491a8a06ffd3ae15b8753d2d51413461 ニュースを見ているANAの経営危機がかなり報道されています。 確かに、外国人観光客前年度比99%ダウンでは、企業存続は厳しい状況です。 ここで、財閥系資…

地方自治体に打ち出の小槌をつくるアイデア。

政令指定都市の破綻か? https://mainichi.jp/articles/20201013/k00/00m/040/125000c ニュースを見ていると京都市の財政が非常に緊迫しており、来年度2021年の予算では、500億円の不足が生じる事が判明したということだ。 日本一の観光地として有名な京…

長崎新幹線の整備事業費は、企業育成資金とコラボで実現可能です。

長崎新幹線の負担金をどのようにするかの問題があります。 ニュースでも報道されています。この問題は、地方自治体にお願いするのでなく、企業育成資金とコラボすれば問題なく実現可能な話です。 https://trafficnews.jp/post/100268 長崎新幹線整備事業費は…

四国新幹線整備事業を企業育成資金とコラボすれば実現可能です。

四国新幹線という、現状で言えば、どこからそれだけの投資資金をもってくるのか?という計画があります。 http://www.shikoku-shinkansen.jp/ こちらのサイトを参照すると、 事業費は、総額で1.6兆円ほどかかるようです。 それ以外にも駅周辺の整備事業な…

整備新幹線事業は、企業育成資金の活用で借金ゼロ経営 提案します!

日本全国に新幹線を通そうということで、始まった「整備新幹線計画」さて、現在まででどれだけ達成できたでしょうか? 整備新幹線事業 太平洋側は、かなり実現しましたが、日本海側はほとんど、実現していません。四国新幹線もまだできていないのが現状です…

地方経済の救世主は、銀行、信用金庫の代表者と企業育成資金のコラボ企画だ

地方経済の救世主になるのか? 地銀と信用金庫・・・政府方針などでは、地銀再編などという話をよく耳にします。 しかし、企業育成資金という存在を認識していただければ、地銀の存在、信用金庫の数の多さは、実は地方救済の起爆剤になることに気づいていま…

愛は地球を救う。それは、「社長の銀行口座は地球を救う」ということです。

お金の使うアイデアと、引き出すアイデアを考える。 あなたに、もし10兆円のお金を与えると言われたら、あなたは何をしますか?禁止事項、貯金は駄目です。すべて1年以内に使い切ることが条件です。 意外と、それを考えるのは難しいことに気付きます。 1…

道州制実現に向けて全国に道州制管理機構株式会社を設立する案!

日本には色々アイデアがありますが、資金不足という理由でできない大型案件が多数あります。そんな計画を実現させるが、この国家の安全保障費を捻出するために運用されている財源である資金の活用です。 民間財源ではありますが、この資金は、安全保障費と企…

無税国家の実現は、「社長、銀行口座貸してください」「よし、わかった!」というやり取りだけ

無税国家という考え方をご存知ですか? https://www.youtube.com/watch?v=5ZBiBB7f1x0 松下幸之助氏が提唱した国家のあり方です。 この動画を見ても「赤字国債の体質」⇒緊縮財政になる⇒国家の衰退ということを憂いています。 現在の日本はまさに、その通りに…

請求金額を増額は歓迎ですが、減額はできない資金!

コロナの影響は、特に中小企業を中心に激震が走っています。倒産、廃業企業が増えています。体力のある大企業であっても、大きな赤字が続いている状況になっています。やはり、前年度比マイナス28%というGDPは、過去に経験したことがないレベルでの景気悪…

環境問題を救う財源は、日本から捻出できる。

環境問題について世界的に統一した動きがあります。それは、緊急に対応しなければ、世界の環境破壊が止まらない。人類の生きていける地球環境ではなくなる。それを防ぐために、世界が協力するべきだ。 という流れ、地球環境変化、すなわち、一節では小氷河期…

神を見ることができる方法を伝授している。

人生において、どのような「生き様」を描くかは、その人の思考に大きく影響される。人は、何かを行ってみたいという熱い思い心の奥底にもって生まれてくる。はじめから、何もできない人で死ぬまで終わらしたいという考え方はない。 生き様がどのような軌跡を…

大風呂敷を広げろ、そうすれば、信じる者は救われる!

「大風呂敷を広げろ!」その思考が重要です。 大風呂敷を広げるとは、実現するはずもないほらを吹いたり、大げさなことを言ったり、計画したりすること。 そうです。企業育成資金の話をすれば、「大風呂敷」になるのです。 PPP運用された資金というのは、実…

国土強靭化及び道州制管理会社は、民間企業でおこない企業育成資金を活用して行う事業計画。実現は、問題なく可能です。

当研究所では、一つのテーマを考えています。すなわち、国土強靭化の整備事業と道州制における財源は、国家の安全保障費を捻出するために運用されている資金よりその財源を確保することを考えています。 すなわち、企業育成資金と言われる資金です。本ブログ…

正社員の副業禁止規定が、日本の国力衰退と日本経済を駄目にしている!

正社員の副業禁止を決めている会社が日本には多く存在します。日本の法的には、職業選択の自由が保証されていますが、社内秩序を乱す可能性がある、また、正社員の就業時間以外に仕事をすると過労とともに、正社員としての作業に影響がでるので、禁止である…

コロナショックの大不況も、これで一気に問題解決!企業育成資金!

コロナショックの景気低迷、また、企業収益の激減の深刻さは、さほど報道されていないように感じるが、実際には随分ひどい状況になっているのではないかと思います。連日、航空業界の厳しい現状が報道されています。 この財源の当初は、民間私財の財源が原資…

償還制度は過去の話、現在は、返済など必要ない謝礼として資金提供される。

昔から謎が多いと言われる巨大資金の提供案件は、国家の安全保障費の捻出のために運用されている財源を安全保障費と民間向けの企業育成資金(基幹産業育成資金)を 安全保障費:企業育成資金=8:2 で分配する案件であると説明しました。 昔は、この資金の…

鉄道会社へのメッセージ

コロナの影響で、利用者が大幅に減少した鉄道会社に関しても、言えることは、資本金が100億円以上で東証一部企業であるならば、鉄道企業に対しても企業育成資金が活用できます。 新聞報道などを見れば、乗降客が大幅減少したことによる大幅な赤字に転落と…

主催者は、企業育成資金を活用することは、大歓迎です!初めてのお客さまも大歓迎!

この資金について3年近く説明していますが、なかなか理解できないという声も聞かれます。この資金は、巨額な運用益はありますが、問題は、送金を実施しなければ、1円の現金化もできないという特殊な資金になります。運用益は、データー上では巨額になってい…

道州制導入に強い関心があると思われる地域

道州制ブロック経済圏計画の発想を書いています。企業育成資金を使ってどうすれば、新たな日本の経済発展をするための構想を作り上げることができるかを書いています。 やはり、日本全国で同時に行うのは、不可能です。割合道州制に前向きな地域と、対象企業…

道州制導入への予算の生み出し方。道州制ブロック経済圏を支援する企業代表者がいれば実現可能

道州制ブロック経済構想について、色々アイデアを考えています。国家の安全保障費として運用されている財源の使用用途は、下記のとおりになっています。 全体を100%として ①日本の安全保障費 40% ⇒中央政府の財源②米国の安全保障費 40%③企業育成資…

企業育成資金を活用した道州制度導入への提案

日本を復活させるには、やはり、中央集権における経済圏をつくるよりも、道州制を導入して、日本列島を10箇所のブロック経済を作り独自の収入源を持つことが重要だと考えます。 すなわち、中央集権制度は、財源を一箇所に集めてそこから分散させる制度をと…

地方経済の復活、道州制ブロック経済構想と道州制資金管理委員会の設立の提案 財源は企業育成資金を活用

中央集権から地方分権へということで、道州制の導入が期待されています。それを実現するには、中央からの財源に頼らない独自の資金調達ルートを確保しなければなりません。それを行うには、地域の有力企業の代表者が集まり、そこで、企業育成資金を受け取れ…

地方創生を考える

企業育成資金の活用方法についての提案ということで、書いています。やはり、現在日本は中央集権制度により社会を構成しています。しかし、地方衰退が著しく、なんとかそれを食い止めるにはどうするべきかという問題があります。やはり、地方にも巨額な財源…

道州制実現のために当研究所は、応援します。

道州制の導入について考えてみたときに、財源はどうするのか?という問題があります。例えば、九州の例をとって考えてみたいと思います。 まずは、道州制の定義は 「道州制(どうしゅうせい)とは、行政区画として道と州を置く地方行政制度である。 府県制、…

地方経済の発展モデル(道州制を実現するには)この企業育成資金の財源を活用するのが最も有効的

経済の発展には、人間がやってみたいという要求を満たすための財源をあたえることであると筆者は考えます。 そこで、提案ですが、信用金庫の代表理事さんに言いたいことは、地方の商店街や地域密着した個人商店、町工場などを応援するために、新規事業を計画…

インフラ整備事業は、企業育成資金を活用することで、借金ゼロで整備事業ができる。

新幹線を誘致したい地方自治体は、あります。しかし、いくつも都道府県をまたいで建設するために、メリットが出る場所とそうでない場所があります。 最終的には、目的地になる最終駅の地域は経済活性をするが、中間駅、また、経由地になる場所は、ただ通過す…

企業育成資金を使った錬金術の方法 

さて、企業育成資金の歴史的な話から、どんな仕組みによって、資金が捻出されるのかは、このブログで随分説明してきましたので、そのことは、しばらく書きません。そこで、企業育成資金の攻略法ということで、書きたいと思います。 この資金の特徴は、資本金…

財源不足で悩んでいた事業は、企業育成資金を活用すればすぐに、財源確保はできる。

日本国の安全保障に関わる問題といえば、食糧問題、エネルギー問題も重要な課題です。国策事業として本来は、展開をして食料自給率を100%にすること、エネルギー自給率 国産化100%を目指すことは、国家の安定にとって非常に重要になります。また、再…