安定した資本主義経済発展のために重要な案件、企業育成資金

企業育成資金についての話をする上で、重要なポイントは、通貨発行と中央銀行という関係です。現在、銀行券(通貨)発行できるのは、中央銀行のみになっています。 企業育成資金の話をすれば、 ◎イングランド銀行⇒中央銀行 ⇒ TRUSTの管理銀行 ◎FRB(連邦準備…

経済の基本を知れば、本案件の意味が理解できる。

お金の世界の話をすれば、私達が目にしているお金の多くが、クレジットであるという現実です。銀行から借り入れすることで生まれた資金ということになります。現金とは、クレジットとは違い借り入れすることなく存在している資金ということになります。 すな…

デフレの原因は、この企業育成資金の現金投入ができていないからである。

東証一部企業の製造業、基幹産業(電力・鉄道)、(情報・通信)を含む企業に対して、資本金には大きくこだわらず資金提供できる案件もあります。 従来は、資本金100億円で製造業・基幹産業を含む企業を対象に募集しておりましたが、それより幅広いレンジ…

企業育成資金の申請から資金調達までのプロセス!

企業育成資金をいざ、申請しようと思った際に、どのような過程で申請して、合格へのプロセスがあるのかを解説していきたいと思います。 企業育成資金を申請するに当たり、資金本部といわれる資金を管理している窓口にアプローチする必要があります。資金は、…

企業育成資金の巨額財源を現金化するには名義人が必要になります。

企業育成資金と日米安全保障費の捻出のために行っている案件についてですが、この案件について、詳しく説明するもの少なく、この制度について、都市伝説香しており、また、この制度を真似て詐称事件をおこした犯罪者も多く存在したことで、この特殊案件につ…

この制度の最大の特徴は、特別な権利である。

企業育成資金の管理は、銀行に管理させているTRUSTであるということは、説明しました。また、運用方法に関しては、FRBのPPP運用の仕組みを活用して運用している資金ということになります。これは、銀行のトレーダーが行う作業です。 この資金については、全…

特別な案件の意味を知ろう。

戦後復興財源と言われ、イングランド銀行にTRUSTに資金を預け運用した資金を日本の産業育成のための資金として活用した歴史についていろいろ調べていくと、これは、近代史として学校では教えない内容ですが、大学で研究するには十分な学術的な話になるかと思…

この資金を動かす条件は、口座名義人が協力してくれるだけで、いくらでも資金を動かせます。

企業育成資金については、過去の歴史の話などや運用の過程などの話を抜きにすれば、某都市銀行に委託管理を任せている資金になります。 すなわち、資金は銀行管理されているものであり、資金の引き出しに対するプロセスが重要になります。 管理を任されてい…

安全保障費の負担増を言われる今、この資金の移動するための名義人が重要になります。

企業育成資金についての解説をする中で、資金は、銀行に預けているTRUST管理している資金ということは、何度も説明しています。その仕組については、本ブログの読者は理解できたのではないでしょうか? 現在、米国と日本との間で、米軍への負担金の増額につ…

落ち着いてこの資金の仕組みを理解すれば、日本の将来を明るく照らすことができる。

企業育成資金と言われる東証一部、銀行、信金の代表権者個人に提供される給付金制度について、解説していますが、これは、銀行管理されたTRUSTの資金ということになります。TRUSTとは、銀行に運用委託して、後世の条件を満たした人に、資金を提供するために…

この資金、誰のものかと興味を持たれますが、これは、銀行管理されたものです。

「企業育成資金」の話をすると、巨大な資金が動く話ですから、どうしても、中央省庁のどこかの偉い人が管理している資金ではないかという質問があるのですが、これは、日本の霞が関の中央省庁が直接的に管理している資金ではありません。皇室資金といっても…

仕組みを理解して積極的に橘資金、育成資金を活用しよう。

銀行管理された資産「TRUST」というものを中心に物事を考えることが重要です。企業育成資金について、説明をする際に、どうも歴史的な話を好んでする傾向がありますが、現時点だけの話をすれば、銀行管理された資産運用「TRUST」における運用益の分配をして…

周囲の間違った情報に振り回されてはいけない。

「企業育成資金」についての説明を継続的に行っています。これは、イングランド銀行におけるTRUSTによって運用されて、条件を満たした日本の企業の経営者に資金提供されている案件であると説明をしています。 すなわち、TRUSTというのは、銀行における資産防…

銀行における最高のセキュリティーレベルにおける案件

長年、存在について謎だといわれていた企業育成資金について、説明をしています。すなわち、この制度は、銀行管理されたTRUSTの資金ということになります。TRUSTとは、銀行が資産を預かり、後世の人のために資産防衛をしながら、資金の運用をする制度で、委…

銀行管理されたTRUSTの資金ということを理解すべきです。

youtu.be 大企業経営者に提供される巨額資金である「橘資金」及び「育成資金」についての制度について解説をしています。 この資金は、皇室資産(貞明皇后の私財など)及び旧財閥資産を戦後の復興財源としてイングランド銀行のTRUST(信託)預けて、長期運用…

後世の人へ運用されているTRUSTの財源を、引き出さずにいることのもったいない話。

youtu.be 謎が多いと言われている企業育成資金については、結論から言えば、欧州の銀行が行っているTRUSTという制度を活用しているということになります。TRUSTとは、銀行に資産を預けることで、銀行が委託された資産を運用し、後世の人に対して、資産防衛を…

TRUSTにおける引き出し条件を理解しよう。

youtu.be 企業育成資金と言われる大企業(東証一部、銀行、信金)の代表権者個人に返還不要の資金として巨額資金が無償提供される給付金制度について、追求していけば、『TRUST』という制度が関係しています。 前々回から特にTRUSTという制度について説明を…

歴史的背景とTRUSTの制度を理解すれば、この資金の本質が見えてくる。

youtu.be 2月も最終日、明日から3月になります。月日は経つのが早いです。日本には「企業育成資金」という戦後から続く大企業経営者に提供される巨額資金があるということについてブログで紹介してきました。 本当にそんな制度があるのか?メディア報道で…

橘資金についての制度、歴史、金融制度を理解することで、コロナ渦で苦しむ日本経済を救済することができる。

youtu.be かつては、基幹産業育成資金と言われた皇室から出る資金「橘資金」の話を中心に本ブログを書いています。現在は、橘資金と旧財閥の育成資金の2種類の資金がありますが、 これは、2005年頃、橘資金(皇室資金)のオーナーが、旧財閥銀行に対し…

一度申し込み受理されなかった申請者も一定期間を開ければ、再審査して申し込み可能になるケースがあります。

youtu.be 橘資金と旧財閥の育成資金についての説明をしています。 橘資金は、皇室資金と言われる資金で、大正天皇の皇后である貞明皇后の資産をイングランド銀行に信託(TRUST)して運用している資金を、東証一部の製造業、基幹産業企業の経営者に返還不要の…

国難を乗り越えるためには、橘資金と育成資金の仕組みを理解すれば、簡単に問題解決ができる!

youtu.be 大企業経営者に提供される資金として都市伝説のように言われていた資金ですが、真実を言えば、橘資金(皇室資金)であるということが言えます。橘資金は、もともとは、大正天皇の皇后である貞明皇后の資産を戦後復興財源としてイングランド銀行に信…

コロナ渦で厳しい経済状況を乗り切るために

ここ最近、橘資金と育成資金についてのブログの更新ができていません。筆者の都合ですが、業務が少し忙しく、更新することができませんでした。 さて、本資金を実際に実行するには、どうすればいいのか?というのは、資金提供者すなわち、資金オーナーとお会…

橘資金を如何に申請するか?

youtu.be 橘資金(皇室の資金)についての説明をしています。現在、この資金について活動されている方は、当研究所の関係者を含め多数おられると思います。 しかし、この企業代表者に提供される資金の条件については、多くの方が理解していますが、一体どう…

どうなる国家の舵取り

国会中継を時々見ていますが、コロナの緊急事態宣言で国民生活、産業支援をどうするかを論じるより、議員のスキャンダル問題が話題になっているのを見て、この危機においても、この国の舵取りはどうなっているのだろうか?と思うのは、筆者だけでしょうか? …

新たな試みを始めた。音声ブロブで新しい角度でアプローチしています。

新しい試みで、本ブログを、音声にしてみたらどうかとおもって、音声にしてみました。筆者も個人的にはなかなかいい感じにできたと思っています。文章として、ブログを書くことも大切かと思いましたが、やはり、音声にすると、もっとインパクトが感じられま…

1月も最終週です。2月からは、積極的にいきます。

1月も最終週になりました。今年は、正月明けからコロナ渦による緊急事態宣言でした。今年はスタートから非常に厳しい状況になっています。外出を自粛するように政府から要請がありますので、それに従い、経済も自粛ムードがであります。都内を見ていても閉店…

政府財源が厳しい中で、この育成資金を活用件数を増やすことで国難を救済することができる。これを積極的に話ができるのは、民間人の立場である貴方の役目です。

このブログを書き始めて、700本の記事を書いたことになります。今の記事で、701本目になります。継続して、育成資金と橘資金のことを書いていきます。はじめは、育成資金、橘資金という名称を出していませんでしたが、できる限り、正しい名称でお伝え…

最近、本案件に対して関心を持つ方が増えているように感じます。

育成資金についての問い合わせが増えています。育成資金について、関心がある人が増えてきているのではないかと思っています。 このブログも2018年から書き始めていますので、3年の歳月をほぼ毎日ブログを書いています。現在の総アクセス数は、16万5000…

コロナ渦の長期不景気に育成資金を活用して現金給付を!

育成資金(橘資金)についての話をこのブログでは紹介しています。これは、海外で運用された資金を送金し、指定都市銀行の申請者の個人口座に資金を振込む案件になります。 このことは、過去のブログでも説明をしています。 イングランド銀行の信託(TRUST)…

赤字国債を後世に残さないためにもこの制度が活用できる。

今、多くの国民が給付金を求めている中で、大臣の話で「給付金は、税金で賄っていると思っているのか?赤字国債で賄っているのだ。借金で給付金をだしているということは、後世にこの借金を残すのか?」という発言が、ニュースで話題になっていました。 赤字…