実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高1500億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!短期国債★日本国内のPPP全般情報 ★自由で開かれたインド太平洋構想★世界共通通貨・貿易決済を変えるデジタル米国債通貨(DBN)の世界★毎月給料のように給付がある小口PPPの仕組み(発展途上国でブーム)欧州発・ベイシックインカムの世界★MSA総合研究所

「天皇制資本主義社会」と「2つのPPP」を軸に日本経済の再建を目指すために、本ブログを執筆しています。一つ目のPPPは、企業育成資金という財源を投入し、2つ目の財源である官民パートナーシップとしてのPPPを活用することで、公共投資の促進を行います。日本の地方創生、産業育成、民間財源における道州制の実現、国際貢献、令和の所得倍増計画を実現させます。連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

2023年は、今までの銀行システムは、崩壊し、デジタル通貨による世界共通決済システムが一般的になる可能性が大きい。

2023年は、今までの銀行システムは、崩壊し、デジタル通貨による世界共通決済システムが一般的になる可能性が大きい。 2023年になりました。日々時間がすぎるのが、早いです。光陰矢の如しということわざがありますが、時間のすぎる速さを考えれば、…

小口の PPP は企業育成資金を活動する上での基礎収入になると考えてご案内しています。

来年度の計画については集団でのセミナーに関しては月に1度程度のペースで行おうかと考えています。 基本的には企業育成資金と小口の PPP についての話もします。 その他はもういくつかの案件はありますがその都度時間を見て話をすることになると思います。 …

運用することで所得倍増計画を考えるならば日本だけの角度で見るべきではない。

電子国家や電子国民という言葉をご存知でしょうか。 北欧の国エストニアで電子国民を募集しているという記事を読んだことがあります。 すべてがコンピューター上で行政に関する手続きができ国籍は取らないにしても市民権からすべてバーチャルな世界でいるこ…

どのようなコミュニティーに属するかで、これからの時代、その人の生き方が決まってきます。

どのようなコミュニティーに属するかで、これからの時代、その人の生き方が決まってきます。 最近は、令和の所得倍増計画や、新しい資本主義ということを論じて現政権が誕生しましたが、全くそんな話がなくなり、防衛増税から始まり、増税倍増計画になってき…

小口の PPP についての概念について少し話をします

さて今日は小口の PPP についての話をしたいと思います。 これはヨーロッパのスイスのプラットホームが行なっている案件では当ブログの直接筆者の友人の方向けに紹介しているプログラムです。 ppp ですからこれは必ず友人からの紹介という風な Friendship を…

近未来の世界について語ってみる。デジタル通貨は銀行業務をなくし新しいマネタリーシステムによって世界が変わります。

2030年の日本ということで少し話をしていきたいと思います。 2030年といえばこれから7年先の話ですがどのようなことが起こっているかといえば一番大きな変革というのは通貨に対してデジタル化が一気に進むということがいえます。 すなわち法定通貨におけるデ…

差し迫る国家の危機に対応するにはこの制度を活用するしかない

今年も残すところあと二日になりました。 今年は年始から企業育成資金に関するセミナーを行い日本全国から多くの方が参加いただきました。 新しい取り組みとしておこなったのですがブログを通じて多くの方がこの件について関心を持っているということがわか…

企業育成資金についての基本的なことその2

企業育成資金について追加で基本的な内容の話をしていきたいと思います。 これは東証プライムの資本金100億円以上の企業が対象となる案件ですが企業育成資金という名称ですから非常に混乱するのですが企業代表者資金と言った方が正しいのかと思います。 東証…

企業育成資金の基本的な内容についての解説

最近は企業育成資金について難しい理論についての話が多いので基本的なことを話していませんでしたから今日は基本的な内容について説明したいと思います。 これは東証プライム資本金100億円以上の代表権のある社員日本国籍の方が申請できる資金になります。 …

信用金庫について

企業育成資金の信用金庫の条件について説明させていただきます。 基本的には預金高3000億円以上という希望はありますが地方都市などで人口が少ない場所では預金高3000億円というハードルを決めるとクリアできない地域が多数あります。 そのために最低条件と…

2023年は、戦後78年で国家最大の危機であると認識すべし

2023年は、戦後78年で国家最大の危機であると認識すべし 企業育成資金の仕組みについては、2018年から本ブログでは、解説してきていますが、その中で、重要なことは、これは、日本にとっての第三の財源ということで、国家予算外資金として資金調達でき…

戦争国債を発行するようになれば、これは、完全に憲法違反と言えることを行おうとしている。財源確保の方法は、企業育成資金を動かす以外方法がない。

戦争国債を発行するようになれば、これは、完全に憲法違反と言えることを行おうとしている。財源確保の方法は、企業育成資金を動かす以外方法がない。 日本も大きな変革の時期が来ている。日本国憲法における戦争放棄の概念について、根本から覆す可能性があ…

世界構想について

世界構想について これからの世界、どのような世界になっていくのか?その変化の時が来たといえます。以前から宇宙軍ができるという噂がありましたが、ついに日本にも宇宙軍ができるということが閣議決定されたということが昨日のニュースで流れました。 こ…

宇宙防衛軍? の世界への突入か?

宇宙防衛軍? の世界への突入か? https://www.jiji.com/jc/article?k=2022122500104&g=pol https://news.yahoo.co.jp/articles/60c41e7a9787db5a2da69f054882a8b0db77a55d 航空宇宙自衛隊のニュースが流れていた。ついに閣議決定して新しい名称になったとい…

企業育成資金のリモート申請について

企業育成資金のリモート申請について 企業育成資金については、リモート申請が適応される場合があります。本来ならば都内の指定場所に出てきて面談をしてから資金投入の手続きをするのですが、リモート申請を対応するケースもあります。 つまり、申請者が面…

企業育成資金が動かないということは、日本の安全保障費の危機を生んでいます。

企業育成資金が動かないということは、日本の安全保障費の危機を生んでいます。 この一週間は、スリランカに出張に行ってきました。今日から東京で仕事をスタートしています。基本的には年中無休で電話対応はしていますので、気になることがあれば連絡くださ…

南国で実は豊かな国@スリランカ

やはり、行ってみないとわからない事実がありますが、デフォルトで相当たいへんなことになっているのではないかと心配し渡航したのですが、大変だったのは、デフォルト宣言がした厳戒令の10日感だけで、それ以外は、いたって普通に平穏であるということです…

クリスマスイベント INスリランカ・コロンボ

スリランカの職業訓練学校のクリスマスイベント 行ってきました。デフォルトを宣言しているスリランカに・・印象としては、外貨不足で石油が買えないということが問題視されていますが、街には活気があり、至って普通という感じでした。 スリランカの文部省…

天からの授かりものの資金をつかって、世の中を救済する

天からの授かりものの資金をつかって、世の中を救済する 日本国にとって、ピンチと言える現在の状況です。さて、そのことについて、考えて生きたいと思います。 防衛費と増税という話が政府から出てきていますが、この話については、筆者が本ブログを201…

日本を救済する方法は、ただ一つだけ「企業息姓資金のスキームをよく理解すること」

日本を救済する方法は、ただ一つだけ「企業息姓資金のスキームをよく理解すること」 日本の雰囲気も相当やばい雰囲気になってきています。つまり、政府国債の買い入れを必死に行っていた日銀が、その制度をやめれば、どうなるのか?という問題があります。禁…

年末予定

年末予定 ゴールド割引取引については、12月15日で本年度は、終了、来年は、1月20日頃からスタート予定です。 情報まで、 その他の案件については、暦通りの営業が可能です。 ********************** 【イベント案内】 筆者が中心とな…

湾岸戦争時の財源確保の方法を検討する⇒政府が解決したのでなく、企業育成資金のスキームが解決した。まさに、裏天皇スキームの平和維持活動資金の獲得方法である。

湾岸戦争時の財源確保の方法を検討する⇒政府が解決したのでなく、企業育成資金のスキームが解決した。まさに、裏天皇スキームの平和維持活動資金の獲得方法である。 防衛費の増大について、湾岸戦争時の危機を参考にして、増税を検討するということを政府は…

防衛費の増大に対しての増税がスタートする。平和維持活動の財源確保の方法、企業育成資金のスキームをしっかり学べ!

防衛費の増大に対しての増税がスタートする。平和維持活動の財源確保の方法、企業育成資金のスキームをしっかり学べ! 当然始まった日本の防衛費の増額対する増税案、ついに始まったと言える政策です。筆者は、企業育成資金のスキームについては、これは、安…

クラブメンバー制度であるPPPの世界 これが基本です。

クラブメンバー制度であるPPPの世界 これが基本です。 PPPというのは、基本的には、割引の金融商品を大口で直接取引を行うという案件に対して、非公開で行うことで、証券市場において、インサイダー取引にならないようにするということが大前提で行われる制…

あなたの職業は、「PPPプレイヤーです」それを流行らせたい。

あなたの職業は、「PPPプレイヤーです」それを流行らせたい。 今、凄いひらめきがありました。 PPPの世界を普及させて、自由になるモデル、世界に伝えて、自由に移動して、自由な生活をする事ができるモデルをPPPplayer という名称が良いのではないかと思い…

さすらいの旅人ができるビジネスモデル

さすらいの旅人ができるビジネスモデル 小口のPPPについては、欧州のプラットフォームですが、すべてインターネット上で、手続きができます。KYCの提出から、プログラムスタートまで、ネットで完了できる便利なスキームですが、この操作は、覚えるまで結構難…

日本の防衛費拡大は、安全保障費の財源不足が原因している。

日本の防衛費拡大は、安全保障費の財源不足が原因している。安全保障費といえば、第三の財源である企業育成資金から捻出する財源のことである。 日本も安全保障費が不足しているので、それを補うための増税が話されるようになった。筆者が以前から説明するよ…

小口のPPPのスキームについて考えていると、「貯金が好きになる仕事」といえる。

小口のPPPのスキームについて考えていると、「貯金が好きになる仕事」といえる。 筆者は、欧州のプラットフォームが提供している小口のPPPの世界を研究していますが、この仕組は、なかなか面白い心理が働きます。ユーロベースの資金のロックを1年間行うこと…

欧州のプライベートファンドがなぜ高い収益が得れるスキームが存在できるのか?PPPの仕組みが世界を変える。これがベーシックインカムの基本形になる。

欧州のプライベートファンドがなぜ高い収益が得れるスキームが存在できるのか?PPPの仕組みが世界を変える。これがベーシックインカムの基本形になる。 一般的に日本は超低金利国家ですから、利回りのいい商品というと、そんな商品は存在しないということで…

世界の貨幣システムが、銀行システムからPPPシステムに変化している時期である。今、PPPシステムについて理解することは、これからの時代を理解する上で重要なことである。

世界の貨幣システムが、銀行システムからPPPシステムに変化している時期である。今、PPPシステムについて理解することは、これからの時代を理解する上で重要なことである。 本ブログは、PPPについての色々な角度で、情報を提供しています。米国債をデジタル…