実話!企業育成資金:東証一部、銀行の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

私募プログラムによる資金調達案件である企業育成資金

企業育成資金についての法的根拠というのはこれは PPP に関するルールになります。 PPP から資金を調達しているということは資金の流れが PPP による法令に関係します。 日本の国内法だけ見れば PPP に関する法令は一切ありません。 これは完全に外国法によ…

法的根拠はどこにあるのか?という疑問に対しての回答

□法的根拠はどこにあるのか?という疑問に対しての回答 企業育成資金についての法的根拠は、PPPに関する法的規定と国連に登録されている米国から日本への工業の発展を支援する協定に関係しています。国連決議によって決まった国際協定は、基本的には、99年…

企業育成資金は、外国法によって行われている制度であり、この資金を政府が活用するように付け加えたのが、財政法44条資金という意味である。

□企業育成資金は、外国法によって行われている制度であり、この資金を政府が活用するように付け加えたのが、財政法44条資金という意味である。 PPPについての制度の制度について理解をしない限り、絶対に、企業育成資金の募集方法がなぜそのようにしておこ…

□12月に入りました。12月10日くらいまでに新規申請を終わらせなければ、年内の資金実行が難しくなります。企業育成資金の概念は、一見さんお断りの超VIP会員クラブとして見るとこの制度が理解できます。

□12月に入りました。12月10日くらいまでに新規申請を終わらせなければ、年内の資金実行が難しくなります。企業育成資金の概念は、一見さんお断りの超VIP会員クラブとして見るとこの制度が理解できます。 今まで企業育成資金についての規定について、い…

PPPの制度について理解しなけれbだ、企業育成資金の制度について全く理解ができない。

□PPPの制度について理解しなけれbだ、企業育成資金の制度について全く理解ができない。 日本では、まったくというほど知られていないPPPについてですが、実際には、1951年に日本がICC:国際商工会議所(フランス)に加入してから、日本の企業育成資金の…

12月になりました。今年僅かな期間の募集となります。気合を入れて行きましょう。

□12月になりました。今年僅かな期間の募集となります。気合を入れて行きましょう。 企業育成資金の説明の角度が変わってきているということを周囲の人から指摘されています。 それは、筆者は思うには、昭和の亡霊みたいな「この資金の原資はどうだったか?…

PPPについて理解できない限り、企業育成資金についての仕組みは、正直理解することはできません。

□PPPについて理解できない限り、企業育成資金についての仕組みは、正直理解することはできません。 PPPというのは、欧州における私募債における運用ということになります。欧州の銀行のSBLC(スタンバイエルシー)などは、割引で販売する場合があり、欧州の…

PPPについて詳しく理解しなければ、企業育成資金の規定については理解できない。

□PPPについて詳しく理解しなければ、企業育成資金の規定については理解できない。 企業育成資金とPPPについて話を書いていますが、PPPについて理解をすれば、企業育成資金で話されている内容が理解できます。 これは、PPPという私募プログラムをもとに運用さ…

世界の法律、国際法をうまく使った制度である。

□世界の法律、国際法をうまく使った制度である。 筆者は、海外生活約20年を経験して日本に戻ってきました。今でも、仕事のうちに、半分は日本人相手、半分は、外国人と仕事をしています。PPPに関する情報は、外国人の友人ネットワークから、PPPプラットフ…

民間財源である企業育成資金の本当の仕組みをしらなければ、政府破綻の可能性は日々高まります。これは、民間人がもっと賢くなり、民間が政府財源を救済する手段を知るべきです。

□民間財源である企業育成資金の本当の仕組みをしらなければ、政府破綻の可能性は日々高まります。これは、民間人がもっと賢くなり、民間が政府財源を救済する手段を知るべきです。 コロナ対策として政府の借金がどんどん増えています。その問題について、解…

PPPより捻出される企業育成資金を動かすことで、民間主導の道州制度の実現は可能である。欧米の教会制度を見れば、参考になる部分がある。

□PPPより捻出される企業育成資金を動かすことで、民間主導の道州制度の実現は可能である。欧米の教会制度を見れば、参考になる部分がある。 世間にはMMT理論の信奉者が増えています。筆者は、PPP信奉者ということになります。企業育成資金の本ブログの読者の…

MMT理論を論じる前に、PPP運用と企業育成資金の仕組みを理解するべきだろう。これが本来の貨幣論である。解決策は、すでに70年前から仕組みはある。

□MMT理論を論じる前に、PPP運用と企業育成資金の仕組みを理解するべきだろう。これが本来の貨幣論である。解決策は、すでに70年前から仕組みはある。 企業育成資金の本当の歴史を調べていけば、結論として、1951年に日本がICC:国際商工会議所に加入し…

1951年から運用がスタートしている財源について

□1951年から運用がスタートしている財源について 企業育成資金の運用方法については、欧州のPPPプラットフォーム企業が提供するPPP運用を用いて、資金を増やしているということを説明しています。 PPPについては、日本は、1951年にICC(国際商工会議…

自らの国は自ら守る仕組みを理解する。財源の確保の方法について理解する。

□自らの国は自ら守る仕組みを理解する。財源の確保の方法について理解する。 企業育成資金と財政法44条資金の関係については、財政法44条資金については、政府の臨時収入としての位置づけになります。 表向きには、国有地の売買された代金や賃貸収入、ま…

国の臨時収入となる財政法44条資金と企業育成資金の関係について理解をする。

□国の臨時収入となる財政法44条資金と企業育成資金の関係について理解をする。 企業育成資金について話をすれば、企業育成資金と財政法44条資金という関係について説明をすると、財政法44条資金というのは、基本的には、国の臨時収入的な資金のことを…

企業育成資金についてのことを一気にまとめて説明すれば・・・このようになります。記憶してください。

□企業育成資金についてのことを一気にまとめて説明すれば・・・このようになります。記憶してください。 企業育成資金については、歴史的な話をすれば、原資になる財源については、日本の旧陸軍に関する資産、国際決済銀行の預託金、財閥、皇室の資産、また…

企業育成資金の制度は、運用と送金の特殊金融の世界に精通したモデルによって成り立っている。

□企業育成資金の制度は、運用と送金の特殊金融の世界に精通したモデルによって成り立っている。 最近は、ブログは、PPPの仕組みついて詳しく説明しています。企業育成資金という制度は、PPPプラットフォームが提供している運用プログラムが存在することで、…

世界経済を動かす資金調達方法 PPPについて

□世界経済を動かす資金調達方法 PPPについて ここ最近、PPPについて説明をしています。PPPのプラットフォームを提供する企業は、欧州には数箇所あることをは伝えています。 PPPプラットフォーム企業は、欧州のプライムバンクに自社の口座を開いており、その…

民間産業支援制度の本当のことを知ることが大切である。

筆者は、企業育成資金についての説明をブログを書きながら、日本全国、企業育成資金の説明のために足を運んで活動をしています。コロナも落ち着いてきたので、遠方にも出向くことが増えてきました。 お会いした人といろいろ話をしていることで、筆者も気付く…

日本経済崩壊のカウントダウン。救いようのない世界へ進んでいる現状。

□日本経済崩壊のカウントダウン。救いようのない世界へ進んでいる現状。 円安傾向になってきています。日本の産業構造をどうするか、また、世界において日本の地位をどのようにしていくかという明確のビジョンが必要になります。資本主義社会における重要の…

PPPについて本当のことを知ることが大切

□PPPについて本当のことを知ることが大切 PPPについては、日本ではなんとなく情報が水面下でながれていますが、実際にどういうことかの詳細を知る人はほとんどいないといえますので、PPPについてもう少し、詳しい仕組みについて説明します。 現在、PPPのサー…

これがPPP運用の本当の話!

■これがPPP運用の本当の話! 国際商工会議所(ICC) フランス・パリ PPP運用をする際の、銀行発行するブロックファンドを証明する文章になります。英文を日本語に翻訳しています。この文章を欧州のプライマリーバンクにMT799でテキストメッセージを送って、そ…

企業育成資金という特殊金融(PPP)を用いた資金提供モデル

□企業育成資金という特殊金融(PPP)を用いた資金提供モデル、 日本では馴染みの薄いPPPプラットフォームですが、欧州には、何箇所かPPPプラットフォームを提供する企業があります。PPPプラットフォームは、銀行ネットワークであるSwift MT799かMT760のメッセ…

日本の銀行サービスがPPP運用を支援するサービスを提供していないことが原因で、この仕組について知る人が少ない理由である。

□日本の銀行サービスがPPP運用を支援するサービスを提供していないことが原因で、この仕組について知る人が少ない理由である。 日本がなぜPPPが普及していないか?の一番の理由について、それは、非常に単純な理由ですが、日本の銀行の送金部は、通常のT/T M…

国際金融における特殊制度について理解が必要である。

□国際金融における特殊制度について理解が必要である。 企業育成資金とPPPプラットフォームについて話を書いています。 企業育成資金は、PPPプラットフォームがあるので、資金提供が可能であるという説明 をしています。 毎日、PPPについて書いていますが、P…

企業育成資金の案件を進める上で目の前にある問題点について洗い出す。

企業育成資金についてブログを書いています。 このブログでは企業育成資金について色々な角度から書いております。 目的は企業育成資金の普及をして日本経済を活性化させることです。 しかしなかなかこの制度が普及しないというところにどういう風な原因があ…

日本のガラパゴス金融政策の結果、資本主義の発展が遅れる?

□日本のガラパゴス金融政策の結果、資本主義の発展が遅れる? 企業育成資金は、基本はPPP運用という資金調達の方法があることで、返還不要の資金が提供できるということを本ブログでは説明しています。 日本では、企業育成資金という名称で、説明しているの…

日本はPPPについては、完全に後進国だと明言される。

□日本はPPPについては、完全に後進国だと明言される。 筆者は、外国に法人をもって事業を行っていますが、そのなかで外国で行っているPPPと関わりがあります。 基本的には、PPPというのは、FRBのライセンスをもったトレーダーが資金を運用します。 通常の場…

半導体の支援策は、税金を投入して、政府がするのが正論か?民間財源である企業育成資金を最大限に活用するべきだと思う。

■半導体の支援策は、税金を投入して、政府がするのが正論か?民間財源である企業育成資金を最大限に活用するべきだと思う。 https://news.yahoo.co.jp/pickup/6409841 政府は、半導体の支援策を打ち出しています。日本には、企業育成資金という制度があるの…

世界で一番魅力的な制度であるPPP運用について

世界で一番魅力的な制度であるPPP運用について PPP運用の基本同意書 ___________ Not less than 25% per week for anything above 50M Money does not need to be sent away from owners accountFunds will be in his account This is the proced…