実話!MSA協定第5条、財政法44条を基にした「長期保護管理権委譲渡資金」

霞が関の埋蔵金と噂されている機密資金。その実態とその活用について現場目線で語るブログ

償還金ビジネスとは、その実態について説明

一般的に我々の仕事を「償還金ビジネス」と呼ぶ場合がある。償還金とは、「長期管理権委譲渡資金契約」で資金者側から国の基準を満たした企業経営者個人に資金を分配する際に、その資金を返還不要の契約を同時に結ぶ。しかし、その資金に関して言えば、返還がひたすら不要であれば、いつか財源がなくなるので、財源がなくならないように、政府側予算の中に、財源を再度運用により額面を取り戻すために資金運用分の予算をとっている。

政府側が代理運用して資金の元本を戻すということでの意味で、「償還制度」という呼び方をしている。

 

償還金ビジネスに於いて、資金の運用が私達の仕事ではなく、専門の運用部門が存在する。そのやり方については、私達が関与する部分でないので、詳しくは説明できないが、資金は常に運用をしながら、元本を保証しながら資金が増える仕組みになっているということだ。

 

私が行っているのは、あくまでも、資金者(資金管理事務局)に対して、対象企業の経営者に「長期管理権委譲渡資金」についての説明を行い。国からの資金の分配を受けて、社会貢献、産業発展に寄与していtだくことが仕事になっている。

 

仕事は非常に単純である。しかし、この資金についての説明には、出来る限り直接、対象企業の経営者個人に説明をしなければいけないということになっており、会社には関係ない立場で、個人による資金授与になるという点も説明をしなければならない。

 

しかし、この制度は、国策事業として行っており、非常に安全なことである。

 

いろいろ世の中の本では、いい話、デタラメな話がジャーナリスト、小説家などが書いているが、何が真実か迷うところだろう。

 

それを説得してということに行かず、納得していただき、「お国のために」この資金を国から委託されることをしていただくことが、私の仕事担っている。

 

金管理事務局の代理窓口的な営業を行うのが仕事である。

しかし、給料制でなく、あくまでも結果が出たときに報酬性である。