高齢化社会に対応するために、償還資金を年金組合の補填金につかう。

本来、MSA協定資金の使用用途は、基幹産業の育成のために使うことを目的にしていました。しかし、現在では、幅広い使用用途に資金を使えるようになっています。

基本的には、資金を委託された経営者の自由意志の決定の上で、社会貢献事業に資金を使うことができます。

多額の資金が、手渡されたとしても使用方法が見つからないという方に対して、提案できるとすれば、年金組合の資金の補填金として資金を使うことをおすすめします。

高齢化社会になり、年金問題がこれからどんどん深刻化していきます。

企業年金も、かなり財源が厳しい状況になっていると聞きます。また、社会補償制度に投入する財源も不足しております。

その点を考えても、MSA協定における無償援助資金を活用して、企業年金や保険組合の補填金として大型の資金を投入することで、社会不安の解消にも繋がります。

一般会計をもとにした国家予算による社会不安の解消は、事実上予算不足から不可能です。現在、国債を発行することで補填金をつくっていますが、これでは、国債の償還するための非常が、国家予算の3分の1になっていることから考えても、パンクする寸前といっても過言でもないでしょう。

MSA協定における無償支援をうけることができる企業代表者は、基本的に数千人から数万人の社員数をひ誇る大企業です。年金組合、保険組合の収入の安定という社会不安の解消をすることが、安定した社会を形成するために重要になります。

経営難になった企業救済もこの資金ついては、重要な意味をなしますが、長期的な考えをもって企業年金への補填金として使うことで、長期間安定した従業員への社会保障を約束でき、安定した企業経営に繋がります。