実話!MSA協定第5条、財政法第44条を基にした「長期保護管理権委譲渡資金」

霞が関の埋蔵金と噂されている機密資金。その実態とその活用について現場目線で語るブログ ー MSA総合研究所

あと少し、MSA協定資金の平成分の処理

先日のブログでも書きましたが、今年のMSA協定からなる償還金の委託は、今月末でいったん休止になるということです。再開の目途は、数か月後ということですが、未定ということです。

先日、新元号が決まり「令和」になりましたが、なんとなく、昭和の香りがします。償還制度は、昭和の高度成長期には相当利用されてきましたが、平成になってからは、MSA支援による償還金が利用する回数が減りました。

令和の時代には、多くの利用者がでるでしょうか。それをなんとかするのが、償還金に関係しているものの使命ですが・・・

あと、20数日の間にどこまで、資金実行されるかわかりませんが、1件でも多くの案件が決まればいいですね。