【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

筆者の紹介

f:id:shoukan:20190630001709j:plain

MSA総合研究所ロゴ

 

筆者の紹介ということで、今回のブログを書きましたが、筆者は、現在、MSA協定について研究をおこなうシンクタンクを行っています。名称は、「MSA総合研究所」です。行っていることに対してストレートな名称にしています。

___________________________

MSA総合研究所のロゴは、なぜ砂時計のデザインにしたかと申し上げますと、理由があります。資本主義社会をイメージして書いています。

 

砂時計の上部の逆三角形は、国際金融における資本(運用資産)中間の三角と逆三角形が重なる部分は、資本家の数、そして下の三角形は、労働者というふうにしています。資本は、国際金融で大きく運用された後に、資本家に資金を渡し、その後、広く労働者階級に資金を広めるということを円滑に行うことで持続発展できる資本主義社会を形成できると考えています。私達は、このMSA協定資金の活用により日本の資本主義社会の強靭化を図りたい思いがありますので、このデザインにしました。

__________________________

 

このブログを初めて10ヶ月近く過ぎました。総アクセスで4万PV近くまで達しました。多くの方に本ブログを読んでいただきありがとうございます。

やはり、なにかするには、なにか反響がなければやる気が起きませんが、一日平均で300PV以上のアクセスもあり、書き手としてもなかなかうれしい次第です。

MSA協定についていろいろ興味を持ち、いまではMSAが夢に見るほど、毎日そのことについて考えています。前々から構想だけありましたが、形を作ろうということで、MSA総合研究所・東京シンクタンクを任意団体として設立しました。非営利団体でMSA協定についての研究とMSA援助の活用について調査研究することを行っています。

MSA協定については、れっきとした公開された協定であり、国民として知る権利とそして、その民間援助制度について活用する権限はあります。

MSA資金についての実行をすることについては、何者も妨げる事ができないという規定にあるように、この制度もついて有効活用する観点で物事を話すことには、一切問題がありません。逆に、この制度を理解せず、嘘の話を並べて話す人物は、この資金の実行を妨げているというふうにみなされますので、これは違反行為です。

いずれにしろ、国家の経済的強靭化をするには、これだとおもっていますので、積極的に研究していきたいとおもっております。

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。