なぜMSAが魅力的なのか?

MSA協定資金=MSA資金について語るときに、これは、社会を助けるための資金であると同時に、この資金を実行する案件に関わった仲介者(中継ぎさん)にも紹介手数料が出るというのが仕事にできるという一面を持っています。

仕事の内容は至って簡単です。対象になる人物(日本企業の重要産業企業の代表権者個人)に対してこの資金について説明し、MSA協定資金を受託者に無償で渡すことができれば仲介者への手数料がでます。

ある意味、特殊金融商品だというイメージをもっていただければいいのですが、仲介者にも一般的には大きな手数料が渡されることになります。

世間一般的にエンジェル投資などいう言葉が流行っていますが、これこそ、最も規模の大きいエンジェル投資です。また、エンジェル投資を対象者に伝えて、投資を実行された段階で、紹介者にも手数料が出るという非常にありがたい案件になります。

ある意味、MSA援助の案件は、非常にいい仕事になります。この仲介者になるにはどうしたらいいのかという疑問が生まれてくるかと思いますが、仲介者になれる資格は、「日本国籍を有した民間人」という風に決まっています。政治家、高級公務員など権力者は仲介者になることができないと規定されています。当然、反社会体制に関係する人物も対象外です。

 

細かい規定はいろいろありますが、それは、この仕事をおこなっている人物から詳しく聞くのが一番だと思います。

また、参加するに当たり、なにか費用請求は一切ございません。仲介者の中には、協力金などを言う人がいますが、これは、資金提供者側が言っているのではなく、間違った行為になります。あくまでの正規なところにつながれば、伝達業務をすることに対してはなにか費用が発生することや、加盟料なども必要ございません。また、対象者になにか金銭の要求をすることもありません。やるべきことは、仲介者は、資金を出せる人物に対象者を紹介し、元付けになる人物は、対象者に対して案件に対して理解をしていただく説明をすることが重要になります。自身で説明が難しい場合には、説明役の事務局サイドの人物に繋がりがあれば、その方に最終的な仕事については説明していただくということで、受託者本人が同意して、契約、資金提供ができればこのMSA援助の案件は、成立します。

やることは、さほど難しくないのですが、問題は、対象になる人物が大企業の代表権者個人と限定されていることで、そのような人物を直接知っているかということでは、非常に難しさがあります。直接知らないにしてもどうつながるかを人脈をたどる必要性があります。

人脈が財産になるという言葉がありますが、まさにこの案件は、人脈が大きな財産になります。

この仕事の魅力は、受託者、仲介者ともに豊かになれる。また、この案件で成立をすれば基本的には一生に金銭的に悩むことがなくなる所得が手に入るというメリットがあります。

表現が良いかどうかわかりませんが、「宝くじはどこにあたり番号があるかわかりませんが、MSA援助は、誰が対象者かは事前にわかります。対象者に理解をしていただくことができれば、仲介者のあなたも幸せになります。同時にその対象者も一生事業および資金に困らない立場になります。」いい案件だと思います。

 

注意・この仲介の仕事を行う上で、成立しない限り、なにか金銭の補助はありません。あくまでの参会者は個人事業主として案件を実行するのみで、成立後、はじめて手数料をいただけます。長期間、成功できず非常に苦しい思いをしている方も多いのも事実です。参加するのもやめるのも本人のご自由です。一切、強制されることはありません。まさに、この案件に参加するには自己の判断と自己責任でおこなってください。