仕事にできるMSA案件

MSA協定資金がなぜ多くの人がこの案件について語るのか?理由は、MSA案件は、日本国籍を有した人(反社会体制を除く)は、仕事にできることです。

簡単にいえば、MSA資金を受け取れる対象(日本の重要産業企業の代表権者個人)者に対して、このMSA資金の話をして、資金を受け取っていただければ、MSA資金の案件終了ということになります。それで、MSA資金を運営している主催者側から仲介手数料として謝礼がでる仕組みです。

「お金を渡して、お金をもらえる仕事」と聞くと、すごい案件だとおもいますが、本当にそうです。

一般的に、国の助成金などのご友人に紹介して、ご友人の会社が助成金が受け取れても、主催者側から何も謝礼も仲介料もいただけません。

MSA案件は、非常に対象になる方の数が少ないということ、また、この案件は、多額な金額が動くということを考えても、よほど信頼関係のない人同士で行わないと話しが進まないということもあり、MSAの主催者も仲介者の協力を得ています。成功報酬になりますが、宝くじの一等前後賞が当たる金額より大きい金額の仲介手数料が動きます。

仲介手数料に関しては、この案件を聞いた紹介者に確認してほしいのですが、魅力的な金額が動きます。

過去の記事で、「一発逆転のビジネスモデル」と書きましたが、受託者も大きな資金を得ますが、仲介者も普通に会社で働いてもなかなか得られない金額が収入になる可能性が十分ある仕事です。

日本経済が持続的発展できる資本主義社会が形成でき、この案件に参加された方も、経済的に安定できる素晴らしい案件だとおもっています。

ただ、対象になる日本の重要産業企業の代表権者個人の方にそれを伝えるのは結構苦労しますが、話をして伝えるというだけで、何も投資する必要がない仕事であることは、難しくても、取り組む価値があるのではないでしょうか?

あとは、職業の選択の自由ですので、ご本人さんの思いがあれば何かはじまるのではないでしょうか?

※MSA案件に関しては、成功報酬ですので、案件成立がしない限り、所得になりませんので、その点は、注意してください。