MSA資金の本当の話をしることで、第三の財源といわれる国家予算外資金が活用できる

MSA資金の案件を行っていると、いろんな人物に合う。しかし、本当にこの資金がどういう意味で作られて、そして、それを運用して管理しているしているかそれを詳しく述べることができる人物は少ない。

大きな資金を提供できるというだけで、この話がマイナスイメージをもつ人物がいるが、この資金のことを知らない悪質な人間の語り草によって、イメージダウンをしたといっても過言でもない。また、そのことを知らないマスコミや、これをネタにした作家の間違った知識をもって、日本に与えられた世界最大級の金融システムを活用する機会を少なくしている。

MSA総合研究所は、そんなバカバカしい話に対して、本来は、国際金融はどうなっているかなど、わかりやすく解説して、日本がおこなっているMSA資金の産業支援への分配などの話を解説している。

 

この資金の制度を作った当時は、産業支援を目的にしていたが、現在は、産業支援以外の分野でも資金の活用が期待されている。しかし、国際社会の中での同意で、国連に登録された協定であるので、資金の流通方法に関しては、日本国籍を有した重要産業企業の代表権者個人と契約により資金が動くという事務的プロセスは変えることができないが、その方法を行えば、後は、とくに活用方法に限定されることもないので、アイデア次第で広く資金を活用する方法がある。また、この制度自体が長く行われているので、制度に対する整備は整っており、活用する環境で困ることがない。

 

MSA資金により分配された資金は、様々な社会問題に対して使用できる。子供教育に関する支援、高齢者問題の支援、社会福祉への支援、学校への支援、教育・研究機関への支援、中小企業への支援、インフラ建設支援など、活用する方法は、MSA資金をルールに従い分配すれば、使用用途はいくらでもある。

日本にある第三の財源、国家予算外資金であるMSA資金をいかに活用するかは、この仕事に関わった人の任務でも有る。