特殊金融商材といえるMSA資金の産業への無償提供案件

MSA協定における産業支援制度について、このブログではずいぶん書いてきました。もう110数回のブログ更新をこなっています。

このブログの目的は、第三の財源といわれるMSA資金について理解を深めていただきたい思いで書いています。

過去の歴にの中で語られる話は、戦争というものとそして財宝ということで語り継がれた話ですが、たしかに過去の話をさかのぼれば、そんな話になるかもしれませんが、今は、MSA資金は、欧州などの金融市場で外貨運用された資金であること。また、MSA資金による日本の重要産業企業の代表権車個人への資金提供の案件は、これは、ある意味、特殊金融商材のようなものと理解していただければいいです。重要産業企業の代表権者であるという職位が重要であり、申請に関しては、個人申込を行う案件になります。

 

たとえば、PPPなどと言われう特殊運用案件では、個人で1億ドル以上の資産があり、事業家であること・・・また、民間人で公務員などの公的所企業についていないこと・・・などの規定があります。

まさに、この案件は、特殊運用した資金から資金調達をして、資金を別枠にて運用して償還するという制度ですから、これは、個人として行う案件になります。

そのために、この案件に参加するには、その地位と職位、また、所属している会社の規模が重要になります。まさに、これは、特殊金融商材という意味です。

よって、どこかの巨額な資金を持っている人物が資金を無償提供するという話ではなく、特殊金融における特別無償資金提供案件ということになります。

実際には、資金は、受託者に無償提供される分の資金と、それ以外に、別枠で、再度特殊運用される財源を確保して、1年半ほどの短期運用で、一気に償還してしまいます。

MSA資金の制度を活用することで、国際金融から大きな資金を提供を受け、資本家は、資金が絶対に枯渇しない環境をつくることで、労働者階級といわる多くの方々に多くの資金を流通させることができます。

円滑な資金の流れを作ることは、資本主義社会の基本であり、この案件に参加できる方は、社会的に資本家として市場に資金を流通させるということで、大きな役割を持っています。

MSA総合研究所では、MSA資金を活用して、持続発展可能な資本主義社会を作るにはどうすればいいのかを研究し、提言しております。