資金の分配が資本主義経済の強化になる。

MSA資金を活用することは「日本の将来を変えることができる資金である」

本日は、そんな話で盛り上がった。世界は、平均的に数パーセントの成長を遂げているが、日本だけが経済の停滞をしている。

その理由は、一番は、借金を伴わない形での通貨流通量が増さないことが一番の原因になっている。

MSA資金は、外貨運用を基本とした資金調達のために、日本円で流通する際に、借金を伴わない形で市場に通貨を流通させることができる。

 

世界的に資金は、海流のように送金、分配、運用という流れを繰り返しながら市場経済を大きくしていっている。

日本でもその分配の権限をもっているのが、重要産業企業の代表権者個人になっている。送金、分配、運用の流れで、分配される立場の方が、分配されていない現実が、日本の借金を伴わない通貨流通量が増えない原因になっている。

 

経済人たるもの資金の分配の権利を活用するべきだろうと思うのであるが、その概念は、日本ではまだ普及していない。それを目指すがMSA総合研究所の使命だとおもっている。