PPP(プライベート・プレイスメント・プログラム)とは?

MSA資金の提供を行う上で、重要な資金運用方法があります。一般的には、PPP運用などといわれていますが、PPP(Private Placement Program)の略称になります。

PPP運用とは、欧州の銀行が提供している1億ドル(最低基準)以上の資産を有した方を対象に大きな財源が確保できる運用プログラムです。

英文のインターネットなどを検索していると詳しく説明されています。

PPP運用のプログラムの歴史は、60年以上前から行われており、第二次世界大戦後の欧州の経済復興プログラムとして行われている大きな資本を有した資本家を対象に行われる資金運用案件です。

日本国内の銀行では、直接運用を行う銀行はありませんが、欧州やアジアの一部の銀行では行われている運用案件です。

継続的資本主義の発展というものは、金融により資金が資本家に永続的に提供されることで、資本主義社会は成り立ちます。社会主義国家ではないので、国家が資金を提供するのではなく、あくまでも、資本主義経済を作り上げているのは、国際的銀行と金融による運用による運用益により経済は発展しています。

すなわち、MSA資金の提供をするという裏側では、PPP(Private Placement Program)の案件が行われています。

基本的は、PPPの運用案件は、1億ドルの投資を1ブロックとして大口の場合は、数十口を投資する場合もあります。また、大口の投資案件には、10億ドルが1口の投資案件もあるとのこと。銀行が銀行券の割引債の売買や中期運用(1年未満)を行うことで専門のトレーダーによりノーリスクで収益を得るプログラムとして欧州では活用されているということです。

MSA資金に関しても、最終的には、再運用なされて安全資産運用により償還されています。かつては、経済援助資金特別会計法により国の特別会計で、長期運用されて資金を国が代わりに償還していましたが、現在では、欧州の民間大手銀行などが関係して提供するPPP運用を活用して、資金の償還を行っています。

すなわち、MSA資金の財源から資金を申し込んだ受託者(個人)は、大きな資金を獲得することができますが、最終的には、資金管理事務局が選択する欧州での運用案件を行うことで、資金を償還して、財源の保全を行っています。

MSA資金の提供は、日本で継続的に行える理由は、欧州での安全な資金運用案件があるために運用により資金が償還でき、資金提供が継続できます。

巨額にあるMSA資金といわれていますが、運用もせず、使うだけですと財源が確保できません。資金提供し、資金の一部を欧州での特殊運用プログラムに参加することで、資金を安全に償還し、次の財源も確保することで、継続的に産業支援のための財源を、受託者に無償提供できる資金提供のプログラムを実施できます。