【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

PPP(プライベート・プレイスメント・プログラム)とは?

企業育成資金の提供を行う上で、重要な資金運用方法があります。一般的には、PPP運用などといわれていますが、PPP(Private Placement Program)の略称になります。

 

PPP運用とは、欧州の銀行が提供している1億ドル(最低基準)以上の資産を有した方を対象に大きな財源が確保できる運用プログラムです。

※現在は、最小ロット 100万ドルから1億ドルのプログラムのございます。

 

英文のインターネットなどを検索していると詳しく説明されています。

PPP運用のプログラムの歴史は、60年以上前から行われており、第二次世界大戦後の欧州の経済復興プログラムとして行われている大きな資本を有した資本家を対象に行われる資金運用案件です。

 


日本国内の銀行では、直接運用を行う銀行はありませんが、西ヨーロッパの銀行では行われている運用案件です。

継続的資本主義の発展というものは、金融により資金が資本家に永続的に提供されることで、資本主義社会は成り立ちます。

社会主義国家ではないので、国家が資金を提供するのではなく、あくまでも、資本主義経済を作り上げているのは、国際的銀行と金融による運用による運用益により経済は発展しています。

すなわち、企業育成資金の提供をするという裏側では、PPP(Private Placement Program)の案件が行われています。

 

基本的は、PPPの運用案件は、1億ドルの投資を1ブロックとして大口の場合は、数十口を投資する場合もあります。また、大口の投資案件には、10億ドルが1口の投資案件もあるとのこと。銀行が銀行券の割引債の売買や中期運用(1年未満)を行うことで専門のトレーダーによりノーリスクで収益を得るプログラムとして欧州では活用されているということです。

企業育成資金に関しても、最終的には、再運用なされて安全資産運用により償還されています。かつては、経済援助資金特別会計法により国の特別会計で、長期運用されて資金を国が代わりに償還していましたが、現在では、欧州の民間大手銀行などが関係して提供するPPP運用を活用して、資金の償還を行っています。

 

すなわち、企業育成資金の財源から資金を申し込んだ受託者(個人)は、大きな資金を獲得することができますが、最終的には、資金管理事務局が選択する欧州での運用案件を行うことで、資金を償還して、財源の保全を行っています。

 


企業育成資金の提供は、日本で継続的に行える理由は、欧州での安全な資金運用案件があるために運用により資金が償還でき、資金提供が継続できます。

巨額にある企業育成資金財源といわれていますが、PPPによって資金が生み出されているということが言えます。

 


資金提供し、資金の一部を欧州での特殊運用プログラムに参加することで、資金を安全に償還し、次の財源も確保することで、継続的に産業支援のための財源を、受託者に無償提供できる資金提供のプログラムを実施できます。

 


補足として・・・・

PPPとは、1951年に日本がICC(国際商業会議所:フランス)に加盟してからPPPが行われて、同時にPPPによって運用された資金は、企業生瀬資金の財源として活用しています。
PPPは、米国FRBと西ヨーロッパの銀行ネットワーク(プライマリーバンク)によって行われているトレードということになっており、それを主催しているのは、PPPプラットフォームと呼ばれています。

PPPプラットフォームとは、貿易取引における金融支援をするということで、世界中の貿易取引、特に先進7ヶ国(G7)の貿易金融を支援するモデルで、割引債のトレードが行われています

極秘裏に行われている案件であり、私募で行われている案件でありますので、一般に詳細の情報が出回りませんが、プラットフォームと銀行、そして、FRBの認可によって行われており、PPPおける割引債は、ドル建て、ユーロ建てが主たる取引ですが、一部は、日本円建てで行うプラットフォームがあると言われています。ドル建ての場合は、本部は、米国ニューヨーク、 ユーロ建ての場合は、ベルギーのブリュッセルにあると言われ、クローズされた環境下でプラットフォームにより資金が作られています。

取引に関しては、世界中の市場とコンピューターによる取引が行われています。一般的には、PPPにエントリーするには、資金証明が100M(ミリオン)ドルもしくはユーロの資金証明(POF)が必要であり、SWIFT MT799もしくは、MT760によるブロックファンドメッセエージを銀行間でテキストメッセージを打電する必要があります。プラットフォームの管理口座にテキストメッセージを銀行間で行うことで、欧州の銀行がプラットフォーム西金を貸し出し、PPPのトレードを行うとことです。


PPPに行うPOF(残高証明)は、アセットバック、キャッシュバック、それとゴールドのSKRによって資金証明と資金移動を禁止するブロックファンドであるとエントリー者の銀行が宣言することで欧州のプライマリーバンクが資金を動かし、PPPがスタートできます。

それを行うために、必要なものとしては、資金は、クリーンであり、同時に、マネーロンダリングやテロに対して資金が使われないという資金の安全性も重要になります。資金の経歴と同時に、エントリーされる資金者が反社会体制ではないかのチェックなどが行われるということです。
PPPに関する法令は、フランス法による規定と、同時に資金についての安全性については、米国愛国者法、インサイダー取引に関与しないというこで、1930年米国証券法などに抵触しないということが条件になっているために、非公開であり、私募によって行われている案件ということになります。

 

※PPPに関しては、MSA総合研究所が英国プラットフォームと相談の結果、日本市場向けのプログラムを案内可能になりました。

f:id:shoukan:20220207155454j:plain

PPPの仕組み

PPPに関しては、私募プログラムでありますので、必ず紹介者経由で申請するという規定になっております。MSA総合研究所では、日本企業や日本の個人の方向けに、指定都市銀行のみの米ドル、ユーロ建て、ゴールドSKRにより、PPPにエントリーできる仕組みを提供しています。

ドル建ての場合、最低ロット 100万ドルから参加可能なプログラムもございます。

英国の老舗プラットフォームの日本市場向けプログラム(MSA総合研究所企画)

このプログラムでは、日本の銀行からSwift MT799,MT760のブロックファンドメッセージを打つ必要がなく、残高証明の用紙のみで対応します。調査をしてクリーンマネーであれば、欧州の銀行でクレジット・ラインを発行して日本からでもPPP貿易プログラムに参加できます。詳細は、MSA総合研究所のHPを参考にしてください。

 

企業育成機構

MSA総合研究所より

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。