資本主義経済の発展は、債権の売買により行われる

世界の経済を作り上げる超富裕者のみに提供される資金とは、PPP(プライベート・プレースメント・プログラム)は、現金資産で1億ドルもしくは、1億ユーロの残高証明が提示できる個人のみが参加できる案件になっています。

PPPの専門のトレーダーと契約をし、信用格付(A+以上の格付け)の高い銀行の残高証明(Swift MT799)が提出できれば、ご本人、パスポートや個人情報を提示することで、運用される。残高証明のみの提示で、トレーダーは、その残高証明の資金を動かすことなく、その資金をもって与信枠を持ち、銀行券の割引債の売買を繰り返すことで、利益を上げていきます。そのためにノーリスク投資として収益を得ることが可能になっています。

簡単に言えば、例として車の売買をたとえにすれば、トレーダーが、300万円の車を購入するということで商品を抑えます。商品を購入する意思があるということの証明として、トレーダーは、投資者の残高証明から得た与信枠を利用して商品を抑えます。その後すぐに、350万円で、高値で購入したい人が現れます。その瞬間に、差額50万円が利益になります。

商品は、銀行券の割引債ですので、すぐにどこでも現金化できる仕組みがあります。

割引債とは、100万円の資金を調達したい人が資金調達のために債権を発行します。この債権の持ち主は、1年後120万円で返済するという価値をつけます。すなわち、その債権は、1年後120万円の価値になります。発行元は銀行であり、銀行も資金調達をする際に、割引債を活用して大型の資金を常に調達しています。よって、多額な債権の取引を常に行っていることで、割引債の売買試乗は常に利益を挙げられる環境があります。

割引債の購入の際にも、投資者の段高証明がトレーダーの与信枠であり、投資者が1000万円の残高証明があれば、レバレッジを10倍かけた時点で、トレーダーの取引可能な与信枠は、1000万円✕10倍=1億円の与信枠を得たことになります。

1億円分の割引債の購入を可能にし、すぐに、高値で購買する人を見つけることで、確実に利益をあげて取引を行っていきます。

特殊なクローズされた市場での取引であるために一般の方がこのトレードに参加することができません。

すなわち、銀行券の割引債を用いた高利回りの投資案件は、1億ドル以上の残高証明が提示できる個人のみに提供される投資案件であることが特徴になります。

これは、個人でもPPPの投資案件を行っている代理人を知っていれば、行うことができますが、通常の証券会社経由ではできない投資案件になります。

PPPの運用も都市伝説と言われている所以は、MSA資金同様、非公開で行われていることが特徴です。

すなわち、この案件に関しては法的整備は行われていますが、一部の資本家をだけを対象にした案件であるために、非公開にしているという理由であります。

すなわち、これは、世界の通貨流通量を増やすための仕組みであり、世界経済の根本は、PPPの運用により行われています。しかし、日本ではこの事実を知る人物も少なく、英語圏で行われている投資案件であるので、日本語環境で生活している日本人には、なかなか知るチャンスがありません。

日本がなぜ、資本主義社会の発展で出遅れているか?理由は、日本の経済人は、PPP運用のことを知らない。また、MSA資金の活用に関しても理解していないことが大きく原因しています。

MSA資金の提供案件は、日本のみの話になりますが、PPPの運用案件は、世界中の経済人、富裕者層は、相当力を入れて行っています。

世界経済が、なぜ、自然と大きくなっていくのか?すなわち、債権の売買というものが、通貨市場の流通量を大きくして、資本主義経済を発展させています。