資本主義社会の発展を支える特殊金融の存在

日本の経済が、思うように成長しない理由は、それは、個人消費が伸びないことが原因しています。資本主義社会の根本は、民間による財源があることで、税収をあげられる仕組みが、資本主義社会の社会システムです。行政も税収がない限り、財源を基本的には確保できないようになっています。

そのために、個人資本の強化が国家財源にとって非常に重要になります。

日本人が貧困になったということを言う報道が増えていますが、貧困になったのは、日本人の気質、能力がなくてなったわけではないということです。

簡単に言えば、資本主義社会は、西洋人の概念によってできた社会構造です。そのために、どのようにして、資本主義経済においてに日本人が富裕層になる手段があるかを知らないだけです。

「汗水たらしてはたらなかないと豊かにならない」という固定概念が日本の社会を資本主義社会の発展を遅らせています。

簡単に言えば、個人向けに行っている特殊金融を活用しないで、大きな資本を民間人を得る方法がほぼないことを知るべきでしょう。

一部の国際金融のプロのみが知る情報では、ただの都市伝説として世界の金融情報が流れます。

すなわち、MSA資金の提供案件にしても、その基礎財源になるPPP運用に関しても、これは、国際金融における世界の通貨流通量を増やす案件として70年以上の歴史をもって行われています。

2012年以降は、金融に関してさらなる開放が行われて、過去は、PPP運用に関しては、一部の人の紹介により行われていましたが、現在では過去にくらべて門戸を開いています。すなわち、この情報を知らない日本人が世界の資本主義社会の流れから遅れを取っているということが言えます。

MSA資金の提供に関しては、条件を満たした個人のみに提供を行っています。すなわち、東証一部資本金100億円以上の日本国籍を有した代表権者個人、銀行、信用金庫の代表権者個人と限定しています。

その社会的地位になれた人は、MSA資金からすべて資金から、PPPにおける運用案件の手続きまで手配していただき、先に自由に使える資金を調達することが可能です。

もし、その条件を満たすことができない個人の方であれば、個人の預貯金の残高証明で1億ドル以上 110億円以上の残高証明を提示し、PPP運用を行う組織にアクセスする必要があります。それでも、10ヶ月から16ヶ月のプログラムで大きな運用益を得ることが可能になります。基本的は、5倍以上の収益が見込めます。

いずれにしろ、世界の資本家がなぜ、巨額な富をもって世界経済を牽引することができているのかの理由を知ることです。

資本主義社会の円滑な発展の裏には、特殊金融における運用益の享受されていることを日本の資本家層が理解が進めば、日本は、世界一豊かになる機会を有した国家であることを知るべきでしょう。

手段を知らないので、カードが切れない。手段がわかれば、カードが切れます。MSA総合研究所では、日本経済をいかに発展させるかをテーマに日々情報を提供しています。