PPP運用益を送金する

PPP運用益の送金ついては、

 

送金者(Sender) 

資金を受ける立場(Receiver)

資金の送金を委託を受けて行う立場(実務実行者)(Mandate)

 

という表現で一般的には、呼ばれています。

 

また、senderは、送金口座から全額をreceiverの資金を受け取る口座に全額を送金し、その後、72時間以内に資金の半分を転送します。転送先は、senderの指定する銀行口座になります。

 

72時間以内に資金を転送することをcash transfer と呼ばれています。

 

資金に関しては、すべてが償還契約をもって行われてます。その理由としては、償還契約を結ぶことでマネーロンダリング防止する目的があります。

 

すなわち、PPPの多額運用益の送金に関しては、通常より複雑なルールの上で行われています。

 

日本国内だけで見ていれば、MSA資金は、産業に大きな資金が提供されるという話だけですが、国際的に見れば、世界の主要銀行の銀行券の割引債の売買における巨額外貨収益を世界に享受することで、世界経済を作っています。

 

日本の経済発展のためにも、この制度を最大限に活用することが非常に重要になります。

 

日本の国内流通する借金を伴わない資金を増やすのは、PPP運用益の日本へ送金、すなわち、MSA資金を日本で活用することが重要になります。