金融機関の氷河期を乗り越えるには、MSA資金(PPP運用益)以外ない!

MSA資金について言えば、今の時期必要性を言われるのが・銀行、信用金庫などの金融機関になります。
理由としては、金融庁の指導のもとで、収益性の悪い地銀や信用金庫を統合させる動きがあります。


地方都市などは、各県に1行のみにして、金融機関を統合するようにという支持も出ているということです。

インターネットにおける預貯金管理、ローン業務の効率化などが進むことで、店舗型の支店業務を行い、低金利時代を乗り越えられるか、また、資金を借りて、投資をするという市場も縮小していることを考えても、今後、従来型の銀行業務のビジネスもでるは、全く儲からないビジネスモデルになりつつあり、銀行の預けている預貯金者の預金を活用して収益をあげるのが、銀行ですが、今後、長期赤字が続く状況が打破できなければ、預貯金残高に対して、実際の現金がショートするという事態に陥る可能背が高まっています。

すなわち、その状況を打破するには、MSA資金(PPP)から資金を補填する以外に、金融機関の経営上の安定につながる資金を入手する方法はありません。

信用金庫の経営者の中には、MSA資金(PPP運用益)の資金提供の話は、詐欺になる案件だから近づくなという達しが出ているという話を聞きますが、ひじょうに馬鹿げた話だと思っています。

金融機関で長年従事していてお金の作り方を知らない人が日本の金融機関の経営層のなかにあまりにも多すぎるということが言えます。

お金は、信用創造により資金を作っています。信用創造というのは、人がお金が必要だと資金を借りたいということをノートに記載した時点で、資金と債権が生まれ、債権も第三者に売却することで資金が生まれるという構図で世界で資金をつくっています。

すなわち、このMSA資金の財源であるPPP運用資金を放棄するという動きをすることは、資本主義で言う通貨発行券を放棄したとと同じことで、市場経済の発展を妨げている行為であることを知るべきでしょう。

日本経済の発展の妨げの一番の理由は、日本のトップ経済人が通貨発行券に対する知識がないことが原因しています。

世界中の国で平均5%の経済発展している理由は、信用創造における資金を作る方法を積極的に行っているからです。

このブログを見た人は、お金は、どのようにしてできているかの研究して、なぜ、MSA資金(PPP運用)が重要か知っていただきたいと筆者は思っています。

通貨は、信用創造によりできている。すなわち、外貨を生む出す投資がPPP運用であり、外貨を獲得することで、自国通貨を発行できる。
それが答えです、 外貨準備高があれば、同時に自国通貨もそれを基準に発行できる制度が国際ルールにある限り、この制度の活用以外、効率的に経済発展する方法は、ないということになります。