PPP運用に積極的に参加すべし!亡国日本と言われるな!

令和の時代が、どうなっていくか?昭和の時代は、PPP運用から捻出されるMSA資金が大いに活用されたことで、経済発展に貢献しました。平成の時代は、時代は平和であったが、平成の初期には、湾岸戦争などがあり、国策としてPPP運用から捻出されるMSA資金が活用されたが、平成7年以降は、PPP運用益は貯まるが、次の活用者がほとんど出てこないことで、大型の資金が日本国内に流通する機会が減ったことで、経済成長は停滞、また、国民の一人あたりの所得もどんどん減ってきており、先進国だと言われている国の中で国民一人あたりの所得は、最低レベルなり、貧困で苦しむ家庭が増えたことが世の中で話題になった。

資本主義経済の根本であるPPP運用益からなる資金の分配がうまくできていないことが原因して、日本の経済は、疲弊している。

すなわち、何兆円単位で動かすことができるPPP運用益を活用しないで普通の商売だけで国家の利益を守ることなどできないということが言える。

PPP運用については、日本語で説明する資料は、皆無であるが、英語のサイトなどを検索すれば、随分詳しい説明を見ることができる。

日本人が得る情報がほとんど、日本語のみの情報に限られていることが、国際金融の中で遅れを取る原因になっている。

大企業の経営層でも、国際金融については、詳細を調べていない人が多い。また、金融機関なら知っているのではないかと思われるのだが、金融機関も国際的業務を行っていないローカル金融機関は、知るよしもない状況であるようである。

すなわち、PPP運用が世界経済の基礎になる財源を作っていることを知らないということが、結論、日本の経済にカンフル剤を打つことができずに、毎年、停滞を繰り返している。

また、多くの経済学者やエコノミストは最近は、預金封鎖や亡国になる日本と騒いでいる。それを訴える日本人は、本当に君たちは日本人か?金融の専門家ならなにか解決策を提示しないで、滅びることを話題に金儲けして、挙げ句の果に、亡国だから、どこかに逃げろと言っている。

まあ、むちゃくちゃな話を話題にしている日本の報道の話を見て、こりゃ、終わりだなと感じてしまう。

どうでもいいから、対象になる人物は、PPP運用益を受けて、PPP運用をすれば、日本の将来は明るいと言える。

これほど簡単な解決策はないだろう。

PPP運用を管理している組織も、運用するトレーダーもいるのに、最大限活用していないだけの話である。

また、世間では、この資金のことをM資金などといって、雑誌などで特集が組まれている。この制度は、60年間以上行われているのに、まだ、その本当の姿を見つけ出せていないのは、どうしてかと思うのである。

そんな巨額な資金をポケットマネーで出す資金者なんかは、地球上で存在するはずはない。

PPP運用というG8で決定された資金運用の仕組みがあるから行っているだけでそれ以外の何者でもないのである。

大企業の経営者は、この話を聞くと、震え上がる、これは、110番をする話だと洗脳されている金融機関の経営者もいるので、日本は、通貨発行権の制度であるPPPを否定しているのであるから、そりゃ、救いようがない。

この間違った知識が、完全に亡国になっている。

平成の後半、維新という言葉が流行ったが、鎖国をしている国家で海外の制度を全く知らない江戸時代の侍みたいな話をしているのが日本の国際金融に関する知識レベルということだと感じている。

それじゃ、どうすることもできないだろう。
そろそろ、開国したほうがいいんじゃないだろうか?

外国の国際金融関係者に日本が経済発展できない本当の理由を知られたら、完全に、呆れらっるだろう。

そのことを知っているのか知らないのかわからないが、世界一の投資家といわれるシンガポール在住のおじさんには、日本人は、今すぐ海外に出るか、ライフルを持て、などとむちゃくちゃ言われている。

そんな状況を打破するには、積極的に、PPP運用に参加できる基準を満たした日本の重要企業の代表権者個人の方は、参加して、どんどん、PPP運用益を日本に送金をして、また同時にPPP運用益を同時に参加して、財源を確保してほしいと思っている。

これで、令和の時代は、日本経済は躍進できると考えている。

また、この案件は、叙勲の対象にもなり、園遊会へのご招待という特典もある。

国策として重要案件であるので、手続きを資金管理事務局側の手配で行われるようになっている。