逆転発想、 非常識が常識の世界

一発逆転、大金を手に入れたいと考える人には、一番魅力的な仕事が、MSA協定資金に関するビジネスです。一般的には、「償還ブローカー」などと言われています。ブローカーといえば、英語では、代理人ですが、日本では、この手の話は、悪質な人物というイメージが出来上がっています。

 

過去に悪い印象を与えた人物が多くいたのでしょう。世の中では嫌われる存在になっています。MSA協定における産業支援制度のことを「償還制度」という言い方をされています。本来、この制度を始めた当時は、経済援助資金特別会計法によって行われていた特別会計により行われていた案件でした。30年ほどの長期借入による財政投融資及び米国の支援を財源にして償還していた制度だったことで、今でも償還制度という呼び名が残っています。

 

現在は、PPP運用による資金提供になり、欧州の銀行が行っている外貨運用制度に参加しているだけの話です。よって、過去のように長期運用の償還制度ではないのですが、現在もその名残で償還制度などと言われています。

よって、この仕事をやっている人のことを「償還ブローカー」という呼び方をされるケースをよく見ます。

 

仲介者とか、元付さん、などという呼び方をする場合もありますが、いずれにしろ、人のつながりで作り上げる仲介ビジネスであることには違いありません。

 

全く出資をすることもなく、フランチャイズ登録もしなくても、仲介案件に参加することができるので参入障壁が小さいので、お金を渡すだけだから簡単なビジネスだとイメージされます。しかし、対象になる人物の条件が、東証一部の資本金100億円以上の代表権者、銀行、信用金庫の代表権者という、一般的に言えば、社会的成功者に対するアプローチであるので、そこに話しかけることができる人物は、限られてきます。

 

話しかけても、多くは相手にしてもらえないという状況になり、なかなか難しい障壁がある仕事になります。

その理由は、やはり、全く知らない人からお金を受け取ってください。ということを言われるので、「気味が悪い」と思われるのです。

普通の商売の概念からいえば、お金を下さいと言われるのは理解ができるが、逆は、不思議で仕方ない。だから信じられないという判断になるのかと思います。

 

また、他人から得体のしれない大金を頂くというのは、恐怖以外の何物でもないということになるのでしょう。お金は、人によって生み出し、お金を作る人、お金を市場にばらまく人というのがなければ、資本主義経済で市場に通貨が流通しないのですが、商売人の概念では、そういう概念は、なければ、理解を超越するのでしょう。

 

いずれにしろ、お金というものに対する意識がかわらなければ、この制度の普及は難しいのです。

PPPにおける資金の提供する制度は、世界各国で行われています。しかし、そのことを知らな人は、詐欺案件でないかとか、裏があるのではないかということを疑います。しかし、この制度により利益を上げたいと考えている人も多く存在しています。

 

日本国内では、償還制度と呼ばれる案件になっています。この制度が非常識な常識として認識されれば、日本経済は今後安泰になるのですが、この制度の普及には、忍耐が必要な作業になります。

 

非常識なことを常識として理解してもらうのですから、天動説と地動説のような違いですから、、、普通に考えたらだめなら、逆転発想ができる人が増えれば世界は変わります。