産業と国家財政を支援する事業こそが、最高のビジネスモデルである。それを知ったあなたはラッキーだ

日本の国家収入源には、いくつかの方法がある。税収というのは、一番有名な収入であるが、税収以外の収入がある。それは、特別会計財政投融資における運用益、また、国有財産の売却などの売却収益(雑収入)が有名である。

 

欧州の銀行で運用されているPPP運用されて民間用の産業支援に使われた資金のうちの約半分の財源は、政府枠の使用分として、その財源も雑収入として特別会計に組み込まれる。そのことを記載されているのが、財政法第44条、第45条から言われる積立金と特別会計に組み込まれる資金のことである。

 

産業支援を行うということで、大企業や銀行、信用金庫に資金提供を行う案件は、海外で運用されたPPP運用益(外貨運用財源)を日本に送金し、日本で円転をした後に、資金提供を支援する業務を一般的に「償還金ビジネス」と言われたりする。産業支援資金を企業に提供するために、提供先の企業代表者個人を紹介して、資金提供が、規定通りおこなれて完了されれば、企業代表者を紹介した仲介者に紹介料を支払われる。

国家財源を作るための外貨収益を上げる営業をして、案件が成立したら完全コミッション制度で、支払われるビジネスモデルである。

 

一般的にこの案件のことを秘密案件などを言われて、むかしから、巷で噂にはなるが、公にされず、謎の多い話であったために、デマを流して、詐称する人物まで出てきたので、この産業支援制度は、完全に風評被害で近づく人が少なくなり、現在では、極端に成立件数が低下してしまった。

 

そのために、本案件を主催している資金管理事務局では、受託者が産業支援資金を受けやすくするために、非常に手続きの簡素化や、場合によっては、先送り金制度や前渡金制度など、ご本人が本契約をする前に、大きな前金を渡して、納得していただければ、契約をすすめるという現金先出し制度までもおこなって、この案件の成立件数を増やそうとしている。

 

ある意味、結構努力はしているのである。

しかし、この制度が、実は、国家の雑収入の一つの収入源になる国策事業であることを知らずにいる人が多いので、この案件の重要性が理解されないままに、この制度を説明するために、完全に話がずれて世間に広がっている。

 

あくまでもこの産業支援制度は、産業活性化すると同時に、国の税収以外の収益になる雑収入として得る国の商売とでもいえば理解しやすいかと思います。国家の収益モデルの一つです。

 

税収は、国民から集めるために税収の税率を高めれば、国民の反発はありますが、この産業支援は、欧州などの銀行の割引債のトレード収益であり、ドル、ユーロで運用された財源を日本に送金することで得れる収益であるので、日本国民の懐をまったく痛めずに、国の収益を増やすことができる国家のビジネスモデルですので、こんないい制度は無いわけです。

これに関係した人は、みんな資金を受け取る権限が発生するモデルです。受託者は、産業支援名目で大きな資金を受け取り、それを仲介した仲介者は、紹介料を頂き、国も、雑収入として収益を得ることができる。

 

この資金を、国内外運用された歳入歳出外での資金など以前は、書いていましたが、最近はなぜかあまりにそのことを語らなくなっています。あまりに、問い合わせがあるので、伏せているところがあるのかもしれませんが、国内外で運用された歳入歳出外の資金、すなわち、国外で運用されたものは、第三の財源と言われる財源を指し、PPP運用益のことです。

 

いずれにしろ、このブログで言いたいことは、国外で得れる歳入歳出外の収益モデルであるPPP運用益を日本に送金して、産業支援名目で、日本の東証企業、銀行、信用金庫の代表権者に資金提供をして、同時に国の売上である雑収入を増やし、同時に、仲介者も利益を上げることを目的でこの制度を説明しています。

 

筆者は、言いたいことは、日本の国家、企業、国民に一番利益を与える仕事をすることで、そこに関係する仲介者も同時に大きな収益を得れる最高によくできたビジネスモデルであること伝えているのです。

 

巷で売っている情報商材はいくらでも「金儲け」の方法について書いていますが、このブログに書いている話は、そんなレベルじゃ語れないめちゃくちゃすごい話なんです!

 

読者の皆さんわかりますか?国家の金儲け、産業支援することが、世界で一番効率よく収益を上げることができるビジネスモデルが存在していることを言っているのです。

 

そんないい制度が、日本国内では、風評被害で埋もれて、ゲスい案件だと言われているのですから、ホント、金卵を捨てているような状況です。

 

人の人生は、時間は限らえています。お金を稼ぐということは、人生を営む上で非常に重要なアイテムになります。お金を効率よく稼ぎたいということを考える人が多くいるかと思います。金は、稼ぐ方向性を間違わなければ、めちゃくちゃ単価が高い収益を上げるビジネスモデルは、存在するわけです。

 

すなわち、この産業支援制度による国家の雑収入を増やすための支援事業をするのが、今日本で考えられるどんな仕事よりも結果を出したときのリターンが大きいでしょう。しかも、少人数で人脈さえつながれば、短時間で処理できる仕事ということです。

 

筆者は、この制度は、日本を変える最高に素晴らしい制度だと思っています。間違いないです。