この話は、あなたは信じられますか?それはあなたの判断に任せます。

MSA協定によって作られた産業支援用の積立金(PPP運用された資金)は、一体どれくらいの資金があるのか興味があるところであります。

ネット上でもいろいろ噂されていますが、兆の単位を超えて、京の単位までの資金があると言われています。

京の単位といえば、1京円=10,000,000,000,000,000円ということになります。日本の国家予算が100兆円ですから、100年分の国家予算という事になります。

実際にはいくら位運用されているかは非公開ですが、一節には、3京円以上の運用になっているという説もあります。都市伝説的な話になるのですが、信じるか信じないかはあなた次第です。というレベルで読んでほしいのです。

例えば、3京円という数字を見れば、日本の国家予算の300年分になります。日本の財政赤字は、1400兆円とか1500兆円とか言われていますが、3京円といえば、その20倍以上の資金が国外運用されているというとなれば、日本全国の基幹産業、銀行、信用金庫の基準を満たした代表者が全員一気に申請したら、1秒で日本は、その資金だけで十分やっている国家になる事ができます。PPP運用のすごいところは、40週間運用すれば、資金を使ったとしても、また運用益によって元の財源以上にすることができるというスペシャルな話であるので、それだけ、大きな運用益、元金があるとなれば、日本は、国家財源の運用をして、産業支援制度をうまく活用するだけで、豊かな国なれる資本が有ることになります。

 

そういう流れができれば理想的ですけどね。さて、どれだけの人にこの話が響くでしょうか?

 

この話を信じるか、信じないかはあなた次第です。